<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※本記事は『家電批評』2020年6月号掲載時の配信記事を再編集したものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

走りのジャマにならない
サイクルポンプがほしい!

不意のパンクや路面状況による空気圧の変更などで、ロードバイク・クロスバイク・MTBなどスポーツバイクユーザーに欠かせないのが携帯型サイクルポンプです。

Amazonではパナレーサーの「BFP- AMAS1」が人気ですが、携帯するにはかなり大きめで、付属のケージが取り付け可能なフレームも限定されます。

そこで、バッグを背負わなくても携帯用サイズの10製品を集めて、コンパクトだけどしっかり空気が入るポンプを決定しました。

なお、炭酸ガスボンベ式の製品(CO2インフレーター)もありますが、今回はより初心者向けに、失敗の少ないポンピングタイプ(ポンプ式)の携帯ポンプをテストしています。

Amazonランキング1位を
超える評価のポンプを発見

詳細なランキングのまえに、今回のランキング1位のポンプとAmazonランキング1位のポンプを紹介します。

■サイクルポンプランキング:1位

SKS
エアフレックスレーサー ブラック
実勢価格:5544円

採点結果

  • 入る空気の量: 33/40pt
  • 入れやすさ: 32/40pt
  • 携帯しやすさ: 15/20pt
  • 合計: 80/100pt

本体に内蔵されたホース、バルブに固定できるスクリュー、しっかりにぎれるラバーグリップなど、空気を入れやすいように考えられたつくりで、バランスのいいポンプです。

■Amazonランキング(自転車用携帯エアポンプ):1位(2020/4/20時点)

パナレーサー
BFP-AMAS1
実勢価格:1536円

採点結果

  • 入る空気の量: 40/40pt
  • 入れやすさ: 36/40pt
  • 携帯しやすさ: 2/20pt
  • 合計: 78/100pt

折り曲げるとT字になるハンドルと足で踏んで固定できるステップのおかげでフロアポンプと同じように空気を入れられます。テストでは100回のポンピングで7.5barまで充填できました。

7bar充填するまで
ひたすらポンピング

持ち運びに便利なサイクルポンプの条件として、ボトルケージの台座に取り付け可能な専用ケージが付属する製品を選びました。長さは260~99mm、重さは128~59gとさまざま。

一般的には大きいほど空気が入れやすく、小さくなるほど同じ空気圧でもポンピングが重くなる傾向になりますが、はたしてそのとおりなのでしょうか。

テストをしたのは中肉中背の、比較的非力な男性です。

それでは詳細なテスト項目と配点を確認していきましょう。

実際に7barまで充填できたかを計測

【入る空気の量……40pt】

ロードバイク用の700×24c、最低空気圧が7bar(約100psi)のクリンチャータイヤを使用し、チューブに空気を充填。100回ごとの空気圧の計測と、実際に7barまで空気が入るかなどをテストしました。

空気圧計には、パナレーサーの「デュアルヘッド デジタルゲージ」を使用しています。

パナレーサー
デュアルヘッド デジタルゲージ
実勢価格:2573円

配点は以下のとおりです。
●100回ポンピング時の空気圧:10pt
●100回ポンピング時の空気圧:10pt
●100回ポンピング時の空気圧:10pt
●7bar充填するまでのポンピング回数:10pt

10製品を比較して使いやすさを評価

【入れやすさ……40pt】

コンパクトであってもしっかり力を入れてポンピングできるか、空気圧が上がるとポンピングがどのくらい重くなるかなど、実際の使用感を比較しました。

パンク時を想定してホイールを取り外した状態で作業しています。ベストはコンパクトでも持ちやすくて疲れないポンプです。

配点は以下のとおりです。
●ポンピングしやすさ:10pt
●ポンピングの重さ:10pt
●使用後の疲れ:10pt
●バルブへの取り付け:10pt

より小さく軽いほど高評価

【携帯しやすさ……20pt】

小さくて軽量なほど携帯しやすいため、長さや重さなども比較しました。クランプを取り付けるとペダリングに影響が出ることもあるため、ツールケースやサドルバッグに収まるサイズがベストです。

車体を1gでも軽くしたいサイクリストのためにクランプ込みの重量も評価に含めました。

配点は以下のとおりです。
●重さ(本体とアダプタなど):5
●重さ(クランプ込み):5
●長さ:5
●専用クランプの有無:5


なお、「仏式バルブ」とはシティサイクル(ママチャリ)に採用されている英式バルブよりも高圧に対応したバルブの規格で、先端のボルトを緩めて空気を充填、もしくは抜くことができ、ロードバイクやクロスバイクに採用されています。

