AV機器『ニッポンのラジオきき』とは

日本全国に数多あるラジオ番組ですが、AM、FMだけでなく各局、さらには時間帯や番組でその色はさまざま!

家電批評の人気連載『ニッポンのラジオきき』では人気の番組やパーソナリティはもちろんのこと、地元の人がひっそりと楽しんでいる「実はとっても魅力的」な番組とパーソナリティにスポットを当てています。

インタビュアーはラジオ「聴き」の専門家・ラジオレコメンダーのやきそばかおるさんです。

さらにはラジオといえばやっぱり、番組を聴くための「機器」も大事! というわけで、紹介する番組を聴く際におすすめのラジオ機も紹介しています。

AV機器今回のパーソナリティは?

今回のパーソナリティは、「DREAM LANDハツカレーシア」(広島県廿日市市)の“ファンタジー系シンガーソングライター”である、Dressingさん。RCCラジオにて冠番組『DressingのNICE FANTASY!!』を担当している。

『DressingのNICE FANTASY!!』は、以前にTBSラジオ「爆笑問題の日曜サンデー」内コーナー「爆笑問題プレゼンツ全日本ラジオ新番組選手権」にてグランプリを受賞。ラジオ好きの間で注目を集めている。

また、10月1日(土)には地元のハツカレーシア(広島県廿日市市)「はつかいち文化ホール ウッドワンさくらぴあ」にて初の舞踏会を開催。

座右の銘は「日本一にもなってへん俺らが、去年を、昨日を守って明日何になれる」(『ハイキュー!!』稲荷崎高校監督)

人に言われて救われた言葉は「大事なのは自分の価値を信じること!」。

トークの師匠はビートボックス、モノマネをしている3♋︎さん(サムさん)。

そんな彼女にインタビューを敢行!

ありがとうパワーで番組開始6年目!

一説によると「ありがとう」の5文字には不思議なパワーがあり「ありがとう」と言うとモチベーションがアップするそう。この言葉のパワーのおかげで止まりかけていた歯車がグルグルと勢いよく回り始めたのが、今回紹介するDressingだ。

彼女は広島と東京を拠点に活動する、ファンタジー系シンガーソングライター。ドレスを着て歌うから“Dressing”なのだ。

広島のRCCラジオで放送中の『DressingのNICE FANTASY!!』は2017年に始まってすぐに『爆笑問題の日曜サンデー』(TBSラジオ)の「全日本新番組選手権」で紹介され、楽しそうな雰囲気が好評でリスナー投票により優勝した。

番組の開始当初は15分番組だったが、2020年からは30分番組になった。さらに全国11のFMラジオ局で放送されている『Happy Hour Party!』に今春から不定期でアシスタントとして出演している。

“Dressing用語”を解読せよ!

彼女は独特の“Dressing用語”を使いながらトークをする。“舞踏会”(Dressing用語で「コンサート」の意味)ではファンタジー溢れる曲を披露して、“Dressing Family”(ファン)を魅了する。ちなみに飛行機は“ペガサス”、CDは“魔法の円盤”、“マヨネーズ”はマネージャーという意味だ。

子どもの頃からディズニーの世界観が大好きで、家やショッピングモールのミニ水族館などで、姉妹で歌っていた。音楽活動の目標は「子どもから大人まで時間を忘れて楽しめるディズニーランドのような世界観を持った歌い手になること」、「ディズニー映画の主題歌を歌うこと」、そして「ディズニーアニメの声を担当すること」。

日々の地道な努力が奇跡を引き寄せたようで、近年はディズニー関連のイベントや、映画のPRの仕事も担当している。

暗黒時代からの目覚め、心が開いた!

