食品雑貨冷凍なのに驚くほど柔らか!
なんてホントにできるの?

毎日忙しくても、ちゃんと美味しいものは食べたい! という人には、「下味冷凍」のおかずがおすすめです。

時間がある時にサッと下ごしらえをして、冷凍庫に入れるだけで準備はOK。ご飯の前に仕上げの加熱調理をすれば、美味しいご飯ができますよ。調味料に浸しておいて冷凍すると、肉の乾燥を防ぎ、味がしっかりとつきます。

下味冷凍は長期保存ができるので、時間のある休日に仕込んでおけるのが最大のメリット。だからこそ、忙しい人にピッタリなんです。

今回のテーマは「牛肉」。冷凍する時の一工夫で、使いたい時にすぐにごちそうができちゃう、そんなフリーザーバッグを使った牛カツやステーキ、牛丼などの牛肉レシピを、フードコーディネーターの平尾由希さんに教えていただきました。

それでは、さっそくご覧ください!

食品雑貨[牛ロールステーキ]牛薄切り肉を
巻き巻きしてボリュームアップ!

まずご紹介するのは、牛の薄切り肉を使った牛ステーキです。

薄切り肉でも何重にも巻くことで、ボリューム満点で食べごたえのあるステーキができます。ステーキ肉を使うより柔らかい仕上がりになるというのも見逃せません!

では、材料と作り方です。

[材料]

[食材]
・牛薄切り肉 200g

[下味調味料]
・しょうゆ 大さじ1
・わさびチューブ 大さじ1
・塩 適量
・黒こしょう 適量

[作り方]

①牛薄切り肉に塩とこしょうをふり、わさびじょうゆをハケなどで塗り、くるくると巻いていきます。

②巻いた肉を2cmの暑さにカットし、ひとつずつラップに包んでフリーザーバッグに入れて冷凍します。

③フライパンにオリーブオイルを熱し、肉を入れてフタをします。

④両面をこんがりと焼いたら出来上がり!

[ポイント]

薄切り肉をロール状に巻いて冷凍するので、調理する際に型崩れしにくいうえ、ステーキ肉よりも早く火が通ります。安いお肉でもやわらかく仕上がり、焼くだけなのにちょっとした贅沢感を出せますよ。

また、わさびのおかげで油っぽさが抜け、さっぱりと食べられるのも嬉しいポイントです。

食品雑貨[牛丼セット]忙しい時に
ご飯さえあればパッとできる!

次は牛薄切り肉を使った牛丼です。

スピード飯といえば牛丼ですが、これを自宅で簡単に作ってしまおうというレシピです。ごはんさえ炊けていれば、冷凍庫から出して焼くだけで、すぐに美味しい牛丼ができますよ! 夕食に使えば、フライパンひとつでサッとできるのも魅力です。

[材料]

[食材]
・牛薄切り肉 200g
・玉ねぎ 1/2個

[下味調味料]
・しょうがチューブ 少々
・酒 大さじ4
・しょうゆ 大さじ6
・みりん 大さじ2
・砂糖 大さじ2
・水 1カップ(200cc)

[作り方]

①玉ねぎはくし切りにします。

②フリーザーバッグに牛薄切り肉、玉ねぎ、すべての調味料を入れて冷凍します。

③フライパンで熱して解凍し、ご飯に乗せたら完成です!

[ポイント]

タレに酒を加えることで、安いお肉でもやわらかくなります。一人分ずつ作り置きしておけば、帰りが遅くなってしまった日や、受験生の夜食などにも最適ですよ。

また、焼き豆腐を加えて煮込めば、肉豆腐のアレンジ料理も簡単に作れます。飽きずに食べ切れますね。

食品雑貨[ごちそう牛カツ]安いステーキ肉も
やわらか~な極上カツに大変身!

最後にご紹介するのは、牛カツです。

最近では「牛カツ専門店」も多く出店され、なかには行列のできるお店もあるほど今人気のメニューなんです。冷凍なのに中はふんわりとやわらかく、外はカリッとしたミディアムレアの美味しい牛カツが作れます!

[材料]

[食材]
・牛ステーキ肉 赤身2枚
・にんにくチューブ 小さじ1

[下味調味料]
・しょうゆ 大さじ1
・オイスターソース 大さじ1
・酒 大さじ1
・みりん 大さじ1
・塩こしょう 適量

塩こしょう以外はすべて混ぜ合わせておきます。


[作り方]

①肉に塩こしょうをふり、混ぜ合わせた調味料をハケやスプーンの裏などで全面に塗ります。

②小麦粉、溶き卵、パン粉をつけてラップに包み、フリーザーバッグに入れて冷凍します。

③冷凍庫から出し、解凍せずに160℃の油で10~20分揚げます。

④バットに取り、予熱で火を通します。

[ポイント]

重要な点は、下味をつける時に調味料にひたひたに漬け込まず、両面に塗るだけにしておくことです。下味に漬け込むと、調理する時に肉から脱水して肉質が硬くなりますが、下味をやや薄味にして肉の表面に塗っておくと、塩分が中まで染み込まずに肉質を柔らかく保ちます

また、調理時は解凍せずに凍ったまま油で揚げると、火が通りすぎず、ふんわりとやわらかな牛カツに仕上がります。ステーキ肉が安売りしていたら、ぜひゲットして作り置きしておきたいごちそうレシピです。

以上、フリーザーバッグを使った簡単牛肉冷凍レシピをご紹介しました。牛肉の安売りを発見したら迷わずに冷凍保存レシピを作って、安くて美味しい牛肉料理をいつでも食べられるようにストックしちゃいましょう!

※冷凍した食材は 1ヵ月以内を目安に消費してください。霜や変色が見られる場合は味が落ちてしまっているサインです。冷凍する際は菌が繁殖しないように手を清潔にするなど、衛生面にも注意してください。調理時はよく加熱してください。