うっかりつけた床のキズは
ホムセンアイテムが解決

フローリングのすり傷や切り傷、一度見つけると意外と気になるものですよね。そんなときはホムセンに行ってみましょう。フローリング補修グッズの売り場には、価格もタイプもいろいろな製品がそろっていますよ。

選ぶときに大事なのは、実際に塗ったときのカバー力、それから誰でもカンタンにできる使いやすさです。

フローリング補修グッズの
実力を確かめました

たくさんの製品が並んでいても、見た目だけではどれがいいのかわかりづらいです。そこで、ホムセン勤務歴20年以上、DIYアドバイザーの石川尚子氏にご協力いただいて、実践テストをいたしました。

[ポイント1:すり傷・切り傷のカバー力]

フローリング傷によく見られる、「すり傷」と「切り傷」を再現して、2種類の傷へのカバー力を確かめました。

[ポイント2:使いやすさ]

仕上がりがきれいだとしても、使い方がむずかしかったり技術が必要なものではおすすめできません。手軽に使えるかどうかもチェックしました。

それでは、フローリング補修アイテム4製品をご紹介します!

傷の補修力がピカイチ!
建築の友 住まいのマニュキュア

建築の友:住まいのマニキュア  ミニ 10色セット  筆ペンタイプ :フローリング補修アイテム

建築の友
住まいのマニキュア ミニ 10色セット
筆ペンタイプ
実勢価格:1522円

評価:A

今回ベストとなったのは、建築の友「住まいのマニキュア」です。アイライナーのようにラインを引いて、指でぼかすような要領でいいので超カンタン。描いた部分に不自然なテカリもありません。

10色セットだから、フローリングの色に合わせて微調整しながら塗れます。

石川尚子 氏
DIYアドバイザー
石川尚子 氏 のコメント

ペン先が細いので塗りやすいですね。

▼すり傷はほぼ見えません

家具などを引きずったときにできてしまったすり傷。数カ所なぞって指でなじませると白っぽく見えた傷が消えました。

▼切り傷も目立たなくなりました

ペットが引っかいてできてしまう切り傷も、細いペン先が傷にうまく入り込んでカバーし、浅い傷はほぼ消えました

▼家具の傷にも使えます

住まいのマニキュアは木製の家具にも使用可能。ウッドテーブルの傷に試したところ、白い傷や凹みも自然にカバーできました。床よりも近い距離で見るテーブルですが、違和感がありません。

すり傷も切り傷もバランスよくカバーし、使いやすさも高評価。手軽なキズ消しとして優秀です。

続いて、今回もう一つおすすめのシートタイプのアイテムをご紹介します!

すり傷を一瞬で消しました
リンレイ キズ消しシート

リンレイ:フローリング専用キズ消しシート 5枚:フローリング補修アイテム

リンレイ 
フローリング専用キズ消しシート 5枚
実勢価格:398円

評価:A

同じくA評価だったのが、リンレイ「フローリング専用キズ消しシート」です。すり傷の部分をシートで拭いた瞬間、まるで手品を見ているかのように傷が消滅! ただし、すり傷より傷が深い切り傷へのカバー力はイマイチでした。

▼すり傷は一瞬でカバーしました

▼切り傷への効果はいま一歩……

一長一短ではありますが、“すり傷メイン”ならコレに決まり! さっと拭くだけというのもお手軽さとお値段も魅力です。

描いたところが微妙にテカる
ツインマーカー12色セット

ハウスボックス:ツインマーカー12色セット ミニタイプ:フローリング補修アイテム

ハウスボックス
ツインマーカー12色セット ミニタイプ
実勢価格:1380円

評価:B

B評価は、ハウスボックス「ツインマーカー12色セット ミニタイプ」です。切り傷はカバーしましたが、マーカーペンで描いた部分がテカってしまうのが気になりました。

D評価: 手順がめんどうで難易度高め
かくれん棒 4色セット

建築の友:かくれん棒 フローリング用 4色セット:フローリング補修アイテム

建築の友 
かくれん棒 フローリング用 4色セット
実勢価格:1400円

評価:D

残念ながら今回D評価となったのは、建築の友「かくれん棒 フローリング用 4色セット」です。“傷に塗る”というより“熱で溶かして埋める”タイプで、ドライヤーが必要となります。

手順がめんどうなのと、傷の部分を埋めてヘラでならすという作業もちょっと難しく、慣れていない人にはお勧めできません。

最後に、いちいち塗ってられない!というくらい広範囲の傷に便利な“テープタイプ”をご紹介します。

広範囲にある傷なら
テープタイプが手早いです

ニトムズ:フローリング補修テープ:フローリング補修アイテム

ニトムズ
フローリング補修テープ
実勢価格:306円

ペンでちょこちょこ塗っていられないほど広範囲の傷なら、テープで隠してしまうのも一案です。色は「ライト」「ミディアム」「ダーク」とブラウン系で3色あります。

▼傷の周りごと目隠しできます

色さえ合えば、大きくて長い切り傷でもサッと消せますよ。

以上、フローリング補修グッズをご紹介しました。A評価の「住まいのマニキュア」と「キズ消しシート」は使い分けることで大活躍できるアイテムだと思います。気になるキズがあればぜひお試しください。