家電部屋にWi-Fiが飛んでれば
誰でも数分で設定できる簡単さ

Nature Remo miniは、Google HomeやAmazon Echoといった製品と連携して……みたいな感じで、やれることは色々ありますが、ここで紹介するおすすめ機能はただ一点。

外出先からスマホでエアコンをオン・オフできること

私もコレを購入する前は、「設定がめんどくさそう」って思ってました。この手のネットワーク系の製品はうまくつながらないことも少なくないので、そういう意味でもちょっと避けていました。

が、間違ってました。

設定、めちゃ楽です。しかも、めちゃちゃんと動きます

まさに、いつでもどこでもエアコンのリモコンを持ち歩いているような感覚です。まあ、実際そうなんですけどね。

家に帰る前はもちろん、朝起きたとき、寝室にいながらリビングのエアコンをオンできるのも、地味に便利です

基本的に、リモコン操作するエアコンであれば、メーカーや型番・年式などに関係なく、古いモデルでも利用可能。

まだまだ暑そうな今年の夏。今からでもいかがですか? もちろん、冬も大活躍、間違いなしですよ!

ネイチャー(Nature):Nature Remo mini  家電コントロ-ラ- REMO2W1:リモコン

ネイチャー(Nature)
Nature Remo mini
家電コントロ-ラ- REMO2W1
実勢価格:6458円

なお、冒頭のメイン写真はminiではなく通常版のNature Remoです。ただ、エアコンのスイッチをオンオフするのが目的ならば、廉価版のNature Remo miniで十分です。

こちらが、通常版とmini版の違いです。大きくは搭載されるセンサーの違いになります。

※上記はメーカーサイトより

今回、屋外からのエアコン操作ということで、miniをおすすめしていますが、miniにはもうひとつ電源アダプタが要らないという利点があります。

USBから給電できるので、私のリビングでは、テレビのUSB端子につなげて使っています。いまのところ、特に問題なく利用できています。参考までに。

家電温度も風量も自由自在
風量MAXもできちゃいます

実際に外出先からエアコンをオンする場合は、アプリを開いて、「OFF」を「ON」にするだけ。

最初は、「家に着いたら、ホントにエアコン動いてんの~」って思ってましたけど、家の扉をあけたときに感じた涼しさは、感動モノでした。

エアコンは、オン・オフだけじゃなく、温度、冷暖房、風量も調整できます

(今では、まいどまいど風量MAX&温度20度に指定してるのは内緒です…)

設定はこれだけ! ホントに簡単でした

最初にアプリをインストールしたら、あとは指示に従うだけ。

Wi-Fiが飛んでる部屋なら、特に迷うこともないと思います。

ネットワークがつながったら、エアコンの設定をします。エアコンを選んでから、エアコンのリモコンを本体にむけて電源ボタンを押すだけです。

ということで、この夏、めっちゃ助かった「いつでもどこでもエアコンリモコン~♪」の話でした。

一見、ギークなガジェットですが、実際は一般の人にこそ使ってほしい白物的超便利家電でした。