自転車自転車を乗るなら安全のために持っておきたいアイテムとは?

ヘルメットをかぶれば頭部は守れますが、状況によってはそれだけで安全とはいいきれません。自転車をより安全に運転するためにもっておきたいグッズを紹介します。今回フォーカスするのは、快適な走行に欠かせない「空気入れ」です。

自転車の空気入れとは?

自転車の空気入れは、自転車のタイヤに空気を入れるためのアイテム。タイヤを適正な空気圧にすると、走行が安定します。そのため、空気入れは空気圧計つきがおすすめ。口金の対応は所持している自転車で選びましょう。

そこで『MONOQLO』では、空気圧計が付いたものなど人気の「空気入れ」4製品を比較。その結果、高評価となったおすすめ2製品を順に紹介します。

自転車自転車の空気入れのおすすめ2選

A+評価パナレーサー「BFP-04AGA3」

  • パナレーサーBFP-04AGA3
  • 実勢価格: ¥2,937

総合評価: 5.00

機能
 5.00
ポンプ
 5.00

ベストバイになったのは、パナレーサー「BFP-04AGA3」。空気圧計付きで、3種の口金に対応しています。専用の収納にアダプターを収納できる点もおすすめです。

対応:英・米・仏

素材
アルミ製
型番
BFP-04AGA3-Y

適正な空気圧にできる

適正な空気圧にできる 空気圧付き自転車の空気入れおすすめ イメージ

空気圧計付きの空気入れで、最適な空気圧をしっかりチェックしましょう。

A評価サギサカ「インジケーター エアーポンプ」

  • サギサカインジケーター エアーポンプ
  • 実勢価格: ¥2,309

総合評価: 4.00

機能
 4.00
ポンプ
 4.00

サギサカ「インジケーター エアーポンプ」も空気圧計付きで、3種の口金に対応するのはベストバイのパナレーサー「BFP-04AGA3」と同じです。ただし、ホースが短い点は残念です。

対応:英・米・仏

サイズ
全長610mm(約)

以上、快適に自転車に乗りたいなら常備しておきたい、おすすめの空気入れ2製品を紹介しました。安全のためにも、空気入れは必須。ぜひ参考にしてください。

自転車自転車用品の売れ筋ランキングもチェック!

自転車用品のAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。