2020の総まとめ!最強コスパの家電&デジタル一挙公開

コロナ禍に見舞われたこの1年間、ネットを疑う家電ガイド『家電批評』ではテストにテストを重ね、数々の掘り出しものを発見してきました。その中には、こんな時代だからこそ生まれたベストヒットアイテムも。

今回は、家電界隈をくまなく巡ってきた取材班が思わずうなった、新しい生活様式必須グッズ3選をご紹介します。

2020年はこんなものがヒットしました

振り返ってみると、2020年3月の緊急事態宣言とともに、コロナ対策グッズが大注目となりました。また、巣ごもり需要により、さまざまな家電も売れました。

▼パナソニック「ジアイーノ」
品薄になりプレミア化。空気清浄機の売り上げもUP。

▼パソコン・周辺機器
テレワーク需要でパソコンや周辺機器が売れ、Webカメラやヘッドセットは特に品薄に。

▼キッチン家電
外出自粛でキッチン家電人気に火がつきました。また感染予防の観点から、体温計やハンドソープの自動ディスペンサーなど非接触家電も人気に。

▼ドライブレコーダー
直接コロナとは関連しませんが、あおり運転の厳罰化で需要がさらに高まりました。

▼Nintendo Switch
大人気ソフト「あつまれ どうぶつの森」の発売に加えて、外出自粛の影響で、Nintendo Switchも大争奪戦に。

▼4Kテレビ
オリンピック需要が期待された4Kテレビですが、延期になっても巣篭もり需要で販売台数は好調。とくにハイセンスでは前年比200%を超える大ヒット。

そのほかにも、夏の猛暑でネッククーラーが売れたり、度重なる台風被害などで防災アイテムが売れるなど、ヒット商品を振り返ってみると、今年1年の社会の動きが見えてくるようです。

今回は、新しい生活様式必須グッズ3選をご紹介します!

体温チェックを素早く! エー・アンド・デイ「非接触体温計でこピッと UT-701」

エー・アンド・デイ
非接触体温計
でこピッと UT-701
実勢価格:4200円

※医療機器認証されている製品です

エー・アンド・デイ「非接触体温計でこピッと UT-701」は、おでこに近づけてボタンを押すと、一瞬で(約0.3秒)体温を測れる体温計。どんなに忙しくても検温でき、非接触式で感染リスクが低いという点から人気に火が付きました。

※こちらは舌下温に換算し表示する製品で、舌下温はわきの下の体温よりも少し高いのが一般的です。

▼非接触体温計の比較記事はこちら

ちょうど良い噴霧量 キングジム「アルコールディスペンサーテッテ TE500」

キングジム
アルコールディスペンサー
テッテ TE500
実勢価格:4473円

サイズ・重量:W102×H180×D162mm・330g:W120×H188×D212mm(トレイ使用時)
容量:約500ml
電源:単3形アルカリ乾電池4本
 

キングジム「アルコールディスペンサーテッテ TE500」は、アルコールを自動で手に吹きかけるディスペンサー。センサーの感度がよく、大人の手にちょうどいい噴霧量なのがgoodです。

トレイ付きなので、周囲を汚さないのもポイントです。市販のアルコールが使えます。

泡切れがいいミューズ「薬用せっけんミューズノータッチ」

ミューズ
薬用せっけん
ミューズノータッチ
実勢価格:1400円

重量:(実測値)・640g
容量:250ml(詰替式)
電源:単3形アルカリ乾電池2本(付属)
※リンクは本体と詰め替えソープのセット販売のページです

ミューズ「薬用せっけんミューズノータッチ」は、非接触で使える電動ソープディスペンサー。コロナ禍では、これまで習慣がなかった人も、帰宅時の手洗いとうがいが当たり前になりましたが、本製品は泡切れのよさと豊富なカートリッジが美点です。

泡がスッと切れるので、出し口には液が垂れていません。 泡ぎれのよさは、ほかの製品と比べても断トツでよかったです。

以上、新しい生活様式必須グッズ3選のご紹介でした。よりスムーズに、より快適に新しい生活様式を送るには、どれも欠かせないものばかりでした。ぜひ取り入れてみてください。

▼自動ソープディスペンサーの比較記事はこちら

『家電批評』2020年12月号

家電批評
2020年12月号

家電デジタルの最強コスパ140製品を紹介した「安くて良いモノ スペシャル」を特集している『家電批評』2020年12月号はこちらから購入できます。ぜひチェックしてみてくださいね。