タブレットは最強の
カーナビに大変身するんです!

iPadやAndroidタブレットを持っている人にぜひオススメしたい活用法が「カーナビ化」です。

備え付けのカーナビだと、反応が遅かったり地図が更新されていなかったりでイライラすることもあります。

その点タブレットでアプリを使えば、ウェブ上のマップを開けば道路状況は常に最新です。また、スマホよりも大画面で地図を見ることができるので、わかりやすく安全性も上がります。

ここでは、iPadをカーナビ化するために、通信についての注意と車載ホルダーの選び方をご紹介します。iPad以外のタブレットを使用する場合は、契約や仕様を確認し、サイズ等をチェックしてください。

Wi-Fiや格安SIMを使えば
通信の心配も不要です

「でも、通信はどうするの?」と思った方、もちろん大丈夫です。

iPadの場合、Wi-FiモデルかLTEモデルかで通信方法が違いますが、Wi-Fiモデルならスマホから発信させるWi-Fiを使ってテザリング、LTEモデルは格安SIMと合わせて使うといいでしょう。

ちなみに、iPad miniのWi-FiモデルはGPSが非搭載なので、その場合は外付けGPSを買って対応しましょう。

そのほかのタブレットを使用する場合は、iPadと同様に契約を確認し、通信方法とGPS対応かどうか事前にチェックしてください。

[選び方]車載ホルダーは
ブレにくさと設置しやすさが重要

さて、iPadやタブレットをカーナビ化することにしたら、外してはいけない重要なアイテムがあります。それが「車載ホルダー」

タブレットやiPadをハンズブリーで使えるようにするのはもちろんですが、走行中もズレたりブレたりせずに安定して付けられることが求められます。

車載ホルダー選びのポイントとしては、この設置したときにブレないか、ホルダーの設置のしやすさの2点です。7製品をピックアップして、この点を検証しました。

なお、今回の検証で使用したアプリは「Yahoo!カーナビ」です。

Yahoo Japan Corp.:Yahoo!カーナビ:アプリ

Yahoo Japan Corp.
Yahoo!カーナビ
実勢価格:無料

たくさんのカーナビアプリがありますが、今回は反応の正確さが特に際立つ本アプリで検証を行いました。

それでは、iPadのカーナビ化にベストフィットする、車載ホルダー6製品を実際テストしたレビューをご紹介します。なお、検証にはiPad miniを使用しています。

ガタガタ道だって余裕
文句なしのベストバイはNikatto

Nikatto
車載ホルダー三軸アーム
実勢価格:999円

サイズ:W7×D11.1×H11.5~18.5cm
重量:336g
対応サイズ:11.5~18.5cmまでのサイズのスマホやタブレット

▼テスト結果はこちら
ブレにくさ :S評価
設置しやすさ:A評価


見事ベストバイになったのは、Nikattoの「車載ホルダー三軸アーム」です!

吸盤型のホルダーを貼り付けるだけなので、簡単に設置ができます。実際に取りつけて車で走ったところ、右左折はもちろん、工事中のガタガタ道でもiPadをしっかり支え、ブレない度はS評価です。

また、アームの角度調節が比較的自由なところもポイント。しかも一度設定したらそこからズレることもほとんどないという優秀さでした。

設置がカンタンな吸盤型
POMILEのスマホホルダー

POMILE:車載用スマホホルダー:タブレットアクセサリー

POMILE
車載用スマホホルダー
実勢価格:1170円

サイズ:W11.3×D2×H13.5~20.5cm
重量:277g
対応サイズ:7~10インチのスマホやタブレット

▼テスト結果はこちら
ブレにくさ :A評価
設置しやすさ:A評価


POMILEのスマホホルダーは、ゲル吸盤型なので設置は簡単です。安定性もわりと高いですが、わずかにiPadのズレが見られました。

設置に手間取りました
Unique Spirit 車載ホルダー

Unique Spirit:車載ホルダー:タブレットアクセサリー

Unique Spirit
車載ホルダー
実勢価格:1599円

サイズ:W8~13×D2×H12~19cm
重量:200g
対応サイズ:4インチ~10.5インチのスマホやタブレット

▼テスト結果はこちら
ブレにくさ :A評価
設置しやすさ:B評価


Unique Spiritの「車載ホルダー」は、エアコンの吹き出し口にフックを入れて設置します。取りつけは手間取る可能性があります。

安定性がちょっと残念
HMTの吸盤アーム

HMT:車載ホルダー吸盤アーム:タブレットアクセサリー

HMT
車載ホルダー吸盤アーム

※品切中
ホルダー:360度回転
重量:200g
対応サイズ:7~11インチのタブレット

▼テスト結果はこちら
ブレにくさ :B評価
設置しやすさ:B評価


右折をするときに、アーム部分がiPadの重さでわずかにズレました。安定性の面で少し残念です。

吹き出し口がブレました
JUPITERの車載ホルダー

JUPITER:タブレット車載ホルダー:タブレットアクセサリー

Jupiter
タブレット車載ホルダー
実勢価格:1280円

ホルダー:360度回転
重量:120g
対応サイズ:7.5~14cmまでのタブレット、iphone6plusなど
ライトニングケーブル付き

▼テスト結果はこちら
ブレにくさ :C評価
設置しやすさ:B評価


エアコンの吹き出し口に設置しましたが、iPadの重みで吹き出し口がブレてしまいました。

走行中の横揺れが残念
QLIBOのタブレットホルダー

QLIBO:車載タブレットホルダー:タブレットアクセサリー

QLIBO
車載タブレットホルダー
実勢価格:1980円

サイズ:W9×D1.6×H10.5~20cm
重量:218g
対応サイズ:7~10.1インチサイズのタブレット

▼テスト結果はこちら
ブレにくさ :C評価
設置しやすさ:B評価


QLIBOの「車載タブレットホルダー」は、吸盤の密着力が弱いのが理由なのか、走っているときの横揺れが目立ちました。

以上、タブレットの車載ホルダーランキングでした。運転中に、ズレたタブレットを直すなんてことになれば事故が起きる可能性もあります。安全に運転をするには、カーナビが安定して固定されていることが重要です。車で出かけることがあるなら、ぜひiPadと車載ホルダーをお供にしてください。