ホーム防水スプレーとは?

防水スプレーとは? 防水スプレーおすすめ イメージ

もうすぐ訪れる梅雨の季節。雨に濡れて服はビショビショ、革靴にはシミができ、白かったキャンバス地のスニーカーは泥水で灰色に変色……。考えただけでも、気分がダウンしますよね。

しかも、夏が到来すれば、突然の雷雨に見舞われることも多くなるでしょう。

防水スプレーとは? 防水スプレーおすすめ イメージ2

そこでおすすめなのが、衣類や靴などに使える防水スプレーです。

防水スプレーの主な効果は、ずばり水を弾くこと。雨から守りたい服や靴、カバンに吹きかけるだけで、水を弾いて内側に染み込まなくなります。

また、表面がコーティングされるため、汚れ防止の効果も期待できます。運動靴に使うのもおすすめ。

防水スプレーとは? 防水スプレーおすすめ イメージ3

とはいえ、いざ購入となると、似たようなパッケージの製品が何種類も販売されており、どれが本当に良いのか迷いませんか?

でも、防水スプレーも用途に応じた種類があり、使い方を間違えるとシミになってしまうことも。

防水スプレーとは? 防水スプレーおすすめ イメージ4

そこで雑誌『MONOQLO』が、人気の防水スプレー13製品をピックアップし、しっかり水を弾いて使いやすいものを探しました。また、選び方も解説します。

ホーム防水スプレーのメリットは?

防水スプレーのおすすめの紹介や選び方の前に、まずは防水スプレーのメリットとデメリットをおさえましょう。

メリット

防水スプレーのメリットはまず先ほどもご紹介したように、衣類や靴などから雨を弾くということです。また、汚れ防止の効果もあり、季節問わずにいつでも使えるのが特徴です。

また、簡単に使えることもメリット。ニクワックスをはじめとした撥水剤なども防水スプレーと同様の効果を持ちますが、手間がかかります。

その一方、防水スプレーは手軽なのに一定以上の撥水効果を持ちます。家庭でもできる貴重な撥水処理が、防水スプレーなのです。

デメリット

防水スプレーのデメリットは、防水スプレーに含まれている液体のすべてが防水に有効な成分ではないということと関連しています。

使用する際、ガスをはじめとした防水に有効ではない成分をに吸い込んでしまった場合、健康にリスクを伴います。

こうしたリスクを考慮しながら、安全に取り扱うようにしましょう。

ホーム防水スプレーの選び方は?

防水スプレーの選び方は? 防水スプレーおすすめ イメージ

防水スプレー選びに重要なのは「防水スプレーで何を雨から守りたいのか?」ということ。

守りたいモノの素材によって、防水スプレーの成分との相性があります。

次に紹介する3つの注意点を参考に、素材や用途に合わせた製品選びを心がけましょう。

選び方1:使用するアイテムに適しているか

防水スプレーには対象の素材とスプレーとの相性、向き不向きがあります。そこで、それぞれの素材に合わせて防水スプレーを選ぶことが肝になります。

衣類は布地用、革靴は皮革用、ゴアテックスは透湿防水生地用の防水スプレーを選ぶことがおすすめです。

注意点1:防水と撥水の違い

注意点1:防水と撥水の違い 防水スプレーおすすめ イメージ

防水スプレーには、防水と撥水(はっすい)の2つのタイプがあります。

防水

素材の表面に皮膜を作り、繊維を上からカバー。通気性は低下してしまいますが、完全に水をシャットアウトします。

ゴムのようにすき間なくコーティングするイメージです。

撥水

水より細かい成分が繊維に浸透することで、繊維の目をふさがず通気性を保ったまま水を弾きます。拭き取ることもできますが、押し付けるなどの圧力をかけると内側に染み込んでしまうので注意が必要。

