AV機器"家エンタメ"を楽しむ!AV家電目線の部屋づくり

好きなアーティストのコンサートやスポーツの試合観戦など、いまや様々なエンターテインメントを高クオリティの動画コンテンツで、自宅で手軽に体感できます。

そんな時代の今こそ、お部屋アップデートの好機。ということで、本音の家電ガイド『家電批評』が、家エンタメを大満足させるAV家電を充実させた部屋作りをご提案します!

今回は、豊富な4Kコンテンツを楽しむ環境を整えるセットトップボックスから「Fire TV Stick 4K」のご紹介です。

AV機器4K動画を観るなら必須!「セットトップボックス」って?

最近のテレビには、あらかじめVOD(ビデオ・オン・デマンド)サービスを使える機能が搭載されていますが、激安の4Kテレビの場合だとVODの機能が搭載されていないことも。

そんな時に役立つのが「セットトップボックス」です。VOD非搭載のテレビでも、これを接続するだけで、一瞬でテレビがスマート化します。

なお、セットトップボックスを使うにはWi-Fiなどのネット環境が必須なので注意しましょう。

代表的なセットトップボックスは、AmazonとGoogle、そしてAppleが販売している3製品があります。どれも使いきれないほどのアプリやコンテンツがありますが、雑誌『家電批評』が最強の1台として推すのは「Fire TV Stick 4K」です。

AV機器操作も快適で高コスパ!アマゾン「Fire TV Stick 4K」

アマゾン
Fire TV Stick 4K
実勢価格:6980円


サイズ・重量:W108×D14×H30mm・53.6g(本体、HDMI端子含む)、W37×D16×H142mm・43.4g(リモコン)
プロセッサ:クアッドコア 1.7GHz
ストレージ容量:8GB

アマゾン「Fire TV Stick 4K」は、リモコンや音声での操作を快適に行うことができます。

Fire TV Stickは、テレビとの接続も簡単。本体をテレビのHDMI端子に挿して、付属のケーブルで電源につなぐだけでOKです。

さらに、元値も6980円と安いのですが、Amazonのセール時期にはさらに安く購入できます。

そんなコスパの高さも魅力の1台ですが、AV家電目線で「Fire TV Stick 4K」を選ぶ理由をご紹介しましょう。

AV機器Fire Stick 4Kはネット機能が充実している!

※VODの主な対応サービス(一部)

Fire Stick 4Kは、prime videoをはじめ、NetflixやYou Tube、Huluなど、VODだけでも多くのサービスを利用できます。

“テレビそのまま”より便利な機能もあり、豊富なFire TV対応アプリをインストールすることで音楽やゲーム、ブラウジングなども楽しめるように。

さらに、検索機能も充実していて、ジャンル、番組名、出演者、さらにはスタッフ名などでも検索できるんです。

AV機器ハンズフリーで操作できる「Fire TV Cube」

アマゾン
Fire TV Cube
実勢価格:1万4980円


サイズ・重量:W86.1×D86.1×H76.9mm・465g
プロセッサ:ヘキサコア(クアッドコア/最大2.2GHz+デュアルコア/最大1.9GHz)
メモリー:2GB
ストレージ容量:16GB

Fire TV Stickだと、Alexaによる音声操作を行うのにリモコンのボタンを押す必要がありますが、「Fire TV Cube」は本体にマイクを搭載していて、ハンズフリーで音声操作が可能。「Fire TV」とスマートスピーカーの「Echo」が合体したようなものです。

テレビが消えている状態でも「アレクサ、テレビをつけて」で電源がオンに、続けて「アレクサ、●●を再生して」でプライム・ビデオが再生されます。この手ぶら感、かなり未来を感じられます! お値段は2倍しますが「Fire TV Cube」もアリです。

以上、「Fire TV Stick 4K」と「Fire TV Cube」のご紹介でした。

Fire TV Stick 4Kは、セール時期ならさらに安くなるので、まだ購入していないという人はぜひセール時期を狙ってみてくださいね!

実はAmazon未経験……という方はぜひこちらを参考にアカウント登録してみてください。

AV機器『家電批評』2021年7月号

晋遊舎
『家電批評』
2021年7月号
実勢価格:700円

『家電批評』2021年7月号では、「AV家電で最強の部屋づくり」を大特集しています。こちらもチェックしてみてください。