ビューティーなんとなく美白ケア、していませんか?

スキンケアアイテムやコスメで目にすることの多い「美白」。なんとなくお肌によさそうなイメージがありますが、あいまいに使われがちな美容ワードでもあります。

実際どんな効果があるのか、わからないまま使っている人も多いのではないでしょうか。

具体的にいうと「美白」とは、「メラニン防御」「肌を明るく見せること」なんです。

1:メラニン防御

1:メラニン防御

シミを消すのではなく、未然に防ぐことが真の「美白」です。メラニンの生成をブロックするために必須なのがUVケアですが、これも美白ケアの一環。シミができる前のケアが大切です。

2:肌が明るく見えること

2:肌が明るく見えること

肌を明るく見えるとはいわゆる透明感のこと。この透明感は、肌のキメや色ムラなどに左右され、肌のキメが整うと反射で明度がアップします。スキンケア、角質ケア、メイクでの色補整などが効果的な方法です。

つまり、美白効果を得るためには、シミができる前の「メラニン制御」と「肌が明るく見える」ための日常ケアを意識することが大切というわけです。

そこで雑誌『LDK』から生まれた姉妹誌であるコスメ雑誌『LDK the Beauty』(エルビュー)編集部が、美白についての疑問や本当に効くアイテムを徹底検証。今回は、「日焼け止めの塗り方」「親子で使える日焼け止め」について紹介します。

ビューティー日焼け止めの「塗り方」はこれで大丈夫?

A.日焼け止めは量だけでなく、ムラなく塗ることも超重要 !

一度手の甲に出してから塗りはじめて

一度手の甲に出してから塗りはじめて

日焼け止めを指にとって頬から塗り始めると、頬が真っ白になってしまったり、他の部位の量が少なくなってしまったりとムラになりやすいです。

塗りムラがあると、表示されている数値の効果が得られない可能性があるので、まず手の甲に十分な量を出してから、両頬・額・鼻筋・あごに点置き後、全体にまんべんなく広げましょう。

小林智子 先生
皮膚科専門医
小林智子 先生 のコメント

鼻周りなど凹凸のある部分や首は塗りもれが多いので念入りに。

ビューティー肌にやさしそうな日焼け止めは「親子で使える」?

A.「子どもと使える=肌にやさしい」はアテになりません。

日焼け止めに“子どもにも使える”とあると、肌に負担が少ない成分を使っていると思いがちですが、なかには違うものもあります。

「紫外線吸収剤不使用」「ノンケミカル」「ケミカルフリー」といった表示があることをきちんと確認して選びましょう。

ノンケミカルの記載を目印に

ノンケミカルの記載を目印に

ノンケミカルでない製品でも、安全性に配慮した処方のものもありますが、購入時に見分けるのは難しいです。基準がないので、メーカーによって成分はバラバラ。「ノンケミカル表示」で判断してください。

ビューティー敏感肌の人におすすめなのはミノン

敏感肌の人におすすめなのはミノン

ミノン
UVマイルドミルク(医薬部外品)
実勢価格:1980円

内容量:80g
SPF50+・PA++++
タイプ:ミルク

雑誌『LDK the Beauty』6月号の日焼け止めの検証で高評価だったミノン「UVマイルドミルク(医薬部外品)」は、紫外線散乱剤のみ配合で敏感肌向き。紫外線吸収剤フリーでノンケミカル処方です。

やや白くなるのでよくなじませましょう。

以上、美白にまつわる疑問とおすすめアイテムの紹介でした。

美白ケアは長期戦。結果を焦らず毎日コツコツ続けていきましょう!

ビューティー日焼け止めの売れ筋ランキングもチェック!

日焼け止めのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。