ただ、ややこしいことに、メーカーによって防水と撥水の定義は曖昧になっているのが実情です。

注意点2:シリコン系を革靴に使うのはNG

注意点2:シリコン系を革靴に使うのはNG 防水スプレーおすすめ イメージ

防水スプレーに使用されている撥水剤の成分は、大別して2つのタイプがあり、シリコン系フッ素系に分けられます。

このシリコン系とフッ素系の素材との相性をしっかりと守ることで、大事な服や靴を台無しにせず、雨から守ることができるんです。

フッ素系のメリット・デメリット
フッ素系のメリット・デメリット 防水スプレーおすすめ イメージ

フッ素系のメリット

通気性を保つため、天然皮革や人工皮革系の靴や布系製品全般に使用できる傾向にあります。

フッ素系のデメリット

雨を弾く効果の持続力は低いです。また、原料費が高いのでシリコン系よりも値段が高め。

シリコン系のメリット・デメリット
シリコン系のメリット・デメリット 防水スプレーおすすめ イメージ

シリコン系のメリット

フッ素系よりも持続力が高く、値段が比較的安いです。

シリコン系のデメリット

素材の表面をコーティングすることにより、通気性が低下してしまうため、ゴアテックス素材では長所を生かしにくくなってしまいます。また、革製品はシミになってしまうこともあり注意が必要です。

心配な方は商品裏側の使用用途とともに、成分表示を確認して選ぶようにしましょう。

注意点3:噴射範囲にも素材との相性がある

注意点3:噴射範囲にも素材との相性がある 防水スプレーおすすめ イメージ

防水スプレーには、製品によって噴射範囲に違いがあります。雨から守りたいモノのサイズを加味して選びましょう。

今回のテストでは噴射範囲も検証したので、ぜひ参考にしてみてください。

狭い噴射範囲:靴などの小物向け
狭い噴射範囲:靴などの小物向け 防水スプレーおすすめ イメージ

靴やカバンなどは、噴射範囲の狭いスプレーの方が内容する薬液をムダなく噴霧できます。周りも汚しません。

広い噴射範囲:衣類などの大物向け
広い噴射範囲:衣類などの大物向け 防水スプレーおすすめ イメージ

噴射範囲が広い場合は衣類向き。ただし、まんべんなくスプレーできるからといって、サッとひと吹きは禁物です。

選び方2:速乾性は高いか

防水スプレーの撥水効果を十分に発揮させるためには、スプレーした部分が完全に乾く必要があります。つまり速乾性が高ければ高いほど便利で使いやすいといえるでしょう。

防水スプレーによっては乾燥時間が1分程度だったり、24時間かかるものもあったりとさまざまです。

急な雨で防水スプレーをかけたけど、乾かなかったからビショビショに…なんて事態を避けるためには、速乾性が高い防水スプレーを選ぶようにしましょう。

選び方3:効果は長持ちするか

効果がどのくらい続くか、という点も重要なポイントです。防水スプレーは摩擦に弱く、一度使用したら再び使用する前に防水スプレーをかけるのが一般的です。

しかし近年ではその必要が無いような、撥水効果が長持ちする防水スプレーも開発されています。どの程度撥水効果が続くのかは商品によって異なりますので、効果が長持ちするか確認しましょう。

ホーム防水スプレーの比較方法は?

今回、雑誌『MONOQLO』編集部は家電量販店をはじめ、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングなどでも販売されている、人気の防水スプレー13製品をピックアップ。

以下の3つの項目でテストしました。

テスト1:撥水力

テスト1:撥水力 防水スプレーおすすめ イメージ

LAB.360にて撥水力のテストを実施。スプレーをかけた帆布生地に一定量の水をかけて、水の弾き具合をみました。

テスト2:使い勝手

テスト2:使い勝手 防水スプレーおすすめ イメージ

実際に何度もスプレーし、プッシュしやすさをチェック。ニオイがキツくないかなどもみました。

テスト3:噴射範囲

テスト3:噴射範囲 防水スプレーおすすめ イメージ

一定距離から1プッシュしたときの噴射範囲を測定。瞬時に見えなくなるものもあるため、瞬間を撮影しました。

それでは、テストで高評価となった順におすすめの防水スプレーをランキング形式で紹介します。

ホーム防水スプレーのおすすめは?

