AV機器2021年のベストバイを発表! 「家電批評 オブ・ザ・イヤー」を解説

2021年も『家電批評』では大型家電や定番家電のほか、生活を楽にする家電にフォーカスするなど、さまざまな家電をテストしてきました。その中で、編集部が特に「買い」だと思ったおすすめの製品を「家電批評 オブ・ザ・イヤー」として発表します。

家電批評 オブ・ザ・イヤー2021

大切な人へのギフトに、そしてもちろんこの1年を頑張った自分へのご褒美に。ベストバイだらけの家電カタログを参考にしてみてください!

▼【家電批評 オブ・ザ・イヤー2021】記事はコチラ!

家電批評 オブ・ザ・イヤー2021の記事一覧

AV機器画質コスパ最強な型落ちモデル! LG「OLED
 55BXPJA」

王冠アイコン

LGエレクトロニクス
OLED
55BXPJA
実勢価格:10万4799円

サイズ・重量:W1228×D246×H744mm・19.9kg(スタンド含む)
チューナー:BS4K・CS4K×1、 地上デジタル×2、BS・110度CSデジタル×2
動画配信サービス:YouTube、Netflix、U-NEXT、Amazon Prime Video、Hulu、DAZN

▼検証結果
画質  :30/35点
音質  :18/20点
機能性 :25/30点
操作性 :15/20点
総合得点:88/105点
総合評価:A

LGエレクトロニクス「OLED 55BXPJA」
は、『家電批評』2021年9月号で狙い目の型落ちモデルをピックアップして再検証した結果、ベストバイに輝いた製品。

有機ELテレビが高画質なのはわかっているけど、20万も出せないという人におすすめ! 

2020年の発売ですが、有機ELの黒の締まりや視野角の広さなどポテンシャルは十分。それが4K液晶の上位モデルより安価なアンダー11万円。画質を見る目のある人なら、こっちを買っちゃいます。

折原一也 氏
AVライター
折原一也 氏 のコメント

有機ELでこの価格は画質コスパがスゴい

ポイント1:3Dオーディオに対応

アンダースピーカーながら3Dオーディオ対応。ドルビーアトモスにも対応しています。独自のAIサラウンドも利用できて、サラウンド性能は優秀です。

ポイント2:映像の解像度が◎

映像の立体感、解像度の表現は有機ELが圧倒的。LGの10万円でも十分キレイ。

以上、「家電批評・オブ・ザ・イヤー2021」に選ばれた、 LGエレクトロニクスのおすすめ型落ちテレビの紹介でした。格安で画質の良いテレビをお求めならおすすめの逸品です。

なお、今回紹介したものを含め、「家電批評・オブ・ザ・イヤー2021」に選出された製品は雑誌『家電批評』 2022年1月号で一気に見ることが可能です。

AV機器『家電批評』 2022年1月号

 『家電批評』 2022年1月号

晋遊舎
家電批評
2022年1月号
700円

『家電批評』2022年1月号ではスマートフォンから洗浄便座まで、暮らしのすべてを快適にするベストバイ製品がずらっと並んでいます。ぜひチェックしてみてください!