スマートフォン令和最強のベスト家電66部門決定!!
「どこがスゴかったか」解説します

令和最強のベスト家電66部門決定!!「どこがスゴかったか」解説します

“ネットを疑う家電購入ガイド”として日夜家電をレビューし続ける『家電批評』誌上でも、思いがけない良品の発見や、今一歩な製品の発掘など、さまざまな出会いがありました。

そこで今回、2019年に家電批評誌が扱った製品の中から「絶対に素晴らしい!」と断言できるベスト家電ばかりを集めた「家電批評 オブ・ザ・イヤー」を選定いたしました。

▼【家電批評 オブ・ザ・イヤー】入り口はコチラ!

上の画像をクリックしても移動しない場合、こちらからどうぞ。

まさに“令和最強”の名がふさわしい、全66部門のベストバイたち。

ここでは、ベストに選ばれた一製品をピックアップし、どこが素晴らしかったのかを解説します。

▼ベスト家電を厳選したテスト誌はコチラ!

晋遊舎
『家電批評 2020年1月号』
700円

それでは早速ご覧ください!

<外部サイトでご覧の方へ>
the360.lifeの本サイトでは、アマゾンへのリンク付き記事を公開中です。ページ下の「オリジナルサイトで読む」よりどうぞ。

スマートフォン「デジタル命綱」は
アンカーが最良

アンカー
PowerCore
10000 PD
実勢価格:4699円

※Amazonでは現在在庫切れ

サイズ:約W114×H52×D25mm
重量:約192g

現代ではスマートフォンやタブレットの充電切れはある種の死を意味します。

そんな危機的状況を救ってくれるのがモバイルバッテリーですが、その中でもより早く充電&給電できるものを選びたいところ。最新のモバイルバッテリーはPD(パワーデリバリー)対応ならば、より早く充電することができます。

その条件を満たした上で家電批評がベストに選出したのはアンカーの「10000 PD」。比較テストで誤差なく安定して優秀な製品でした。

スマートフォン「いざという時にすぐ使える」が
PD対応モデルを買う理由

USB PD対応モバイルバッテリーは最大100W出力対応で、スマホやタブレットを急速かつパワフルに充電可能です。

ちなみに、Amazonランキング1位で出力12Wのバッテリーと、出力18WのPD対応バッテリーとでiPad Proの充電時間を比較したところ、当然ながらPD対応のほうが高速でした。

「いざという時にすぐ使える」がPD対応モデルを買う理由

PDの出力も安定しており、充電容量も好成績。Type-A出力ポートはPowerIQに対応しています。コンパクトで、重量は100g台と軽量なので持ち運びにも便利です。

「いざという時にすぐ使える」がPD対応モデルを買う理由

以上、「家電批評オブ・ザ・イヤー」に選ばれた「PowerCore 10000 PD」の紹介でした。引き続き、ベストだった製品をご紹介していきますので、サンロクマルをチェックしてくださいね。