実際に使ってみてわかった、防水スプレーのおすすめランキングです。それぞれの項目を緑のボタンで並べ替えられるので、商品選びの参考にしてみてくださいね。

ランキングは項目名で並び替えられます
商品
A+評価
R&DM.モゥブレィ プロテクターアルファ
防水スプレーおすすめ R&D M.モゥブレィ プロテクターアルファ イメージ
4.75
300ml
A評価
アイガーテック防水スプレー
防水スプレーおすすめ アイガーテック 防水スプレー イメージ
4.50
430ml
A評価
SUN UP強力防水スプレー
防水スプレーおすすめ SUN UP 強力防水スプレー イメージ
4.25
420ml
A評価
スリーエム3M 防水スプレー
防水スプレーおすすめ スリーエム 3M 防水スプレー イメージ
4.25
300ml
A評価
ロゴス強力防水スプレー
防水スプレーおすすめ ロゴス 強力防水スプレー イメージ
4.25
420ml
B評価
DABLOCKS防水スプレー
防水スプレーおすすめ DABLOCKS 防水スプレー イメージ
3.75
420ml
B評価
コパ・コーポレーションスパイダーコーティング
防水スプレーおすすめ コパ・コーポレーション スパイダーコーティング イメージ
3.50
420ml
B評価
ロックタイト超強力防水スプレー
防水スプレーおすすめ ロックタイト 超強力防水スプレー イメージ
3.25
420ml
C評価
木原産業ギガバリア
防水スプレーおすすめ 木原産業 ギガバリア イメージ
2.75
420ml
C評価
THE NORTH FACETNFケア ウォータープルーフスプレー
防水スプレーおすすめ THE NORTH FACE TNFケア ウォータープルーフスプレー イメージ
2.50
130ml
D評価
モリトis-fit ハイドロスプラッシュ
防水スプレーおすすめ モリト is-fit ハイドロスプラッシュ イメージ
2.00
180ml
D評価
タラゴハイテックナノプロテクター
防水スプレーおすすめ タラゴ ハイテックナノプロテクター イメージ
2.00
250ml
D評価
セメダイン防水スプレー
防水スプレーおすすめ セメダイン 防水スプレー イメージ
1.75
420ml

A+評価【1位】R&D「M.モゥブレィ プロテクター アルファ」

  • R&DM.モゥブレィ プロテクターアルファ
  • 実勢価格: ¥1,912

総合評価: 4.75

 
撥水力
 5.00
使い勝手
 5.00
噴射範囲(直径cm)
 4.00

しっかり水を弾いて使いやすい モゥブレィがあれば間違いなし!

防水スプレーのおすすめランキングで1位となり、ベストバイを獲得したのはA+評価のR&D「M.モゥブレィ プロテクター アルファ」でした!

撥水力がとにかく優秀です! 噴射ムラもなく、防水スプレー特有のニオイも控えめで残りにくく、使いやすい! 王者の風格を見せてくれました。

これ1本持っておけば安心です。

おすすめポイント
  1. ガッツリ水を弾く
  2. スプレー面積がほどよく大きい
  3. ニオイがキツくない
容量
300ml
松下和矢
LAB.360(ラボドットサンロクマル)室長
松下和矢 のコメント

撥水力が優秀でした。

【撥水力】大量の水をしっかり弾く!

【撥水力】大量の水をしっかり弾く! 防水スプレーおすすめ イメージ

スプレーなしでは水が染みこんでびっしょり。

【撥水力】大量の水をしっかり弾く! 防水スプレーおすすめ イメージ2

水が染み込みやすい帆布(キャンバス)生地で撥水力をテストしたところ、ベストバイに輝いたモゥブレィを吹きつけた箇所は水滴がポロポロと玉になって転がり、強力な撥水効果が証明されました。

噴射のムラもほぼ見当たらず、布の表面・裏面ともにサラサラに乾いた状態を保ちました。

松下和矢
LAB.360(ラボドットサンロクマル)室長
松下和矢 のコメント

小さく立体的な水滴は撥水力が高い証しです。

【使い勝手】軽い力でラクラクスプレーできる

【使い勝手】軽い力でラクラクスプレーできる 防水スプレーおすすめ イメージ

軽い力で楽にプッシュできます。革や布など幅広い素材に対応しているので、防水スプレーはこれ1本持っておけば大丈夫!

