ホーム頑固な油汚れには粉タイプの
衣類用漂白剤が効果抜群です

汚れても掃除をしないまま、長期間放っておいたコンロの五徳。冷えて固まった油汚れが、ベッタリ付いてしまっています。さらには、コゲがガチガチになって固まってます!

同じく魚焼きグリルにも、コゲがそのまま残ってガチガチにくっついちゃってます。これは、なかなか手ごわそう……。覚悟して掃除しないと、落としきれないかもしれません。

そんなときに登場するのが、衣類用漂白剤、粉タイプの「ワイドハイター」です!

花王:ワイドハイターEX パワー:衣類用漂白剤

花王
ワイドハイターEX パワー
実勢価格:443円

「ワイドハイターEX パワー」は、服のシミや黄ばみを落とすための衣料用漂白剤です。でも、その効果はコンロにもてきめんで、アルカリの力がこびりついた油汚れをしっかり分解してくれます。

ホーム実際の洗い方を解説!
ポイントは「つけ置き」です

それでは、どのようにして油汚れを落としているのでしょうか? そのメカニズムは以下のとおりです。

1.固まった油を熱湯で溶かす
2.粉ワイドハイター+重曹で分解
3.熱湯+粉ワイドハイターの泡ではがす


このように、3つの作用が働いて、ゆるんだ油をじっくり分解していきます。

では、実際の洗浄手順を見ていきましょう!

1.お湯に洗剤を溶かす

袋を3重にかぶせた大きめの箱、またはバケツに60℃以上の熱湯を張ります。そしてそこに3種類の洗剤を投入します。

先ほどご紹介したワイドハイターと、食器用洗剤と重曹です。

花王:ワイドハイターEX パワー:衣類用漂白剤

花王
ワイドハイターEX パワー
実勢価格:443円

カネヨ:重曹ちゃん:重曹

カネヨ
重曹ちゃん
実勢価格:181円

ライオン:チャーミーVクイック:食器用洗剤

ライオン
チャーミーVクイック
実勢価格:129円

検証時はそれぞれ50g、300g、100gを投入しています。

2.五徳とグリルを一緒に入れる

1で作ったお湯の中に五徳とグリルを3時間つけ込みます。あらかじめ、入れる前に固形の汚れを新聞紙などで取り除いておきましょう。

3.歯ブラシで軽くブラッシング

3時間つけ置きした後、付着した汚れをお湯ですすぎながら歯ブラシで軽くこすります。

このような歯ブラシでOK。サッとこするだけでみるみる汚れが落ちていきます。

4.乾燥させる

お湯ですすいだ後は、乾燥させるだけ。あんなにこびりついていた汚れやヌメリが、キレイサッパリなくなりました!

ホーム頑固なベタベタ&真っ黒コゲが
ウソみたいに落ちちゃった!

ご紹介した洗浄方法を用いて、実際にコンロの五徳と魚焼きグリルを洗ってみました。洗う前と後で汚れ落ち具合を比べてみると……、

[五徳] 洗浄前

ガッチガチのひどいコゲ。

[五徳] 洗浄後

コゲがあとかたもなく消滅し、元の地とツヤが復活しました。

[魚焼きグリル] 洗浄前

魚を焼いたあとのコゲがそのままになっている網。これはどうでしょうか?

[魚焼きグリル]洗浄後

あんなに汚れていた網がピカピカに! 黒の下地も、美しくよみがえりました。

ホームキレイになったところで
次は予防にも力を入れましょう

五徳や魚焼きグリルをキレイにお掃除できてても、気を抜いてはいけません! 次のお掃除がラクになるように、しっかり予防もしておきましょう。

まずはこちらの片栗粉を使います。

水330mlに片栗粉大さじ7を、受け皿に流し込みます。そのまま調理すると、熱によって片栗粉と油汚れが一緒になって固まってくれます。調理が終われば、丸めて捨てるだけでOKです。

お次は、みかんの皮を用いた予防です。

魚焼きグリルを使う時に、水を張った受け皿にみかんの皮を浮かべます。みかんの皮に含まれる「リモネン」という天然成分が、油汚れを落としやすくしてくれます。

以上、衣料用洗剤の「ワイドハイター」を使った、五徳や魚焼きグリルのガンコな汚れを落とす方法でした!

今回ご紹介した洗浄方法なら、つけ置きするだけで油汚れをアッという間に落とせます。いままで時間をかけてスポンジでゴシゴシこすっていた人は、ぜひ一度試してみてください。キレイになった後は予防もきちんと忘れずに!