<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『LDK』2020年7月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

キッチン3度の食事づくりに消耗……いい方法はないでしょうか?

家族が家にいる時間が長くなると、問題なのが3度の食事づくり。毎回メニューを変えたり工夫して作るのはかなりしんどいですよね。

たまには外食で息抜きをしようにも、今はそれもむずかしい状況となると、頭を抱えてしまいます……。

そこで今回ご紹介したいのが、プロがおしえる“3食の献立をできるだけ省力化する方法”。今回は「昼ごはん編」です。

毎日がんばってもうヘトヘトというみなさん、ぜひご覧ください!

キッチン「献立やらない3か条で」効率化しましょう!

自分ひとりなら「今日のお昼は残り物でいいや」なんてこともできますが、家族の分もとなるとそうもいきません。

とはいえ、毎日3食違う献立を考えるというのもなかなかヘビーですよね……。

そんな献立の悩みから解放されるためには、あらかじめやらないことを決めてしまいましょう。たとえばお昼は「丼・麺・サンド」、月曜の夜は 「〇〇の素を使うもの」しか作らないなど、選択肢をぐっと減らすと献立作りがラクに!

その1:メニューを毎日変え「ない」

朝ごはんはパン派かごはん派にもよりますが、基本は毎日同じものを用意。パンやご飯などの主食、たんぱく質のとれるおかず、野菜などのビタミン・ミネラル類の3点があれば栄養面でもOKです。

その2:選択肢を増やさ「ない」

たとえばお昼は「丼・麺・サンド」のいずれか、月曜の夜は 「〇〇の素を使うもの」などパターンを決めて回し、考える労力を減らします。

その3:週6日はがんばら「ない」

いちばん献立に悩むのが晩ごはんですが、毎回バリエーションを出そうとしなくてOK。1週間のうちがっつり作るのは1日だけにして、あとは冷凍食品やおかずの素、作り置きなどに頼ると割り切りましょう。

酒寄美奈子 氏
料理研究家
酒寄美奈子 氏 のコメント

メインさえ決まれば、あとはご飯と汁物を用意すればOK! 副菜ナシでもいいんです。

キッチン昼メニューは選択肢をしぼれば悩みません

昼ごはんは、メニューをしぼってしまうのがポイント。

たとえばアレンジのしやすい「丼もの」「麺類」「サンドイッチ」のどれかと決めてしまえば、メニューに悩む時間が激減します。

丼の具、麺の味付け、パンの種類など少しずつ変えていけば意外とマンネリ化しません。うどんはレンチン、パスタはソースと一緒にフライパンで茹でるなど、調理の手間も最低限まで減らしてとことん省力化しちゃいましょう。

それではご参考までに、1週間のメニュー例をご紹介します。

月曜日:食パンより気分が上がる「クロワッサンサンド」

パンを変えるだけでおしゃれランチに。

スーパーなどで買える市販のクロワッサンはしっとりしているのでサンドイッチに向いています。食パンで作るよりも見た目もボリュームも満足感が高いです!

火曜日:レンチンだけでOK「焼肉うどん」

味付けは焼肉のたれで。

冷凍うどんを活用しましょう。薄切り肉と焼肉のタレをレンチンし、余ったタレをレンチンしたうどんに絡めるだけ

余裕があれば大根おろしを添えるとさわやかです。

水曜日:ソース以外で気分転換「味変 やきそば」

サラッと食べられます。

付属のソースを使わず、中華スープの素とこしょうで味付け。いつものやきそばに高級感が出ます!

木曜日:のっけるだけの「海鮮丼」

味付けは家族にお任せで。

火を使わずにできるマグロ丼。しょうゆ、わさび、ごま油など味付けは食べるときに各自ご自由に!

金曜日:鍋ひとつでできる「クリームパスタ」

麺を別茹でしなくていいからラクチン!

クリームパスタは麺を茹でる&ソース作りが同時にできる優秀メニュー。洗い物も減ってラクです!

<材料(2人分)>
スパゲッティ 180g
きのこ(お好みのもの)ひとつかみ
ベーコン 4枚(2cm幅)
にんにく 1片(みじん切り)
オリーブオイル 大さじ1
こしょう 少々
粉チーズ 大さじ3
A 水 300ml
A 牛乳 400ml
A コンソメ 小さじ1
A 塩 小さじ 1/2

<作り方>
1:フライパンにオリーブオイルを熱し、にんにく、ベーコン、食べやすい大きさに切ったきのこを炒めます。
2:Aを加えて煮立ったら、半分に折ったスパゲッ ティを加えて混ぜ、フタをします。弱火にして規定どおりの時間茹でます。
3:粉チーズ、こしょうを加えて混ぜ、火を止めたら完成。お好みでパセリのみじん切りをかけます

土曜日:野菜たっぷりホットドッグ

手軽にできて意外と満腹!

炒めたキャベツを入れるとボリュームアップ。野菜が無理なくとれて一石二鳥です。キャベツはレンチンでもOKです!

日曜日:ちょっと変わり種「洋風丼」

丼は和風だけじゃもったいない。

ケチャップやウスターソースで味付けすると洋風の丼に。和風の丼とは違う味で新鮮です。

<材料(2人分)>
ご飯 2膳分
豚ロース 薄切り肉 160g(半分に切る)
玉ねぎ 1/2個(薄切り)
エリンギ 2本
酒 大さじ1
塩・こしょう 少々
小麦粉 大さじ1/2
バター 大さじ1
レモン 2片(輪切り)
A ウスターソース 大さじ2
A しょうゆ 大さじ1/2

<作り方>
1:豚肉に塩・こしょうをして酒をもみ込み、小麦粉を振ります。
2:フライパンにバターと玉ねぎを入れて炒め、食べやすい大きさに切ったエリンギと1を加えて火が通るまで炒めます。
3:Aを加えて混ぜ、ひと煮し、ご飯の上に盛り付けて焼き野菜などを添えて完成!

キッチン手軽に使えるおすすめパスタソースをご紹介します!

パスタといっしょに手軽なパスタソースもストックしておくと便利です。サンロクマルからのおすすめはコチラです!

サンロクマルからのおすすめ:「キユーピー あえるパスタソース 炙りたらこ」

キユーピー
あえるパスタソース 炙りたらこ
実勢価格:274円/2人前

内容量:ソース:23g×2個、具:1.4g×2個
※リンク先はセット商品を含む販売ページです

たらこ・明太子パスタソースを15製品検証し、1位を獲得したのがキユーピーの「あえるパスタソース 炙りたらこ」です。

他製品と一線を画すおいしさのカギは、“炙り”と“ネギ”。たらこを炙って香ばしさを出し、さらにネギを加えることで薬味のようなサッパリ感をプラス。この衝撃はぜひ実際に味わってみてください!

▼たらこ・明太子パスタソースのランキング記事はこちら!

以上、3食の食事づくりをラクにするプロのヒント「お昼ごはん編」でした。もちろん、夜ごはんにも応用可能です。毎日たいへんですが、“献立やらない3か条”を取り入れてなんとか乗り切っていきましょう!