ただし、50cm以上離して3回スプレーし30分以上放置する必要があるため、出かける直前はNGなので注意が必要です。

【噴射範囲】一度に広範囲にかかって疲れにくい

【噴射範囲】一度に広範囲にかかって疲れにくい 防水スプレーおすすめ イメージ
  • 噴射範囲(直径):10.0cm

上の画像の通り、1プッシュで広範囲をカバーし、かつムラなくしっかりスプレーできました。

防水したいアイテムに効率よく満遍なくスプレーでき、かつ防水スプレー特有のツンとするニオイも控えめなのでストレスなく使えます。

A評価【2位】EIGERTEC「防水スプレー」

  • アイガーテック防水スプレー
  • 実勢価格: ¥2,950

総合評価: 4.50

 
撥水力
 4.00
使い勝手
 5.00
噴射範囲(直径cm)
 5.00

噴射範囲は13製品中最大

防水スプレーのおすすめランキング第2位は、A評価のEIGERTEC(アイガーテック)「防水スプレー」でした!

握るタイプのスプレーで、疲れにくく、噴射範囲も最大。プラ製なので、使い切ったあとゴミに出しやすいです。

広範囲を防水したい人におすすめです。

おすすめポイント
  1. 噴射範囲が最大
  2. プラ製でゴミ処理が楽
容量
430ml

撥水力

撥水力 防水スプレーおすすめ イメージ

水滴にならない水分がやや残りましたが、撥水力はまずまずでした。なお、破線の緑の丸は、スプレーのおおよその噴射範囲を示しています(以降の検証結果でも同様)。

噴射範囲(直径)

  • 15.5cm

A評価【同率3位】SUN UP「強力防水スプレー」

  • SUN UP強力防水スプレー
  • 実勢価格: ¥556

総合評価: 4.25

 
撥水力
 5.00
使い勝手
 3.00
噴射範囲(直径cm)
 4.00

効率よく噴射できる

防水スプレーのおすすめランキング第3位は、A評価のSUN UP「強力防水スプレー」でした!

1プッシュでたくさん出るので効率よく噴射できます。

ドライクリーニングが必要な特殊素材意外に使えます。

おすすめポイント
  1. 1プッシュでたくさん出る
  2. 特殊素材意外に使える
容量
420ml
型番
SW-420

撥水力

撥水力 防水スプレーおすすめ イメージ

水滴が玉になって弾き、撥水力は申し分ありません。

噴射範囲(直径)

  • 11.0cm

A評価【同率3位】スリーエム「防水スプレー」

  • スリーエム3M 防水スプレー
  • 実勢価格: ¥840

総合評価: 4.25

 
撥水力
 5.00
使い勝手
 3.00
噴射範囲(直径cm)
 4.00

撥水力・速乾性に優れる

A評価の3M(スリーエム)「防水スプレー」は防水スプレーのおすすめランキングで同率3位となりました。

撥水力はばっちりで、速乾機能もうれしい! 白い布製カバンや布靴などには使用できないので、注意が必要です。

外出前の使用や突然の雨などにおすすめです。

容量
300ml
型番
SG-S300

撥水力

撥水力 防水スプレーおすすめ イメージ

噴射範囲はしっかり水を弾き、裏面にも染みませんでした。

噴射範囲(直径)

