ホーム油とコゲが固まったコンロの汚れは
“マジックリンパック”でラクラク撃退

油と混ざってガッチリ固まっているコンロのコゲ汚れ。本当はこんなに汚いところで料理なんてしたくないんですが、この手の汚れって、こすってもこすってもなかなか落ちないんですよね。

そんな汚れをガッツリ落とす、頼もしい味方がとなってくれるのが定番の「油汚れマジックリン」です!

花王
油汚れマジックリン
購入価格:312円
※Amazonパントリー専用商品

商品名にあるとおり、この「油汚れマジックリン」は、油汚れに対する洗浄力はバツグンです。泡で汚れをしっかり浮かせて、熱いお湯と合わせれば、さらに油の分解力が高まるんです。

ホーム掃除の手順はコチラ!
洗剤とお湯で油を溶かします

ガチガチに固まったコンロの黒い汚れの正体は、調理中に落ちた油や野菜クズです、これらが、炎で焼きつけられた後に冷え固まると、コンロに黒くこびりつきます。洗剤と熱いお湯でパックすると、固まった汚れをじわじわとほぐれて、落としやすくなります

では、詳しいやり方を見ていきましょう!

1.まずカードで表面のコゲを取る

いきなり洗剤をかけるのではなく、まずはいらなくなったカードやスクレイパーで表面のコゲを落とします。落としきれないものはマジックリンパックで落ちるので、コンロに傷をつけないようにこすりすぎには注意です!

2.マジックリンを吹きかける

大体の汚れを落としたら、次はマジックリンをコンロ全体にスプレーします。まんべんなく吹き掛けたら、そのまましばらく放置しましょう。じわじわと泡が溶けだして密着するので、むやみに触ったりのばしたりは禁物です。

花王
油汚れマジックリン
購入価格:260円

今回使ったのは、スプレータイプの「油汚れマジックリン」です。

3.ぞうきんでパックし、再噴射

ある程度放置したら、コンロの上に熱いお湯で絞ったぞうきんをかけてパックします。さらに、その上からもう一度マジックリンをかけて、再び放置します。熱いお湯とマジックリンのアルカリ成分が合わさり、じっくり油が溶けていくんです。

4.歯ブラシでこすり、仕上げにぞうきんで拭く

パックして10分ほどたったら、溶けた汚れを歯ブラシで磨いて、仕上げにお湯で絞ったぞうきんで拭き上げます。五徳も洗浄液に浸け置きすれば、同じようにキレイになります!

油は洗剤とお湯の力で完全に溶けているので、力を入れなくてもスルスルと落ちます。放置時間を除いて10分ほどで、ラクラクとコンロ掃除が終わりました!

ホーム買ったばかりの頃の姿に復活!
コンロがピカピカによみがえった

では、実際に洗浄前と後のコンロを見比べてみましょう!

洗浄前

コゲがこびりついて、油汚れのひどかったコンロが…。

洗浄後

まるで買ったばかりのような、ピカピカの状態になりました!

洗浄前

五徳周りのしつこい汚れは、以前はいくらこすってもビクともしませんでした。

洗浄後

どこからどう見てもピカピカです! あれだけ落ちなかった油汚れが、ウソのようになくなっています。

ホーム固まる前なら水拭きでOK
毎日サッと拭いて汚れ予防

いつまでも新品同様のキレイさを保つためには、油がホコリと一緒に固まってしまう前に掃除することが大切です。

調理後、コンロがまだ温かいうちなら水拭きだけで簡単に汚れが落ちます。汚れが溜まってから大掛かりな掃除をしなくて済むように、毎日サッと拭いておきましょう。

焦げ汚れを落とすのに、余計な力は要りません。今回紹介した掃除方法なら、無駄な苦労をすることなくコンロをピカピカにできます。あきらめて汚れを放置していた人は、ぜひ試してみてくださいね!