なお、これ以外に「米式バルブ」というのもあり、そちらはMTB(マウンテンバイク)で採用されていることが多いです。今回紹介する中には仏式米式両バルブ対応の製品もあります。

テストの結果、注目のランキングはこちらです。

本体収納ホースがポイント
SKS エアフレックスレーサー ブラック

本体に内蔵されているホースのおかげで自由な体勢をとれるため、しっかり力を入れて空気を充填できたポンプが、第1位のSKSエアフレックスレーサー ブラック」です。

ホースの先端のスクリューはチューブのバルブにしっかり固定できるため、途中で抜けてしまう心配もありません。検証に使用したタイヤの適正空気圧である7barまで気圧を上げるのに320回のポンピングが必要でしたが、あまり重くならず、休憩なしで入れることができました。

SKS
エアフレックスレーサー ブラック
実勢価格:5544円

サイズ:全長196mm
重量:105g
対応気圧:8bar
対応バルブ:仏式

ポンピング

  • :
  • 100回時の空気圧: 2.53bar/36.8psi
  • 200回時の空気圧: 5.08bar/73.8psi
  • 300回時の空気圧: 6.83bar/99.2psi
  • 7bar充填までの回数: 320回

採点結果

  • 入る空気の量: 33/40pt
  • 入れやすさ: 32/40pt
  • 携帯しやすさ: 15/20pt
  • 合計: 80/100pt

先端のキャップを開けるとホースが伸ばせます。このホースのおかげで力が入る体勢をとりやすくなります。

■ホースをバルブにネジ留めできます

ホースの先端はスクリュータイプで、バルブにしっかり固定できるため、高圧になっても抜けませんでした。

■両手でしっかりつかめるスタイル

使用時に効果的だったのがラバーグリップです。写真のような持ちかただと気圧が上がるほど力が入れにくくなりますが、その心配がありません。

■ツールケースにもギリ入りました

専用クランプをボトルケージと重ねて取り付けできるほか、ギリギリですが高さ約200mmのツールケースに入れて持ち運ぶこともできました。

かなりコンパクトなのがわかります。

ツールケースに収まると、シートチューブの横に飛び出さないため足に当たる心配もありません。

ツールケースには入りましたが約200mmだとギリギリだったため、もう少しサイズの大きいものがほしいです。

引きも押しも想像以上に軽い
TOPEAK ローディーTT ミニ

第2位はポンプを引いたときに空気を圧縮し、押したときに一気に充填するツインターボテクノロジーを採用したTOPEAKローディーTT ミニ」です。

ホースがないため両手で挟むようにすれば力をかけやすく、7barまであまり苦労せずポンピングできました。この小ささとしてはポンピングが軽く、想像よりラクに空気が入ります。

TOPEAK
ローディーTT ミニ
実勢価格:3520円

サイズ:L165×W33×H23.5mm
重量:90g
対応気圧:160psi(約11bar)
対応バルブ:仏式

ポンピング

  • :
  • 100回時の空気圧: 2.10bar/30.6psi
  • 200回時の空気圧: 4.39bar/63.8psi
  • 300回時の空気圧: 6.52bar/94.6psi
  • 7bar充填までの回数: 340回

採点結果

  • 入る空気の量: 24/40pt
  • 入れやすさ: 32/40pt
  • 携帯しやすさ: 16/20pt
  • 合計: 72/100pt

金口はスクリューではありませんが、レバーを上げることでしっかりとバルブに固定できます。

■両手で挟むように持つと◎

ホースが付属しない本製品は、ホイールを挟むようにして、片手でポンプのヘッドを押さえ、一方でポンピングをするのが効率的でした。

ボトルケージと重ねて取り付けてもほとんど存在を感じさせないコンパクトさです。

ツールケースにも余裕で入りました。

押しても引いても入ります
TOPEAK ローディー DA-G

押したときだけでなく引いたときも空気を充填するデュアルポンプアクションを備えているのが、第3位のTOPEAKローディー DA-G」です。

効率がよく10製品で唯一300回のポンピングで7barに達しましたが、押すときだけでなく引くときにも負荷がかかるためと、体力に余裕がないと厳しいです。

空気圧ゲージが付属しているため空気圧がわかるのは上位のポンプに対するアドバンテージです。空気圧はデュアルヘッド デジタルゲージと比べて少し高めに表示されました。

TOPEAK
ローディー DA-G
実勢価格:3514円

サイズ:L218×W34×H31mm
重量:116g
対応気圧:120psi(約8bar)
対応バルブ:仏式

ポンピング

  • :
  • 100回時の空気圧: 2.57bar/37.4psi
  • 200回時の空気圧: 5.44bar/78.9psi
  • 300回時の空気圧: 7.23bar/104.9psi
  • 7bar充填までの回数: 300回

