食品雑貨お茶時間をもっとステキにするお茶の基本と選び方は?

食事のときや、仕事や家事の合間にほっとひと息つきたいとき、みんなが集まる楽しいひとときなどに欠かすことのできないお茶。何気なく選んだお茶や買ってきたお茶もいいけれど、せっかくなら自分好みの茶葉を選んで、美味しい淹れ方で飲みたいですよね。

そこで、よく飲むお茶である「日本茶」「紅茶」「中国・台湾茶」それぞれの基本から選び方、おすすめの茶葉まで、紹介したいと思います。

今回は、中国、インド、スリランカなど世界各国で採れる紅茶。種類豊富な紅茶の中から「セイロン」のおすすめを紹介します。

食品雑貨セイロンティーのおすすめは?

紅茶も緑茶も元をたどればチャノキの葉から作られており、紅茶は産地の名前が茶葉名となっています。「ダージリン」、「セイロン」、「アッサム」などは産地を指します。産地ごとの気候や標高、収穫時期等によって特徴があるため、その年々の変化がわかるようになるとより深く楽しめますよ。

中でも「セイロン」は、日本に輸入される紅茶の約6割を占めています 。スリランカの中には主に7つの産地があり、中央山脈を境に東西で雨季と乾季が逆になるため、同じ収穫時期でも茶園の標高等で風味が異なるのが特徴的です。

今回は、カフェズ・キッチン学園長・富田佐奈栄さんにスーパーで買えるお手軽茶葉からブランド茶葉まで飲み比べしてもらい、セイロンのおすすめ6選を教えてもらいました。

食品雑貨Tea House TAKANO「ヌワラエリヤ ラバーズリープ PEKOE」

Tea House TAKANO
ヌワラエリヤ
ラバーズリープ
PEKOE
実勢価格:780円/50g

原産国:スリランカ・ヌワラエリヤ

Tea House TAKANO「ヌワラエリヤ ラバーズリープ PEKOE」は、透明感のある淡いオレンジ色の水色が美しく、茶葉のグレードも高いです。上品な香りとさっぱりとした味わいで、渋みが苦手な人でも飲みやすくなっています。

こってり系のチョコケーキにも◎

渋みが苦手でも飲みやすい味わいです。

食品雑貨成城石井「セイロン ディンブラ」

成城石井
セイロン
ディンブラ
実勢価格:647円/170g

原産国:スリランカ・ディンブラ

成城石井「セイロン ディンブラ」は、バランスの取れた飲みやすさで初心者さんにおすすめ。成城石井で購入できる気軽さやリーズナブルなお値段もうれしいポイントです。

初心者さんにおすすめ!

特徴は少なめだけどバランスのいい紅茶です。

食品雑貨トワイニング「セイロン オレンジペコ」

トワイニング
セイロン
オレンジペコ
実勢価格:1286円/200g

原産国 スリランカ・ブレンド

トワイニング「セイロン オレンジペコ」は、ストレート、ミルク、レモン、どんな飲み方にもマッチして万人ウケする一品。家族や友人とのティータイムで気軽に飲みたい味わいです。

手頃でたっぷり ! アレンジも自在

みんなが飲みやすいバランスとなっています。

食品雑貨リプトン「エクストラ クオリティ セイロン」

リプトン
エクストラ
クオリティ
セイロン
実勢価格:907円/110g

原産国:スリランカ・ブレンド

リプトン「エクストラ クオリティ セイロン」は、茶葉の香りがふわりと広がり、飲んだ後に舌にほどよい渋みが残って心地よい紅茶。甘みに変わっていくようなコクも感じられ、ナイスバランスです。

風味の余韻を楽しめる一缶

バランスの良い風味で余韻も楽しめます。茶缶のデザインもかわいらしい!

食品雑貨AHMAD TEA「セイロン リーフ缶」

AHMAD TEA
セイロン
リーフ缶
実勢価格:1177円/200g

原産国:スリランカ・ブレンド

AHMAD TEA「セイロン リーフ缶」は、手頃な価格ながらグレードの高い茶葉。コクが少なめですっきりとしているのでさっぱり飲みたいときに。水色は茶色がかったオレンジ色をしています。

安いのにグレードが高い

ハイグレードの茶葉をリーズナブルに楽しめる一缶です!

食品雑貨Janat「セイロン エクストラ」

Janat
セイロン
エクストラ
実勢価格:1360円/200g

原産国:スリランカ・ブレンド
※購入リンクは「ブラックシリーズ 」となります。

Janat「セイロン エクストラ」は、チャノキの新芽に見られる産毛のような見た目の毛茸が浮いており、これが多いほど高品質。あっさりしていてミルクティーで飲みたい一品です。

芳醇な香りでミルクティーに最適

香り高く後味が甘みに変わっていく感じです。

食品雑貨紅茶の売れ筋ランキングもチェック!

紅茶のAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

以上、種類豊富な紅茶の中から「セイロン」のおすすめでした。お手軽茶葉からブランド茶葉まで、シーンにあわせて紅茶ライフを楽しんでみてくださいね。