ホームかゆいところに手が届く
地味にスゴいお掃除グッズ

ホームセンターや量販店にはさまざまなお掃除グッズが並んでいます。中には気になるあの場所向けの、ピンポイント掃除に特化したグッズやニッチな製品がたくさんあります。でも、店頭で手に取ったときはすごく良さそうだったのに、実際に使ってみたらビミョーだった……ということ、よくありますよね。

そこで今回は『LDK』編集部が見つけた、お掃除グッズをご紹介したいと思います。

まずは、もっともおすすめできるアイテムからどうぞ!

A評価ペットボトルをスプレーに
変える超便利アイテム

富士商
ペットボトル専用加圧お掃除スプレー
パステルピンク F6789
実勢価格:475円

※Amazonあわせ買い価格です

サイズ:60×32×240mm
使用ペットボトル:市販の500ml以上
※輸入ミネラルウォーターのペットボトルなど、装着口が特殊な物は取り付けられない場合があります。

富士商の「ペットボトル専用加圧お掃除スプレー」は、ふつうのペットボトルを掃除などにに役立つ“強力スプレーボトル”に変身させることができるアイテム。ペットボトルに装着して、本体についているポンプで加圧するだけなので手軽にセットできます。

水量調節ツマミ付きで、「ジェット」・「ミスト」の二刀流の噴射が可能です。

画像上:ミスト水流 画像下:ジェット水流

ジェットの水の勢いはかなり強いです。

汚れが溜まりがちなサッシレールも、ジェット水流でササッとキレイに! 水場から遠い場所の掃除もこれならカンタンです。

塩月孝仁 氏
東京都の便利屋さん エイトピース代表
塩月孝仁 氏 のコメント

ベランダや、2階の窓の掃除に使うのにいいですね!

A評価ティッシュがウェットティッシュになる!
ティッシュボックス ルテラ

アーネスト
ティッシュボックス ルテラ
実勢価格:1212円


サイズ:325×130×85mm
重量:450g
※ティッシュボックスの適応サイズ:240×120×55mm以下

アーネストの「ティッシュボックス ルテラ」は、ティッシュケースと除菌用アルコールタンクが一体化した変わり種。

本体横のボタンの上にティッシュを乗せてプッシュすれば、中からアルコール液が出てきて、ふつうのティッシュがウェットティッシュに変わります。

乾いたティッシュでは落ちにくいけど、わざわざ洗剤やお掃除道具を出すほどの汚れじゃない……なんてときは、即席ウェットティッシュが便利です。

インテリアに馴染みやすいシンプルなデザインなので、いろいろな場所に無理なく置けるのもうれしいポイントです。

ちなみに「ルテラ」は市販の手指用、またはキッチン用の除菌アルコールをタンクに入れて使います。専用カートリッジ方式ではないので、お好みの除菌アルコールが使えます。ただし、ジェルタイプのアルコールは使えませんのでご注意ください。

続いて、使ってみたら「もう少し!」と惜しかったお掃除グッズ3品をご紹介します。どの商品も便利は便利なのですが、使い勝手に少々難があるので、今後の改善に期待です。

ホームシートの面積がザンネン…
雑貨や小物を磨くのにおすすめ

花王
マジックリン
ピカッと輝くシート 厚手パッド 3枚
実勢価格:202円

※Amazonパントリー価格です

花王「マジックリン ピカッと輝くシート」は“かきとりファイバー”で汚れをかきとるタイプのお掃除シート。

窓ガラス、エクステリア、浴室や玄関周りなど、幅広い場所の掃除に使える厚手のシートなのですが、エクステリアなど大物の掃除に使うにはシートの面積が小さいようです。

ちなみに、窓ガラスを拭いてみたところ、やや拭き残しが気になりました。「ピカッと輝くシート」は、蛇口の水垢取りなどに向いていそうです。

ホーム液だれが気になる
ヤニ汚れ専用洗剤

友和
ホームケアシリーズ
ヤニ汚れ用 400ml
実勢価格:656円

友和「ホームケアシリーズ ヤニ汚れ用」は名前の通り、ヤニ汚れに特化した洗剤。メーカーの公式情報によると、ビニールクロスのほか、サッシ、蛍光灯、OA機器などに付いたタバコのヤニ汚れを落とすのに最適とのこと。

汚れとしっかりなじませてから拭き取りたいのですが、ビニールクロスに噴射したら洗剤がだら~っと流れてしまいました。ちなみに汚れ落ちはまずまずのレベル。壁や高い場所にあるものに使うときは、液だれ対策をしっかりとする必要がありそうです。

ホーム地道さが求められる
すみっこの汚れとり

シード(SEED)
すみっこ汚れとり
普通 SK-SMF1
実勢価格:402円

シードの「すみっこ汚れとり」は“練り消し”のような感触で、キーボードやリモコンなどの隙間にたまったホコリをくっ付けて取り除くアイテムです。

OA機器など、水や洗剤を使いたくない製品のホコリ取りに役立つアイテムですが、正直、劇的な効果は見られませんでした。

ちょっとしたホコリを取る分にはアリだと思いますが、蓄積されたしぶといホコリを取る場合は、地道に作業をする必要がありそうです。「すみっこ汚れとり」は常に手元に置いておいて、ホコリが気になったら即対処……という使い方がベストかもしれません。


以上、女性誌『LDK』が選んだおすすめ&ビミョーなお掃除グッズ5選のご紹介でした。年末に向け、お掃除グッズ選びに迷ったら、ぜひ参考にしてみてください。