採点結果

  • 入る空気の量: 35/40pt
  • 入れやすさ: 20/40pt
  • 携帯しやすさ: 13/20pt
  • 合計: 68/100pt

金口はスクリューではありませんが、レバーを上げることでしっかりとバルブに固定できます。

エアゲージの外側の数字は「psi」、内側の数字は「bar」が単位になります。

ポンプを引いたときも空気が入るため、両手とも常に力をかけている必要がありました。100km以上走った後でパンクをすると、300回のポンピングはなかなか厳しそうです。

長さは218mmと少々長めのため、今回用意したツールケースには入りませんでした。

4位: 実用的なポンプでもっともコンパクト
TNI スーパーマイクロポンプ

10製品中2番めに短い全長140mmながら、第4位のTNIスーパーマイクロポンプ」は2段階に伸びるポンプで思いのほか空気が入りました。

4barまではポンピングも軽めで、380回と時間はかかりましたが7barまで空気がしっかり入りました。

TNI
スーパーマイクロポンプ
実勢価格:2445円

サイズ:全長140mm
重量:80g
対応気圧:8bar
対応バルブ:仏式

ポンピング

  • :
  • 100回時の空気圧: 2.06bar/29.9psi
  • 200回時の空気圧: 4.10bar/59.5psi
  • 300回時の空気圧: 5.87bar/85.2psi
  • 7bar充填までの回数: 380回

採点結果

  • 入る空気の量: 18/40pt
  • 入れやすさ: 30/40pt
  • 携帯しやすさ: 19/20pt
  • 合計: 67/100pt

携帯時から想像できないほど長く伸びます。また、精度が高いためポンプなめらかに伸縮しました。

金口はスクリューではありませんが、レバーを引くことでしっかりとバルブに固定できます。

しっかり固定されるので手を離しても落ちることはなく、ポンピング中もほとんど動きません。

100回くらいまではほとんど力を入れる必要がないくらいポンピングが軽いので驚きました。

フレームに取り付けていることを忘れるほどの小ささです。

ツールバッグにも余裕で入りました。さらに小さいサドルバッグでも入りそうです。

5位: 気圧ゲージ付き“例のポンプ”
LANDCAST マジックポンプ ゲージ付きモデル

インターネット上で“例のポンプ”として人気を集めるているのが第5位のLANDCASTマジックポンプ ゲージ付きモデル」です。

人気の火付け役となったのはゲージなしモデルでしたが、本製品はウワサになったポンピングの軽さはそのままに、空気圧をチェックできるゲージ付きのモデルです。

バルブは仏式と米式で、対応気圧は10製品中最高の約20barです。定期的にオイルの注入が必要と、メンテナンス面ではライバルより手間がかかります。

LANDCAST
マジックポンプ ゲージ付きモデル
実勢価格:2980円

サイズ:200mm
重量:110g
対応気圧:300psi(約20bar)
対応バルブ:仏式/米式

ポンピング

  • :
  • 100回時の空気圧: 2.09bar/30.4psi
  • 200回時の空気圧: 4.04bar/58.6psi
  • 300回時の空気圧: 5.84bar/84.8psi
  • 7bar充填までの回数: 380回

