家電おすすめJackery「Jackery ポータブル電源 2000 Plus」とソーラーパネルの実力は?

Jackery「Jackery ポータブル電源 2000 Plus」

  • Jackeryポータブル電源 2000 Plus
  • 実勢価格: ¥251,900
サイズ
W475×D370×H352mm
重量
27.9kg
バッテリータイプ
リチウムイオン電池
定格出力
3000W(AC)
最大出力
6000W(AC)
型番
JACKERY ポータブルデンゲン 2000 PLUS

Jackery「Jackery ポータブル電源 2000 Plus」は、公称2042Whとかなりの大容量で3000Wの定格出力が可能。スマホやノートパソコンなどの充電のほか、電子レンジやホットプレート、電気ケトルなどの家電を動かすことができます。

330Wの炊飯器なら約5.2時間、960W〜1160Wの電子レンジなら約1.5時間も使用可能。同機種を2台並列接続することができ、定格出力は4000W、瞬間最大出力は8000Wにもなります。


Jackery「Jackery SolarSaga 200W ソーラーパネル」

  • JackerySolarSaga 200W JS-200A
  • 実勢価格: ¥59,980
サイズ
W2320×D25×H540mm(展開時)
重量
8kg
型番
JS-200A

Jackery「Jackery SolarSaga 200W ソーラーパネル」は、Jackery ポータブル電源の全シリーズに対応しているソーラーパネルで、最大200Wで充電することができます。

またアウトドアや災害時に、効率的に太陽光を使って充電することができます。

それでは、ポータブル電源で定評のあるJackery最新製品を、さっそくテストしていきます!

家電おすすめテスト1:実際に充電できる「実容量」は?


結果:実容量は84.7%で公称値に近かった!

結果:実容量は84.7%で公称値に近かった! ポータブル電源おすすめ イメージ

事前にフル充電した本体のAC電源ポートに、100W電球を取り付けたユニットとワットモニターを接続。電球を点灯させ続けて待ち、消えたところでワットモニターの表示値を記録しました。

その際の消費電力や稼働時間から、実容量率を計算しています。

ズバリ、実容量は1730Whで、公称2042Whと比べると84.7%とロス率は低めでした。

「ロス率」とはメーカーが提示している公称の容量からどの程度ロスがあるかを示す値。

ポータブル電源を数多くテストしてきた家電批評ですが、これまで見てきた製品のなかでも約15%のロス率は優秀です。

松下和矢
LAB.360(ラボドットサンロクマル)室長
松下和矢 のコメント

公称の8割越えで、優秀な数値です。

家電おすすめテスト2:1時間の充電で本体の充電量は?

結果:1時間で25.1%回復と、思ったほどは伸びなかった

結果:1時間で25.1%回復と、思ったほどは伸びなかった ポータブル電源おすすめ イメージ

ポータブル電源本体の容量が空になった状態で、ワットモニターを介して60分間充電。そのときの充電量を計測しました。

60分でどのぐらい本体充電が回復するかのテストです。

結果、60分後に本体が充電された量は513Wh。表示容量の2042Whに対する回復率は25.1%でした。

思ったより伸びませんでしたが、大容量のポータブル電源ゆえに、許容範囲ではあります。

家電おすすめテスト3:ソーラーパネルで本体を充電したら?

結果:ソーラーによって60分でバッテリーが7.8%まで回復!

結果:ソーラーによって60分でバッテリーが7.8%まで回復! ポータブル電源おすすめ イメージ

「Jackery ポータブル電源 2000 Plus」の本体容量を空にした状態で、「Jackery SolarSaga 200W ソーラーパネル」を接続。快晴の日に太陽光を当てて60分間充電。

その後、本体のときと同じ方法で消費電力と稼働時間を計測しました。

その結果、60分間でのソーラー充電量は160Whで、本体の充電容量は7.8%まで回復しました

これまで家電批評がテストしてきたソーラーパネルよりも回復率は高く、優秀な数値と言えます。

ちなみに「Jackery SolarSaga 200W ソーラーパネル」1枚だと、フル充電時間は公称14時間です。6枚使えば、フル充電時間は公称2時間とかなり短くなります。

家電おすすめテスト4:使い勝手とポート数は?

結果:操作性抜群&ポート数は必要十分!

