<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『日本酒完全ガイド』2020年3月発行時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

食品雑貨日本酒を一番知っている全国の実力派酒販店とセレクト!

世代交代が進み、若い感性によって新しい風が吹き込まれている日本酒界。変革の中でクラシックな手法が改めて見直されるなど、日本酒の酒質に一段と奥行きや深みが増していると言われています。

各地で誕生した日本酒がオンラインで簡単に入手できるのはうれしい限りですが、おいしそうなお酒ばかりで、どれを選べばいいかわからない人も多いのではないでしょうか。

そこで、日本酒を知り尽くした全国22の実力派酒販店の皆さんにアンケートを実施。百戦錬磨の目利きたちにおすすめのお酒を聞き、ジャンル別に分類しました。

食品雑貨飲みたいのはどのタイプ? お気に入りを見つけよう

“今飲みたいお気に入りの1本”を見つけるため、まずは日本酒をジャンル分けしてみることに。日本酒のタイプ分けはさまざまですが、「どこで好みが分かれるか」「どんな料理やシーンで味わいたいか」などをもとに、今回は福岡の住吉酒販が提唱しているタイプ分けに準拠しました。

一方の軸を「お酒のボディ(ライト/フル)」、もう一方の軸を「造りのトラディショナルさ(モダン/クラシック)」とし、4タイプにカテゴライズしたものがこちら。

あなたの飲みたい日本酒のタイプは?

[ボディ:ライト][造り:モダン]「フレッシュ&ライト」
[ボディ:フル][造り:モダン]「ジューシー&リッチ」
[ボディ:ライト][造り:クラシック]「端正&穏やか」
[ボディ:フル][造り:クラシック]「渋旨&フルボディ」

今回は、すっきりしたタッチや、透明感のなかに感じるほのかな甘みや旨みが特徴の【フレッシュ&ライト】にフォーカス。さまざまな前菜にマッチする、おすすめの1本をご紹介します。

食品雑貨フレッシュ&ライト編:「一歩己」(豊國酒造・福島)

一歩己
純米原酒
豊國酒造
実勢価格:1250円

720ml
※実勢価格は蔵元の販売価格です。

▼日本酒データ
・原料米(精米歩合):美山錦(60%)
・アルコール度   :16度
・蔵元       :豊國酒造

福島県石川郡古殿町竹貫114


創業200 年を超える蔵元で、「伝統・格式+モダン」のコンセプトのもと、9代目蔵元矢内賢征によって2011年に新たに創られた限定流通酒「一歩己(いぶき)」。若き蔵元の人柄を映したかのような、誠実さを感じるみずみずしさが特徴。口に広がる甘み・旨みが、わずかな渋味によって輪郭づけられることで、飽きのこない味に。

全国の実力派酒販店の皆さん
全国の実力派酒販店の皆さん のコメント

爽やかな酸味が魅力の、軽快に飲める純米酒です。【リカーポート蔵家(東京都町田市)・浅沼芳征さん】

食品雑貨日本酒基本の「き」:日本酒はこうしてできる

日本酒は米からできると知ってはいても、その詳しい醸造工程は案外知らないもの。玄米から商品として出荷されるまでの流れを理解すれば、日本酒をもっと楽しめるはずです。

日本酒の基本的な原料は、米と水、そして米麹(こめこうじ)。米麹とは、蒸した米に「麹菌」というカビの一種を繁殖させたものです。アルコールは、糖分と水を酵母が食べることで生み出されますが(アルコール発酵)、そのためには米に含まれるデンプンを糖分に変える(糖化する)必要があり、米麹に含まれる「糖化酵素」がその役割を果たしてくれるんです。

アルコール発酵のもうひとつの主役は酵母。酵母は発酵によりアルコールを生成すると同時に、香りや酸も生産し、お酒の香味に大きな影響を与えます。発酵を健全に進めるためには、まず優良で丈夫な酵母を育成する必要があります。それが「酒母(しゅぼ)」造り。

読んで字のごとく酒母を土台(母)として、もろみを仕込みます。酒母に蒸米、米麹、水を4日間かけて仕込んでいくのは、酵母に対して緩やかな環境変化を与え、よりよい発酵を促すための知恵。発酵はおよそ3週間前後、温度管理しながらていねいに醸されていきます。

最後に、日本酒をもっと楽しめる、サンロクマルおすすめのアイテムをご紹介します。

おすすめアイテム:座ったままであたたまる一杯が楽しめる酒燗器

テスコム
酒燗器 SK31
実勢価格:2708円

サイズ:183×155×168mm
重量:約1.1kg(本体)
容量:450ml(2.5合)
消費電力:250W

ズボラな方でも気軽にぬる燗や熱燗を座ったまま楽しめる「酒燗器」。キッチンに立ってコンロで鍋に火をかけたり、電子レンジを使ったり、おかわりの度に立ち上がったり……といった手間をマルッと解決してくれます。お酒の量に合わせて前面のツマミをスライドさせるだけで温度調節ができる、シンプルな設計も◎。

以上、酒販店が選ぶ日本酒の紹介でした。どの日本酒を選べばいいかわからない! という人も、まずはこの1本から試されてみてはいかがでしょうか。