モデル:市川 咲さん

初めてのハンモックが成功する
たった3つのルール

初めてのハンモックが成功するたった3つのルール

名前や姿を見たことがあっても、実際に乗ったことはない。そんな都市伝説のようなアウトドアアイテムがハンモックです。

初心者的立場からすると、どのように吊るのか、どんなモデルを選べば良いのかがイマイチわかりにくく、実際も設営するとなると都合のよい場所を見つけることも難しいもの。

ですが、ここで紹介する3つのルールだけ憶えていただければ、どなたでもカンタンに奥深きハンモックの世界へ脚を踏み込めるのです!

ハンモックのルール①
スタンドを用意する

ハンモックを設営するにあたり、まず真っ先に困るのは「どこに置くの?」問題です。そもそもハンモックを吊るのに適した場所というのは、かなり限られます。特に初心者ならば設置場所を見つけるのにもひと苦労で、もういいや、と投げ出してしまいがちです。

……ですが! こちらのスタンドを使ってしまえばこと足りてしまうのです! ここでは2タイプのスタンドをご紹介しますので、まずはご覧下さい。

ハンモックのルール①スタンドを用意する
ハンモック:アウトドア:睡眠:キャプテンスタッグ:スチールボール:ハンモックスタンドⅡ UD-2005

キャプテンスタッグ
スチールポール
ハンモックスタンドll UD-2005
実勢価格:6557円

もうコレさえあれば近所の公園だろうがビーチだろうが、どこででもハンモックを楽しめるという自立式スタンドです。設営もカンタンで安定感もバッチリ。ちなみに、室内でもハンモックを吊るせます。

ただし、約9.5kgという重量とハンモックとのサイズ合わせが必要ですので、その点はご注意を。(※下記で紹介するハンモック本体なら問題ありません)

ハンモックのルール①スタンドを用意する
ハンモック:アウトドア:睡眠:キャプテンスタッグ:バイヤー:ハンモックスタンド

バイヤー
ハンモックスタンド
実勢価格:9900円

ハンモックの一方を木や柱に結び、もう片方をこのスタンドで支えるタイプです。設置する場所に困ることは少ないですが、ペグを打ったり、微妙なバランス調整が必要だったりと、はじめのうちは戸惑うことが多いかもしれません。

ですが、先述の「スチールポール ハンモックスタンド」よりめちゃくちゃ軽い(約3kg)ので、持ち運びはラクです。


両タイプともに一長一短がありますが、いずれにしても「ハンモックを置く場所がない」という最大のトラブルは避けられます。

ちなみに、ベテランキャンパーの中では後者の片支柱タイプの方が評判が良いようです。下記のツリーウェアを併用すると、木を傷つける恐れがもズリ落ちる心配も激減しますのでオススメです。

ハンモックのルール①スタンドを用意する
ハンモック:アウトドア:睡眠:キャプテンスタッグ:キボン:ツリーウェア

ギボン
ツリーウェア(2枚組)
実勢価格:2243円

ハンモックのルール②
くつろぐ形を決める

いよいよハンモック本体のお話です。原産国の違いやポケット&バーの有無など細かい要素もあるのですが、カンジンなのは「形状」と「素材」です。

特に、ハンモックの形状は「カジュアルにくつろぐことを目的としたもの」「キャンプなどで本格的に寝ることを目的としたもの」とで分かれます。

これは実際に7製品のハンモックをテストして分かったのですが、ハンモックをふたつ折にして長方形に近い形状のものはカジュアルにくつろぐのに適し、中央が膨らむものほど体が深く包み込まれるので深く睡眠を取るのに適しています。

ちょっとわかりにくいので図にしました。

ハンモックのルール②くつろぐ形を決める

カジュアル派ハンモックが良いのは、くつろぐ姿勢がつくりやすいという点にあります。ハンモックは、下記の写真のようにななめに寝そべるのが正しい姿勢です。

ハンモックのルール②くつろぐ形を決める

このスタイルをつくりやすいのは、長方形のカジュアルタイプです。初心者の方はこちらをオススメします。

ちなみに、格安のハンモックにありがちな「編み目が大きいタイプ」はオススメしません。

ハンモックのルール②くつろぐ形を決める

体に網が食い込んでしまいますし、安定性も低いのです。

ハンモックのルール③
長さを調整する道具を使う

ハンモックを使いこなすうえで、もっとも地味、かつ重要なのがコレ。

ハンモックのルール③長さを調整する道具を使う
ハンモック:アウトドア:睡眠:キャプテンスタッグ:ラ シエスタ:ハンモック用 フィクシングセット ツリーローブ

ラ シエスタ
ハンモック用 フィクシングセット ツリーロープ
実勢価格:2888円

先述した自立式スタンドを用いる場合は必要ありませんが、ハンモックの片方、あるいは両方を木や柱に結ぶ際は、長さを調整できるロープを使うとたいへん便利です。

ハンモックを吊るしたはいいけど「長過ぎて地面についてしまった」「ぴちぴちに張りすぎてくつろげない」というトラブルが解消されます。縁の下の力持ち的アイテムですので、初心者にこそ必要度が増すアイテムです。

以上、初心者向けハンモックアイテムのご紹介でした。


ちなみに、個人的な話で申し訳ございませんが、私、過去に「日本中にハンモックを普及したい」と考えたことがあるくらいハンモックにドハマりした時期がございました。

軽い音楽を流しながら手元にビールを用意し、あのゆらゆらとしたゆる~い感覚を味わえば、必ず同意していただけるかと思います。

ただし
①ハンモックは斜めに寝そべること:垂直に寝転がると腰に体重がかかります。
②低い位置に吊るすこと:高い位置に吊るす必要はありません。第一危ないです。地面スレスレの高さがベストです。

以上、2点だけにはご注意ください!


360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。