家電性能と値段のバランスがいい
お値打ちエアコンランキング

前回は、最新の高機能エアコンランキングをご紹介しました。しかし、買い替えたいけれど最新モデルは高いし……と躊躇されている方もいるのでは? そこで今回は価格重視のランキング! 性能もいいけれどお買い得な製品を、インテリア&家電コーディネーターの戸井田園子さんにご協力いただき評価しました。

評価基準は以下の4つです。各10点、計40点満点で点数をつけています。

・基本性能
・独自機能
・お手入れ
・コスパ

それではランキングをご紹介します!

記事1位BEST【1位】スリムながら機能ぎっしり
富士通ゼネラル「Rシリーズ」

1位に選ばれたのは、富士通ゼネラルの「Rシリーズ」です。機能が充実していますが、型落ちモデルなので、値段がお手頃になっているのがポイントです。

エアコン:冷房:お得:コスパ:富士通ゼネラル:Rシリーズ AS-R28F

(画像をクリックすると購入ページへ移動します)

富士通ゼネラル
Rシリーズ
AS-R28F
実勢価格:6万5000円
サイズ:W728×H250×D299mm
APF:5.7 
期間消費電力量:929kWh 
省エネ達成率:100%

【総合点:31】
基本性能:8
独自機能:7
お手入れ:7
コスパ:9

コンパクトな筐体ながら、多彩な機能が充実しています。さらに2016年発売の型落ちモデルなので、価格はグッとお手頃になっています。コンパクト設計で設置性に優れながら、フィルターの自動おそうじ機能や高感度センサーなど、重要な機能はすべて押さえています。運転停止中に部屋が高温になると音声でお知らせする通知機能もあるので便利です。

富士通ゼネラル「Rシリーズ」の特長を2点ご紹介します。

①フィルターは自動清掃

取り外しカンタンなフィルターは、運転中も自動でホコリを除去してくれます。フィルターの目詰まりによる電力消費を抑えて、エアコン本体の省エネ性の低下を防ぎます。ただ、本サイトの記事でも以前お伝えした通り、エアコンを使うなら専門業者さんによる定期的な清掃はマストです。これは全エアコン共通です!

②部屋全体を見張る高感度センサー

部屋を19のブロックに分けて人の在室を感知する高感度センサーです。部屋内での移動や、人の出入りを見逃さず、人のいるいないを見分けてくれます。部屋の隅にいても電源が勝手に切れることがありません。

記事1位BEST【1位】空気清浄機いらずでお得
東芝「Pシリーズ」

同じく高評価だったのが、東芝の「Pシリーズ」です。冷暖房機能に加え、空気清浄機能も搭載されているのでお得です。

エアコン:冷房:お得:コスパ:東芝:Pシリーズ RAS-B285P

(画像をクリックすると購入ページへ移動します)

東芝
Pシリーズ
RAS-B285P
実勢価格:8万1000円
サイズ:790×H250×D255mm
APF:5.8
期間消費電力量:929kWh
省エネ達成率:100%

【総合点:31】
基本性能:8
独自機能:8
お手入れ:7
コスパ:8

「プラズマ空清」という空気清浄機能が搭載されており、PM2.5やカビなどの微粒物質を除去しながら温度調整ができます。小さい部屋なら空気清浄機を買う必要もなく、一石二鳥のお値打ちモデル! 本体価格もコスパ高です。

記事3位BEST【3位】ムーブアイ搭載!
三菱電機「Sシリーズ」

3位に選ばれたのは、三菱電機の「Sシリーズ」です。人の体感温度を見分けて冷やしすぎを防ぐ「ムーブアイ」はもちろん、室内の汚れをミクロレベルでキャッチする機能も搭載されているので、快適性と清潔感を両立してくれます。

エアコン:冷房:お得:コスパ:三菱電機:Sシリーズ MSZ-S2817

(画像をクリックすると購入ページへ移動します)

三菱電機
Sシリーズ
MSZ-S2817
実勢価格:10万2800円
サイズ:W798×H295×D252mm
APF:5.8 
期間消費電力量:913kWh
省エネ達成率:100%

【総合点:30】
基本性能:8
独自機能:7
お手入れ:8
コスパ:7

「ハイブリッドナノコーティング」や「帯電ミクロフィルター」により、PM2.5などの細かいホコリもキャッチしてくれます。もちろん「ムーブアイ」搭載で快適性も抜群なので、子供部屋や寝室などにピッタリの一台です。


機能性はありつつ、コスパもよい今年のお値打ちエアコンランキングでした。高感度センサーはもちろん、フィルターの自動清掃や空気をきれいにする機能などが加わった高性能のエアコンが、お買い得な価格で販売されています。ぜひチェックしてみてください。

実はアイリスオーヤマも超おすすめですが……

実は、お値打ち度でいうと、アイリスオーヤマから発売されているIRA-2801Wも非常におすすめです。スマホで電源をコントロールできるといった今風の機能を搭載しながら、10万円以下の価格を実現しています。本当なら、こちらもベストバイにおすすめしたいところですが、現状超品薄。希望する納期で購入するのは難しそうです。もし、在庫をみつけたら即ゲットOKですよ。


360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。