AV機器ゲオから登場の激安ANCイヤホンが気になる!

2021年12月に、ゲオから発売された完全ワイヤレスイヤホン「GRFD‐TWSHT03」。ノイキャン付きで税込み4378円という破格の安さと、SNSに頻出する広告から、注目が集まっているようです。

そこで『MONOQLO』でも、AVライターの折原一也さんのご協力のもと、その実力を検証することにしました。

ノイキャンで激安! ゲオ「完全ワイヤレスANCイヤホン」

ノイキャンで激安! ゲオ「完全ワイヤレスANCイヤホン」

ゲオ
完全ワイヤレスANCイヤホン
GRFD-TWS HT03
実勢価格:4378円

サイズ:ケース/W78.4× H34× D28mm
重量:ケース/28g、イヤホン/約5g×2
連続再生時間:約4~5時間

なぜ話題になっているのか?

SNSなどでも注目が集まっていますが、やはり「ノイキャン付き」なのに、価格が4000円ちょっとで「安い」ということが話題の中心のようです。また、Twitter広告がバンバン流れてくるから、否応なしに注目してしまったという意見もありました。

なぜ話題になっているのか?

でも、実際コストパフォーマンスはどうなのか。それでは検証結果を見てみましょう。

AV機器音質:中音域でいま一歩

肝心の音質はというと、残念ながらいま一歩評価は伸びませんでした。低音域のボリュームはあるものの中音域に迫力がなく、ややチープな印象があります。

同価格帯のSOUNDPEATS「T2」と比較

同価格帯のSOUNDPEATS「T2」と比較

SOUNDPEATS
T2
実勢価格:5630円

サイズ:イヤホン/W21.7× H27.7×D17.6mm
重量:イヤホン/ 約5g ×2
最大再生時間:10時間
Bluetooth規格:5.1
対応コーデック:SBC、AAC
防滴性能:IPX5

同価格帯で、過去に本誌で評価の高かったSOUNDPEATS「T2」と比べてみました。

同価格帯のSOUNDPEATS「T2」と比較

SOUNDPEATS「T2」はバランスのいい音を響かせましたが、ゲオ「完全ワイヤレスANCイヤホン」は音に厚みがなく、中音域を中心に微妙な評価に。

高音をキンキンさせない工夫は評価できますが、バラードなどののびやかさは表現できていません。でも低音のボリューム感はあるので、アクション映画などにはマッチしました。

AV機器機能性:AirPodsに似ているところも

機能性や使いやすさは良好です。フィット感や曲送りはAirPodsに近い印象でした。

タッチセンサーの反応は◎

タッチセンサーの反応は◎

AirPodsと同じくぼみのあるタッチセンサーで、感度がよく操作しやすいです。単一押し操作がないので誤作動も少ないです。

イヤーピースのフィット感がいい

イヤーピースのフィット感がいい

ワンサイズなので個人差はありますが、サイズはやや大きめです。フィット感はいいですが、長時間はめていると痛くなる場合も。

マイクの音声は残念……

マイクの音声は残念……

音がスカスカで、マイク越しの通話は不快。リモート会議にはおすすめしません。音声アシストも反応が悪くてややストレスを感じました。

AV機器まとめ:完全ワイヤレスANCのお試しにはアリ

今回検証してみたところ、音質面はもう一歩な印象でした。また、遮音性はまずまずですが、電車など大きめの雑音には不十分。その割にはノイキャン特有の不快感は強めに出ました。

とはいえ機能性や使用感は良いので、結論として、初めての完全ワイヤレスANCイヤホンには悪くないといえます。完全ワイヤレスANCイヤホンがどんなものか試してみたい人や、用途を絞って使うならおすすめです。

折原一也 氏
AVライター
折原一也 氏 のコメント

操作音や音質にチープさを感じましたが、機能性は悪くありません。

キッチンノイズキャンセリングイヤホンの売れ筋ランキングもチェック!

ノイズキャンセリングイヤホンの売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。