  • 12.0cm

A評価【同率3位】ロゴス「強力防水スプレー」

  • ロゴス強力防水スプレー
  • 実勢価格: ¥999

総合評価: 4.25

 
撥水力
 4.00
使い勝手
 4.00
噴射範囲(直径cm)
 5.00

バランスのいい防水スプレー

A評価のLOGOS(ロゴス)「強力防水スプレー」も防水スプレーのおすすめランキングで3位でした。

1本でテント1張分をうたう製品。撥水力、使い勝手、噴射範囲のバランスが取れており、合格点といえます。

撥水力だけでなく、使い勝手も重視する人におすすめです。

容量
420ml
型番
84960001

撥水力

撥水力 防水スプレーおすすめ イメージ

水滴の玉はできませんが、裏面への浸透はありませんでした。

噴射範囲(直径)

  • 14.0cm

B評価【6位】DABLOCKS「防水スプレー」

  • DABLOCKS防水スプレー
  • 実勢価格: ¥1,680

総合評価: 3.75

 
撥水力
 3.00
使い勝手
 4.00
噴射範囲(直径cm)
 5.00

B評価のDABLOCKS「防水スプレー」は防水スプレーのおすすめランキングで6位となりました。

上下によく振ってから使用します。軽い力でよく出ますが、水が玉になって弾くことはありませんでした。

容量
420ml

撥水力

撥水力 防水スプレーおすすめ イメージ

布の表面に薄く水が広がりましたが、染みるほどではないです。

噴射範囲(直径)

  • 13.5cm

B評価【7位】コパ・コーポレーション「スパイダーコーティング」

  • コパ・コーポレーションスパイダーコーティング
  • 実勢価格: ¥1,980

総合評価: 3.50

 
撥水力
 3.00
使い勝手
 4.00
噴射範囲(直径cm)
 4.00

B評価のコパ・コーポレーション「スパイダーコーティング」は防水スプレーのおすすめランキングで7位となりました。

噴射の勢いはやや弱めです。しかし、液ダレせずに必要な範囲をしっかりカバー。

軽い力でスプレーできます。

容量
420ml

撥水力

撥水力 防水スプレーおすすめ イメージ

噴射によるムラが大きく、効果はいまいち奮いませんでした。

噴射範囲(直径)

  • 9.5cm

B評価【8位】ロックタイト「超強力 防水スプレー」

  • ロックタイト超強力防水スプレー
  • 実勢価格: ¥591

総合評価: 3.25

 
撥水力
 3.00
使い勝手
 3.00
噴射範囲(直径cm)
 4.00

B評価のロックタイト「超強力 防水スプレー」は防水スプレーのおすすめランキングで8位となりました。

スプレー時に若干液ダレします。

ドライクリーニングできない素材などの特殊素材以外に使用できます。

容量
420ml
型番
DBS-422

撥水力

撥水力 防水スプレーおすすめ イメージ

ややムラがあり、一部分は裏まで水が浸透してしまいました。

噴射範囲(直径)

  • 13.0cm

C評価【9位】木原産業「ギガバリア」

  • 木原産業ギガバリア
  • 実勢価格: ¥1,100

総合評価: 2.75

 
撥水力
 2.00
使い勝手
 3.00
噴射範囲(直径cm)
 4.00

防水スプレーのおすすめランキング9位は、C評価の木原産業「ギガバリア」でした。

エナメルや毛皮等の特殊素材以外に幅広く対応します。しかし肝心の撥水効果が頼りなく、液が垂れてしまうことも。

容量
420ml
型番
GIGA

撥水力

撥水力 防水スプレーおすすめ イメージ

うっすら水の膜が表面に生じ、裏面にも浸透していました。

噴射範囲(直径)

  • 11.5cm

C評価【10位】THE NORTH FACE「TNFケア ウォータープルーフスプレー」

  • THE NORTH FACETNFケア ウォータープルーフスプレー
  • 実勢価格: ¥1,227

総合評価: 2.50

 
撥水力
 2.00
使い勝手
 2.00
噴射範囲(直径cm)
 4.00

防水スプレーのおすすめランキング10位は、C評価のTHE NORTH FACE「TNFケア ウォータープルーフスプレー」でした。

ニオイがキツめです。撥水力も低くて噴射のムラがあり、かつコスパもいまいち。

正直おすすめしません。

容量
130ml
型番
NN32243 TB

撥水力

撥水力 防水スプレーおすすめ イメージ

噴射のムラがひどく、裏面まで水が浸透してしまいました。

噴射範囲(直径)