結果:操作性抜群&ポート数は必要十分! ポータブル電源おすすめ イメージ

LCDディスプレイは「Jackery ポータブル電源 1000 Plus」よりも若干横長。バッテリーレベルのほか入力電力や消費電力パワーなどが表示されます。

解像度が高く、小さい文字もはっきり確認できます

結果:操作性抜群&ポート数は必要十分! ポータブル電源おすすめ イメージ2

シガーソケット出力ボタンを短く押すと、シガーソケット出力ポートで外部機器に給電できます。こちらもスイッチ類は小さいものの押しやすいです。

結果:操作性抜群&ポート数は必要十分! ポータブル電源おすすめ イメージ3

AC出力ポートは最大20A×4ポート、最大30A×1ポートの合計5つもあります。

5ポート合計で3000W、瞬間最大6000Wも使用できます。

結果:操作性抜群&ポート数は必要十分! ポータブル電源おすすめ イメージ4

USB-A出力は2ポートあり、各ポート最大18W使用できます。Quick Charge 3.0に対応しているので、対応機種なら高速充電もできます。

USB-C出力も2つあり、各ポート最大100W使用できます。

結果:操作性抜群&ポート数は必要十分! ポータブル電源おすすめ イメージ5

シガーソケット出力は1ポート。最大10A使用でき、シガープラグを備えたカーグッズを利用できます。カバー付きなのでホコリなどの侵入を防ぐことができます。

結果:操作性抜群&ポート数は必要十分! ポータブル電源おすすめ イメージ6
結果:操作性抜群&ポート数は必要十分! ポータブル電源おすすめ イメージ7

裏側にはコンセントから充電するためのAC入力ポートのほか、ソーラーパネルやシガーソケットから入電するためのDC入力ポート、バッテリーパックに接続するためのDC拡張ポート、追加の「Jackery ポータブル電源 2000 Plus」を接続するためのAC拡張ポートを備えています。

結果:操作性抜群&ポート数は必要十分! ポータブル電源おすすめ イメージ8
結果:操作性抜群&ポート数は必要十分! ポータブル電源おすすめ イメージ9

本体は約27.9kgもありますが、伸縮するハンドルとキャスターが付いているのでスムーズに移動できます。伸縮ハンドルは、使わないときは本体内に収められます。

結果:操作性抜群&ポート数は必要十分! ポータブル電源おすすめ イメージ10

「Jackery SolarSaga 200W ソーラーパネル」は、折りたたむとコンパクトサイズになります。ハンドルも付いているので持ち運びもしやすいです。

結果:操作性抜群&ポート数は必要十分! ポータブル電源おすすめ イメージ11

「Jackery SolarSaga 200W ソーラーパネル」は、背面にあるパネルを広げて角度を調節しやすくなっています。

平岡祐輔 氏
ライター
平岡祐輔 氏 のコメント

太陽光がソーラーパネル全面に当たるよう向きを変えれば、より効果的に発電することができます

家電おすすめJackeryの ポータブル電源&ソーラーパネルのテスト結果まとめ

最後に、Jackeryのポータブル電源とソーラーパネルのおすすめポイントをまとめてみました。

A+評価 Jackery「Jackery ポータブル電源 2000 Plus」

  • Jackeryポータブル電源 2000 Plus
  • 実勢価格: ¥251,900

総合評価: 4.33

実用量
 5.00
充電回復率
 3.00
使い勝手
 5.00
おすすめポイント
  1. 実容量は優秀
  2. ディスプレイは見やすくスイッチも押しやすい
  3. ポート数は必要十分
  4. 伸縮ハンドルとキャスター付きで運びやすい
がっかりポイント
  1. 充電回復率はもうひとつ
  2. 約27.9kgとかなり重い
サイズ
W475×D370×H352mm
重量
27.9kg
バッテリータイプ
リチウムイオン電池
定格出力
3000W(AC)
最大出力
6000W(AC)
型番
JACKERY ポータブルデンゲン 2000 PLUS

A+評価 Jackery「Jackery SolarSaga 200W ソーラーパネル」

  • JackerySolarSaga 200W JS-200A
  • 実勢価格: ¥59,980

総合評価: 5.00

ソーラー充電回復率
 5.00
使い勝手
 5.00
おすすめポイント
  1. ACコンセントがない長期間外で過ごすときでも充電できる
  2. コンパクトに折りたため、持ち運びもしやすい
がっかりポイント
  1. ACコンセントでの充電時よりは回復率が遅い
  2. 利用頻度が少ない人には価格がかなり高く感じるかも
サイズ
W2320×D25×H540mm(展開時)
重量
8kg
型番
JS-200A

「Jackery ポータブル電源 2000 Plus」は実容量が1730Whもあるので、大家族で使う時におすすめできます。

「Jackery SolarSaga 200W ソーラーパネル」とあわせて使用すれば、長期間のキャンプや災害でACコンセントでの充電が難しいときに役立ちます。

大容量ながら公称の8割以上の実容量な製品なので、一台持っておくとさまざまなシーンに有効です。

松下和矢
LAB.360(ラボドットサンロクマル)室長
松下和矢 のコメント

ポータブル電源の実容量は公称値に近く優秀でした。