2021年ベストバイ!! 「家電批評 オブ・ザ・イヤー」

2021年も『家電批評』では大型家電や定番家電のほか、生活を楽にする家電にフォーカスするなど、さまざまな家電をテストしてきました。その中で、編集部が特に「買い」だと思ったおすすめの製品を「家電批評 オブ・ザ・イヤー」として発表します。

家電批評 オブ・ザ・イヤー2021

大切な人へのギフトに、そしてもちろんこの1年を頑張った自分へのご褒美に。ベストバイだらけの家電カタログを参考にしてみてください!

▼【家電批評 オブ・ザ・イヤー2021】記事はコチラ!

家電批評 オブ・ザ・イヤー2021の記事一覧

今回は、揚げ物を油なしで調理して、脂質をカットできる調理家電・ノンフライヤーを紹介します。

おいしく脂肪分削減できる COSORI「CP137-AF」

王冠アイコン

COSORI
CP137-AF
実勢価格:1万980円

サイズ:W27×D27×H31cm
重量:4.75kg
定格消費電力:1230W
容量:3.5L
設定可能温度:77~205℃

2021年のノンフライヤー部門「家電批評 オブ・ザ・イヤー」受賞はCOSORI「CP137-AF」です。

『家電批評』2021年3月号で、人気のノンフライヤー6製品を科学する料理研究家・さわけんさんと一緒にテストした結果、ベストバイに輝いた製品です。

熱風を使って焼くため、油未使用でも揚げたような料理が作れます。COSORI「CP137-AF」​​は比較した6製品のなかでも短時間でしっかり調理できました。からあげ、トンカツ、ポテトフライの3点を作りましたが、どれもおいしく仕上がりました。

ただし普通の揚げ物より味は劣るので、オイルスプレーで少し油を足すとおいしさがアップします。

ポイント1:作った料理はどれも高水準

からあげは、ムラなくかなり早い時間で仕上がりました。トンカツは色濃く揚がって、トンカツらしい食感に。ポテトフライは185℃で14分くらいの調理で十分においしくなりました!

ポイント2:温度と時間を設定するだけでしっかりと仕上がる

温度調節機能は205℃までと高くないです。しかし熱効率がいいので短時間でしっかりと揚げられて、おいしく仕上がりました。

以上、「家電批評・オブ・ザ・イヤー2021」に選ばれたノンフライヤー、COSORI「CP137-AF」の紹介でした。一台あればダイエットのストレスを軽減するのに活躍しそう。文句なしのベストバイです!

2021年ベストバイを大発表!『家電批評』

 『家電批評』 2022年1月号

晋遊舎
家電批評
2022年1月号
700円

今回紹介したものを含め、「家電批評・オブ・ザ・イヤー2021」に選出された製品は雑誌『家電批評』 2022年1月号で一気に見ることが可能です。ぜひチェックしてみてください!