AV機器音楽も外の音も聴き取れる ソニー「LinkBuds」

ソニー
LinkBuds
実勢価格:2万3100円

重量:約4.7g(片側)
Bluetooth:Ver.5.2 
対応コーデック:SBC、 AAC(LDAC非対応)

昨今はテレワークも増え、家庭内で常時音楽を聴けるようになったり、リモート会議も増加したりするなど、イヤホンの装着時間が長くなりがちです。

こうした状況の変化に合わせて登場したのがソニー「LinkBuds」。スピーカー部の真ん中をくり抜き、周囲の音が自然に聞こえることに注力した完全ワイヤレスイヤホンです。

特徴1:耳を塞がないリング状のドライバーユニット

ドライバー部分の中央は空洞になっています。これで外の音がそのまま耳に届くという仕組みです。

特徴2:フィッティングサポーター

イヤホンと耳との隙間を塞ぎ、イヤホンを固定するためのパーツ。軟らかい素材で5サイズが同梱されています。

特徴3:ノイキャンは非搭載

外の音もそのまま聞き取れることが目的のイヤホンなので、ノイズキャンセリングや遮音性を高めることは考慮されていません。

特徴4:音楽と外の音をミックスする目的

イヤホンの音と外の音を混ぜて聴くための設計。音楽を聴きつつも周りの人と会話したり周囲の状況を音で判断したりという用途向けの、ながら聴きイヤホンです。

ソニーは「耳を塞がない」に熱心!

「耳を塞がない」イヤホンが、この2年ほどで注目されていますが、ソニーは以前から耳をふさがないイヤホンを発売していたんです。その歴史を簡単に見ておきましょう。

2018年「Xperia Ear Duo」

ソニー
Xperia Ear Duo
実勢価格:3万2340円

外観は「LinkBuds」に似ていますが、「Xperia Ear Duo」はドライバーから管で輪っかまで音を持っていく構造です。

2019年「SBH82D」

ソニー
SBH82D
実勢価格:6518円

「SBH82D」は、「Xperia Ear Duo」の耳を塞がない特徴を一般的なBluetoothイヤホンに落とし込んだ製品です。「Xperia Ear Duo」のいわば派生モデル。

2022年「LinkBuds」

ソニー
LinkBuds
実勢価格:2万3100円

「LinkBuds」と「Xperia Ear Duo」との最大の違いは、ドライバーそのものが輪っかになっていることです。

AV機器「新たなリスニングスタイルと高音質」は本当?

本製品について、ソニーのWebサイトには「新たなリスニングスタイルと高音質」が特長と書かれていますが、果たして、そのとおりなのでしょうか。

ということで、雑誌『家電批評』とAV機器ジャーナリストの小寺さんが使い込んでその実力をチェックすることにしました。

次回は、装着感や音質の検証結果を紹介します。ぜひチェックしてみてくださいね。

AV機器イヤホンの売れ筋ランキングもチェック!

完全ワイヤレスを含むイヤホンのランキングはAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。