採点結果

  • 入る空気の量: 18/40pt
  • 入れやすさ: 32/40pt
  • 携帯しやすさ: 14/20pt
  • 合計: 64/100pt

ゲージがついているためヘッドが大きめです。

金口は通常の状態だと米式、伸ばすと仏式のバルブに対応。先端部分が回転してスクリューでバルブに固定できます。

ゲージの単位は「psi」です。デュアルヘッド デジタルゲージと比べると少し数値が高めに出ました。

ウワサどおり、4barくらいまではポンピングにあまり抵抗がありませんでした。

クランプにはマジックテープで固定します。

ヘッド部分が大きいため、ツールケースには押し込むように入れます。

6位: ポンピングの軽さは圧倒的
パナレーサー BMP-23AEZ-B

同社のBFP-AMAS1をしのぐポンピングの軽さに驚かされた第6位のパナレーサーBMP-23AEZ-B」。

7barまで400回のポンピングを要したものの、とにかく押しが軽いので疲れませんでした。バルブには長めのホースでつなぐため、空気が入れやすかったのも印象的です。

ヘッドは両面が使用でき、それぞれ仏式・米式に対応します。

パナレーサー
BMP-23AEZ-B
実勢価格:3305円

サイズ:全長約170mm
重量:約100g
対応気圧:130psi(約9bar)
対応バルブ:仏式・米式

ポンピング

  • :
  • 100回時の空気圧: 1.92bar/27.9psi
  • 200回時の空気圧: 3.70bar/53.7psi
  • 300回時の空気圧: 5.40bar/78.4psi
  • 7bar充填までの回数: 400回

採点結果

  • 入る空気の量: 12/40pt
  • 入れやすさ: 31/40pt
  • 携帯しやすさ: 15/20pt
  • 合計: 58/100pt

ポンプは意外と伸びずコンパクトです。

ヘッドは青が仏式、赤が米式に対応します。

なお、仏式は右のように先端までネジ山がないバルブだと、5barくらいでヘッドが固定できなくなりました。チューブ購入時には注意しましょう。

とにかくポンピングが軽いので、7barまで一気に入れられます。ホースに長さがあるので力が入る体勢をとりやすくなります。

クランプにはマジックテープで固定します。

ツールケースにも余裕で収まりました。

7位: 気圧ゲージ付きでU1500
GIYO GP-61S

第7位のGIYOGP-61S」は1500円以下という低価格ながら、ポンピングは上位製品に迫る軽さでした。

ヘッド内部のアダプターを付け替えることで仏式・米式を変更可能です。金口の固定が弱いのか、ポンピングが280回を超えるとたびたび外れるようになり、約5.7barで完全に空気が入らなくなりました。

GIYO
GP-61S

実勢価格:1303円
重量:120g(実測)
対応気圧:120psi(約8bar)
対応バルブ:仏式・米式

ポンピング

  • :
  • 100回時の空気圧: 2.97bar/43.2psi
  • 200回時の空気圧: 5.08bar/73.8psi
  • 300回時の空気圧: 5.16bar/74.9psi
  • 7bar充填までの回数: ×(5.72bar)

採点結果

  • 入る空気の量: 20/40pt
  • 入れやすさ: 22/40pt
  • 携帯しやすさ: 13/20pt
  • 合計: 55/100pt

ポンプは2段階に伸びます。200回までは上位に迫る空気圧でしたが、280回あたりから空気圧に負けてバルブから抜けてしまうことが増え、最終的に7barまで充填することができませんでした。

ゲージは数値はデュアルヘッド デジタルゲージより少し高めでした。単位は「psi」です。

本体が長めで、ポンプも伸びるため、回数が増えて重くなってくると押し込むのが大変でした。

専用クランプ込みの重量は137g(実測)。ツールケースには入りませんでした。

8位: 力が入れやすいT字ハンドル
クランクブラザーズ クリック HP

第8位はT字になるハンドルと、本体に内蔵されたホースが特徴のクランクブラザーズクリック HP」です。

組み立てると大きくポンピングしやすいですが、約4barで本体とホースをつなぐ磁石が外れてしまい、7barまでは入りませんでした。

クランクブラザーズ
クリック HP
実勢価格:4190円

サイズ:260mm
重量:128g
対応気圧:8bar
対応バルブ:仏式

ポンピング

  • :
  • 100回時の空気圧: 2.82bar/40.9psi
  • 200回時の空気圧: 3.95bar/57.4psi
  • 300回時の空気圧: 4.31bar/62.6psi
  • 7bar充填までの回数: ×(4.05bar)

採点結果

  • 入る空気の量: 14/40pt
  • 入れやすさ: 24/40pt
  • 携帯しやすさ: 10/20pt
  • 合計: 48/100pt

使用時にはハンドルをT字にし、本体に内蔵されているホースを取り付けます。本体とホースは磁石でつながりますが、磁力が弱めです。

金口はスクリューになっており、バルブにしっかり固定できました。ゲージは右が「bar」、左が「psi」です。ゲージは誤差が多少大きめ、数値はデュアルヘッド デジタルゲージより高めでした。