  • 12.0cm

D評価【同率11位】モリト「is-fit ハイドロスプラッシュ」

  • モリトis-fit ハイドロスプラッシュ
  • 実勢価格: ¥1,200

総合評価: 2.00

 
撥水力
 1.00
使い勝手
 3.00
噴射範囲(直径cm)
 3.00

防水スプレーのおすすめランキング11位は、D評価のモリト「is-fit ハイドロスプラッシュ」でした。

噴射範囲が狭く、ツンとくるニオイが不快です。

また天然素材には適していないので注意が必要です。

容量
180ml

撥水力

撥水力 防水スプレーおすすめ イメージ

スプレーしたはずなのにほぼ水が染みてしまいました。

噴射範囲(直径)

  • 7.5cm

D評価【同率11位】タラゴ「ハイテック ナノプロテクター」

  • タラゴハイテックナノプロテクター
  • 実勢価格: ¥1,650

総合評価: 2.00

 
撥水力
 1.00
使い勝手
 2.00
噴射範囲(直径cm)
 4.00

D評価のTarrago(タラゴ)「ハイテックナノプロテクター」は防水スプレーのおすすめランキングで同率11位となりました。

ニオイがキツく、噴射した箇所がわかりにくいです。スムースレザーや起毛革、布製品等に対応しています。

容量
250ml
型番
ccare008

撥水力

撥水力 防水スプレーおすすめ イメージ

水が貫通してしまい、撥水力はゼロに近いと言えます。

噴射範囲(直径)

  • 10.0cm

D評価【13位】セメダイン「防水スプレー」

  • セメダイン防水スプレー
  • 実勢価格: ¥792

総合評価: 1.75

 
撥水力
 1.00
使い勝手
 3.00
噴射範囲(直径cm)
 2.00

防水スプレーのおすすめランキング13位は、D評価のセメダイン「防水スプレー」でした。

撥水効果はほぼなく、噴射範囲も最小。たくさんかけたところで、防水してくれないのでは意味がありません。

容量
420ml
型番
HC-010

撥水力

撥水力 防水スプレーおすすめ イメージ

撥水効果はほぼなく、かけた水はほぼ浸透してしまいました。

噴射範囲(直径)

  • 6.0cm

ホームまとめ:王者モゥブレィなら急な雨でも安心

以上、防水スプレーのおすすめランキング13選でした。

防水スプレーの新たな王者を求め7年ぶりにテストしたところ、1位に輝いたのは今回もR&D「M.モゥブレィ プロテクターアルファ」。撥水力がとにかく優秀でした。

撥水力のテストでは小さい水滴が確認でき、強力な撥水効果を発揮しました。使い勝手も優秀で、片手でシュッとかけるだけ。

噴射のムラもほぼありません。使わないと後悔する、防水スプレーのベストです!

ほかの製品は、ランキングの上位から見てロゴス「強力防水スプレー」までは一定の撥水力が見込めますが、それより下位の製品はおすすめできません。

テストをする前は、どれも水は弾くだろうし、使い勝手で違いが出るのではと思っていましたが、想像以上に「撥水力」に違いが出る結果となりました。

適当に買ったスプレーで防水できているつもりでいたらもったいない! 少し古くなったお気に入りの傘にも新しい靴にも、ベストバイになったモゥブレィの防水スプレーをかけて、しっかり水から守りましょう。

防水スプレー選びにお困りの方は、本記事で紹介した商品詳細をぜひ参考にしてみてくださいね。

防水スプレーのおすすめ

防水スプレーのおすすめ 防水スプレーおすすめ イメージ

R&D
M.モゥブレィ
プロテクター アルファ

ホーム防水スプレーの売れ筋ランキングもチェック!

防水スプレーのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。