このように書くと順風満帆な人生のように思えるかもしれないが、2011年に音楽活動を始めた当初、待っていたのは暗黒の日々だった。現在のようにドレス姿で煌びやかに歌う前は、しんみりとしたバラードを中心に歌うソロシンガーとして活動していた。自身も「あの頃は何をしたいのか分からず、モヤモヤする毎日でした」と振り返る。

Dressingとして目覚めたのは2014年4月15日。「4月15日」といえば奇しくも東京ディズニーランドが誕生した記念日だ。当時は映画『アナと雪の女王』の主題歌『Let It Go』が大ブーム。この曲に大いにハマり、吹っ切れた彼女は「これからは好きなようにやっていこう!」と心機一転。ドレス姿でファンタジー溢れる曲を歌ったところ、心の扉が開くのをハッキリと感じたという。

「ありがとう」を繰り返す意味

彼女は感謝の言葉を告げる時は「ありがとうありがとう」と2回発する。これは家でママッシング(母)やアネッシング(姉)の前で歌う度に、ひとりひとりに対して「ありがとう」「ありがとう」と言ったことに端を発する。

舞踏会などでは歌を聞きにきてくれた人全員に「ありがとう」と言いたい気持ちで何度も言っているとのこと。一度の舞踏会で「ありがとう」を100回以上も言うことがあるそうだ。

占い師に「何度も『ありがとう』とお礼を言っていたら『ありがとう』と言いたい人が集まってくるよ」と言われたことがあるそうで、お告げの通り“Dressing Family”は地域を問わずどんどん増えている。

改めて分かったレギュラー番組のありがたさ

そのほか、Dressingがよく口にする一言に「褒められると伸びるタイプなの!」がある。『DressingのNICE FANTASY!!』ではフリートークのほか、“エレクトリカルメール”(メッセージ)や名言を紹介するコーナー、さらには生歌の披露もあり、怒涛の勢いで30分駆け抜ける。

番組が始まった当初はどのように話したらいいのか分からず悪戦苦闘していたというが、今ではそれが信じられないほどだ。収録の途中でウマッシングさん(ディレクター)から発せられる「いいね」という褒め言葉が気持ちを乗せる。

「コロナ禍で思うように活動できない日が続いたけど、ラジオでは喋ったり、歌えるからラジオをやっていて本当によかったです」と言う彼女。今後について聞いたところ「今よりもっともっと楽しい番組にしたいし、ミュージカルもやってみたいです!そして、何よりも私を支えてくれている皆さんに恩返しをしたいです。いつも本当にありがとうありがとう!」と感謝の言葉を口にした。

縁を大切にするDressingのまわりは、いつも笑顔で溢れている。

AV機器今月の聴きたい番組:『DressingのNICE FANTASY!!』

RCCラジオ
毎週木曜日23:30〜24:00

嬉しかったことや楽しかったことなど、気持ちがファンタジーになれる話をリスナーから募集する「今週のFANTASY!!」、普段言えない感謝を短い手紙にしたためる「ありがとう❤︎ありがとうLetter」など人気コーナーが盛り上がっています!

ちなみにDressingさんの新曲『ネバネバ行進曲』も絶賛発売中です!

AV機器今回の聴きたいラジオ

オーム電気
ライターサイズ ポータブルラジオ
RAD-P333S-K
実勢価格:1871円

サイズ・重量:W41×D17×H82mm・約40g
電源:DC3V 単4乾電池×2本(別売)
受信周波数:AM530-1605kHz、FM76-108MHz
付属品:イヤホン、取扱説明書

手のひらにおさまるサイズ感で、通勤からフィットネス中までいつでも使用できます。作りもシンプルながらわかりやすい表示で使い勝手も上々です。

しかし、付属されているステレオイヤホンで聴くと、やや雑音が過剰に感じました。ただ、編集部所有の有線イヤホンで聴いてみたところ、余計な雑音が軽減され、クリアな音声で聴けました。

また、付属イヤホンのケーブルが細く、引っ張ると故障してしまいそうな不安もあります。

低音強調機能を試したところ、音楽のベース音に関しては大きな違いはありません。でも、人の話し声はクリアになります。音楽というよりトークがメインの番組であれば散歩する際などに重宝する1台と言えます。

というわけで、今回の『ニッポンのラジオきき』はいかがだったでしょうか? また次回もお楽しみに。