ホーム今備えるべき最低限の防災用品を紹介

いつ「首都直下型地震」がいつ起きてもおかしくないと言われていますが、災害への備えはできていますか?

新型コロナウイルスの感染症リスクという新たなハードルができた今、コロナ以前とは災害への備え方が変わってきています

今回、テストするモノ批評誌『MONOQLO』では、災害や医療のプロに取材を依頼して検証。その結果からわかった今備えるべき最低限の防災用品をご紹介します。

ホーム自宅待機で備える!コロナ時代の災害対応策とは?

コロナ時代に災害が発生した場合、倒壊の恐れがある住宅であったり、火災や浸水が想定されるエリアに住んでいない限り自宅で待機することが望ましいです。

その理由としては、

・避難所で感染症にかかるリスクがある
・そもそも避難所のキャパが減っている


などが挙げられます。

国際災害レスキューナースの辻さんによれば、避難所では3密対策として定員を大幅に減らしているとのこと。沖縄・奄美地方などを襲った2020年の台風10号では、「行ったけど入れなかった」とびしょ濡れで立ち尽くす人が続出したそうです。

そのため、コロナ以前とは違い、今では待機できるように家自体を強化したり、自宅からなるべく出なくて済むように備えておくことが必要になります。

辻直美 氏
国際災害レスキューナース
辻直美 氏 のコメント

自宅待機の備えがれまで以上に大事です。

そこで今回は、被災時に自宅を守るアイテムをピックアップ。地震で電気が止まってしまった時に備える、停電対策グッズ4製品をご紹介します。

ホーム大容量バッテリーで停電に備える!SmartTap「PowerArQ 2」

SmartTap
PowerArQ 2
実勢価格:5万9800円


サイズ:W26cm×H19.1cm×D19.5cm
重量:6.2kg
定格出力:300W
出力波形:正弦波
出力:AC×2、USB A×4、Type-C×1、DC×2、DC シガー

SmartTap「PowerArQ 2」は、実容量が約7万mAhを超える大容量バッテリー。停電時でもマホや冷暖房などの使えて、USBやACにも対応しています。

被災者からは「非常用電源の用意がなかったため熱帯夜は家ではなく車で過ごさざるを得なかった」との声もあがっているので、一台持っておくとと安心ですね。

スマホのQi充電もできる!

スマートフォンの充電用ケーブルがない場合でも大丈夫! 本体を上に置くだけでQi充電ができます。

300W以下の電化製品ならば、ACコンセントを差し込んで使えました。扇風機や電気毛布など、夏場・冬場にあると命綱にもなります。

本体裏側には、LEDライトまでついています。LEDライト横のボタンで電源オン・オフできますよ。

値段が高いけども新モデルもおすすめ!

SmartTap
PowerArQ Pro
実勢価格:13万2000円

新モデル「PowerArQ Pro」は、「PowerArQ 2」よりも2倍の実容量で安心感があります。なんと16 万mAh超えで、スマートフォンを約50回も充電できますよ。USBとACに対応しています。ただし、Qi充電はできないのでご注意。

ホーム暗闇でも安心!Lighting EVER「ledランタン」

Lighting EVER
ledランタン
実勢価格:2999円


サイズ:W11.5cm×D11.5cm×H20.5cm
重量:720g

停電時の暗闇は不安になってしまいますよね。そんなとき、ロウソクよりも明るいLEDランタンがあると安心です。

Lighting EVER「ledランタン」は、上下左右どの角度からも明るくて、安心感が違います。「ロウソクの火は心許なく火の元の心配もあって使いにくかった。LEDを備えることをオススメします」という被災者の声も参考にして、ぜひとも1つは保持しておきたいところ。

MONOQLOで検証した5製品の中で、もっとも全周囲を照らしてくれました。明かりが広範囲に広がるのが特徴です。

懐中電灯としても使えます

本体サイドにあるライトを外すと、懐中電灯としても使えますよ。

ホーム予備の電池として!SmartTap「ソーラーパネルPowerArQ Solar Foldble」

SmartTap
ソーラーパネルPowerArQ Solar Foldble STSL 120FD-MC4W 120W
実勢価格:2万7296円

予備のバッテリーを用意していても、停電が2日以上続くと不安ですよね。SmartTap「ソーラーパネルPowerArQ Solar Foldble」があれば、地面に広げて3時間ほど太陽光にあてれば70Mhの電気が作れます。

3つ折りにして、コンパクトに収納できます。

ホーム被災時の情報収集に!ソニー「ポータブルラジオ」

ソニー
ポータブルラジオ
実勢価格:9970円

被災時にはラジオが主な情報源となります。ソニー「ポータブルラジオ」は、1分間の手回しで3時間ラジオがきけて燃費が良いですよ。ライトとしても使えます。

スマートフォンの充電も可能です。

以上、地震で電気が止まってしまった時に備える停電対策グッズ4選のご紹介でした。

今回は過去ベストバイに輝いた製品に加え、改めて検証した安全なモノだけを厳選して紹介しています。是非とも参考にしてくださいね。

▼LEDランタンの詳しい検証記事はこちら!