2021年のベストバイを発表! 「家電批評 オブ・ザ・イヤー」を解説

2021年も『家電批評』では大型家電や定番家電のほか、生活を楽にする家電にフォーカスするなど、さまざまな家電をテストしてきました。その中で、編集部が特に「買い」だと思ったおすすめの製品を「家電批評 オブ・ザ・イヤー」として発表します。

家電批評 オブ・ザ・イヤー2021

大切な人へのギフトに、そしてもちろんこの1年を頑張った自分へのご褒美に。ベストバイだらけの家電カタログを参考にしてみてください!

▼【家電批評 オブ・ザ・イヤー2021】記事はコチラ!

家電批評 オブ・ザ・イヤー2021の記事一覧

今回は、DIYで家具を組み立てるのは面倒という人におすすめのブラック・アンド・デッカー「3.6Vコンパクトドライバー」を紹介します。

使い勝手最強!BLACK+DECKER「3.6Vコンパクトドライバー」

王冠アイコン

ブラック・アンド・デッカー
3.6Vコンパクトドライバー
実勢価格:4174円

サイズ:約W50×D155×H140mm
重量:約325g

▼検証結果

  • パワー    :◎
  • 取り回し   :◯
  • 先端ビット  :◎
  • ライトの有無 :◯
  • 回転の切り替え:◯
  • 充電時間   :◯
  • 評価     :S

ブラック・アンド・デッカー「3.6Vコンパクトドライバー」は、『家電批評』2021年12月号で電動ドライバー7製品を比較した際にベストバイに選ばれた製品です。

テストで7製品を比較してわかったのは、パワーだけでなく、ビットのバリエーションが使い勝手に直結しているということです。パワーがあってもビットの種類が少なければ、使う場面が限られて宝の持ち腐れになってしまいます。

ということで、パワーがあってビットが豊富なBLACK+DECKER「3.6Vコンパクトドライバー」が優秀でベストバイでした。

組み立て家具はもちろん、本格的DIYにも対応可能なパワーと豊富な種類のビットを兼ね備えた、使い勝手最強の一台です。

ポイント1:価格以上の超絶パワー

組み立て家具はもちろん、2×4材に木ネジを締める検証の結果、最後までキレイに入れられるパワーがあることが判明。同価格帯では、頭一つ抜けた性能です。

ポイント2:先端ビットの数が豊富

ビットの数は11本。プラス・マイナス・六角にロングドライバー、木工用ドリル刃も付属していて幅広いです。

ポイント3:充電しながら使える

テストした7製品中、唯一充電しながら使用可能でした。充電する時間を有効活用できます。なお、充電時間は約3時間(公称値)です。

以上、「家電批評・オブ・ザ・イヤー2021」に選ばれた、ブラック・アンド・デッカー「3.6Vコンパクトドライバー」の紹介でした。「手動ドライバーは疲れるしネジがキレイに入らない!」なんて、悩みを一発解決したいならおすすめです。

なお、今回紹介したものを含め、「家電批評・オブ・ザ・イヤー2021」に選出された製品は雑誌『家電批評』 2022年1月号で一気に見ることが可能です。

『家電批評』 2022年1月号

 『家電批評』 2022年1月号

晋遊舎
家電批評
2022年1月号
700円

『家電批評』2022年1月号ではスマートフォンから洗浄便座まで、暮らしのすべてを快適にするベストバイ製品がずらっと並んでいます。ぜひチェックしてみてください!