T字ハンドルで力は入れやすいのですが、ホースにゲージが付いているため片手がスプロケットにふれそうな位置になってしまうのは残念でした。

長さは260mmと10製品中最長。ツールケースには収まりません。

9位: ホースで仏式・米式両対応
Lezyne POCKET DRIVE

第9位はLezynePOCKET DRIVE」です。全長140mmとコンパクトながら、携帯時は本体に内蔵できるホースによって、しっかり力を入れてポンピングできました。

重さも100gを切る79gです。ホースの装着方向によって仏式と米式を変更できるのが便利です。

Lezyne
POCKET DRIVE
実勢価格:6468円

サイズ:140mm
重量:79g
対応気圧:11bar
対応バルブ:仏式/米式

ポンピング

  • :
  • 100回時の空気圧: 1.78bar/25.9psi
  • 200回時の空気圧: 3.41bar/49.5psi
  • 300回時の空気圧: 5.01bar/72.8psi
  • 7bar充填までの回数: 480回

採点結果

  • 入る空気の量: 7/40pt
  • 入れやすさ: 20/40pt
  • 携帯しやすさ: 19/20pt
  • 合計: 46/100pt

ホースは本体内に収納されていて、取り付ける向きによって仏式と米式に対応します。

左が仏式、右が米式です。

本体はコンパクトですがホースのおかげで力を入れやすい体勢で、しっかり空気を充填できます。ポンピングも3barくらいまでは余裕がありましたが、そこから7barまでは何度も休憩が必要でした。

クランプにはマジックテープで固定します。ツールケースに入れても場所をとりません。

10位: 手のひらに収まるコンパクト
air bone Supernova Pump

全長99mm、重さ59gと10製品でも群を抜いてコンパクトだったのが第10位のair boneSupernova Pump」です。

専用クランプでフレーム取り付けが可能なのはもちろん、小さめのツールケースやサドルバッグにも収まります。

この小ささは魅力ですが、テストでは約6bar、560回ポンピングしたところで重くてポンピングできなくなりました。

air bone
Supernova Pump
実勢価格:2052円

サイズ:99mm
重量:59g
対応気圧:7bar
対応バルブ:仏式

ポンピング

  • :
  • 100回時の空気圧: 1.12bar/16.3psi
  • 200回時の空気圧: 2.50bar/36.3psi
  • 300回時の空気圧: 3.72bar/54.0psi
  • 7bar充填までの回数: ×(6.15bar)

採点結果

  • 入る空気の量: 3/40pt
  • 入れやすさ: 16/40pt
  • 携帯しやすさ: 20/20pt
  • 合計: 39/100pt

金口は別パーツとなっていて、使用時に取り付けます。

金口にはスクリューがあり、バルブにしっかりと固定できます。

一度に入る空気量が少ないためか200回まではあまり力をかける必要はありません。大変なのは400回を超えてから。1回押し込むごとにかなりの力が必要になりました。 

サイズ・軽さ・デザイン etc.
選ぶポイントを決めましょう

いかがでしたでしょうか。実際に使ってみるまでは7barまで空気が入るのか不安でしたが、7製品がクリアするという上々の結果になりました。総合的な評価で勝ったのは「エアフレックスレーサー ブラック」でしたが、特に第6位まではどれを選んでも外れはありません。

7bar充填までの回数ランキング

  • 製品名: 回数
  • 【1】ローディー DA-G: 300回
  • 【2】エアフレックスレーサー ブラック: 320回
  • 【3】ローディーTT ミニ: 340回
  • 【4】スーパーマイクロポンプ: 380回
  • 【5】マジックポンプ ゲージ付きモデル: 380回
  • 【6】BMP-23AEZ-B: 400回
  • 【7】POCKET DRIVE: 480回
  • Supernova Pump: 未達成(6.15bar)
  • GIYO GP-61S: 未達成(5.72bar)
  • クリック HP: 未達成(4.05bar)

なお、どうしても空気が入れにくい場合には、補助チューブを使うと解消できることもあります。

グランジ
ポンプアダプター
(上)
実勢価格:742円
サイズ:350mm
ポンプ側バルブ:仏式
自転車側バルブ:仏式/米式

TRISPORTS
お助けチューブ
(下)
実勢価格:779円
サイズ:200mm
ポンプ側バルブ:米式
自転車側バルブ:仏式

形状やサイズなど、重視したいポイントを決めてサイクリングの相棒を選んでください。