ホームニトリの格安ソファ…
見た目を裏切る性能に驚愕!

世の中にはお手頃価格のソファーがいろいろとありますが、クオリティは千差万別。どうせ買うなら安くていいものを選びたいですよね。

かと言って店舗をアチコチ周ってひたすら座り倒す訳にもいかないし、ネット上のスペックだけではイマイチ使用感が分からない……。

という訳で編集部は、ニトリ、無印、IKEAの最安ラインソファ4モデルを集めて、テスターが思わず「ソファさん、こんなにしてゴメンなさい(涙)」という気持ちになるほど解体したしりして、徹底的に比較テストを行いました!

その結果、おすすめの格安ソファに選ばれたのがコチラ。

ニトリ
布張りカジュアルソファ(NリバティーF)
ターコイズブルー
実勢価格:2万1890円

パッと見、カワイイ感じで重量も軽め。そんなに思いっきりくつろげるような感じがしなかったのですが、検証を進めるうち、このソファのスゴさがどんどん明らかに……!

画像はニトリ公式サイトより

4段階リクライニング式ソファとオットマンがセットになっていて、背もたれの角度やソファの並べ方を変えるだけで、簡易ベッドやカウチにもなります。

3WAYで使えるのは何気に便利!

「スペース的にも予算的にも来客用のベッドまで備えるのはムリかも」という方も、これならいけるのではないでしょうか。

でもニトリ「布張りカジュアルソファ(NリバティーF)」の魅力は価格と汎用性の高さだけではありません。

じゃあ、何が凄いのか? その答えは以下の徹底レビューをご覧ください!

ホームニトリのカジュアルソファ
徹底解剖レビュー

ソファを選ぶ際に重視すべき「座り心地」「デザイン」「つくり」を徹底検証したので、その結果をご紹介したいと思います。

ポイント①座り心地

くつろぐためにソファを買ったのに、座り心地が悪かったら意味がないですよね。

真に座り心地のいいソファはカラダへの負担が少なく、長時間座っても疲れにくいはず! そう考えた編集部は整体師の先生にご協力いただき、ソファに座ったときのカラダへの負担をチェックしてもらいました。

首や背中、腰、下半身に負担がかかりにくいソファほど座り心地がよく感じられます。

首・背中:○ 腰への負担:◎ 下半身への負担:◎

ニトリのカジュアルソファは背もたれのクッションの固さが程よく、高さも十分。腰にフィットするのでお尻が痛くならない上、ヒザ下には余裕があります。

●背もたれの高さが肩甲骨付近まである
●背もたれと座面と腰の間にすき間ができない
●ヒザの裏が圧迫されない


上記の3つのポイントが相まって、ニトリのソファはカンペキに近い座り心地を実現。整体師の先生も「この背もたれの具合が計算されているとしたら、スゴイですよ」と感心しきりでした。

ポイント②デザイン

ソファはインテリアの要。ソファひとつで部屋の印象が大きく変わってしまいます。いくら使い勝手がよくても、見た目の悪いソファは避けたいですよね。

そこでインテリアのプロにデザインをチェックしてもらったところ……

「カバーの貼り込みが丁寧で値段を感じさせません」
「直線が多く、主張し過ぎないデザインですね」
と絶賛されました!

ニトリの安い家具はデザインも安っぽいと思っている方、結構いらっしゃると思います。担当編集も内心「IKEAや無印と比べたら劣るのでは?」と思っていました。

でも今回の検証で、そんな思い込みが見事に覆されました。

カバーにシワがあると、どんなソファでも一気に安っぽく見えてしまいます。その点、ニトリのカジュアルソファは細部までピシッとしていました! しかも多少押したくらいではシワになったりしないので安心して使えます。

ちなみにこのソファのカバーは「ブラウン」「イエローグリーン」「グレー」「ターコイズブルー」「ネイビー」「レッド」の6色展開となっています。

画像はニトリ公式サイトより

検証ではターコイズブルーをチョイスしましたが、「この色はチョット……」という方は、ぜひ他のカラーもチェックしてみてください。

ニトリのカジュアルソファのサイズはやや小ぶりですが、値段を感じさせないデザインでカラバリも豊富。どんな部屋に置いてもサマになること間違いなしです!

ポイント③つくり

外見はいいけど、中身はスカスカ……いくら格安でもそんなソファはいらないですよね。という訳で本体をガンガンに解体して、家具職人さんに中身の構造までしっかりとチェックしてもらいました!

解体すると、中身はこんな感じになっていました。構造自体はシンプルで、素材の質も決してよくないものの、家具職人さん曰く「工夫をこらしたユニークなつくりですよ」とのこと。

リクライニング機能を実現するため、本体内部には鉄の骨組みが用いられています。

ポケットコイルはやや心もとないのですが、大量のチップウレタンで強度を保ち、表面は薄めのウレタンを採用することで快適さを確保。

胴体を補強する青い紐状のロービングテープは、5万円の無印ソファと比較すると量は多いものの貧弱な感じでした。

背もたれはチップウレタンと保護材、そして鉄の骨組みだけとシンプルかつ安価な構造になっていました。……にも関わらず、構造的なバランスはバツグン!

2万円という低価格でクオリティの高いソファをつくるため、膨大な工夫と試行錯誤があったのだと推察されます。

ホーム2人掛けの格安ソファは
ニトリを選ぶのが大正解!

以上、ニトリ「布張りカジュアルソファ(NリバティーF)」の徹底レビューでした。

小ぶりで軽くてカワイイ感じの見た目に、正直「これ大丈夫なのか?」という一抹の不安を覚えながら検証をスタートしました。

ところが、座って、バラして各専門家の方にチェックしてもらったところ、驚くほど有能なことがわかりました。2万円でこのクオリティ、この満足度の高さは奇跡に近いです。格安ソファで失敗したくない方は要チェックです!