文房具柔らかい雰囲気が特徴の
「水性ボールペン」に注目しました

数多くの種類があるボールペンですが、その中でも「水性ボールペン」はちょっと特別な存在です。溶剤に水を使っているので、滲みやすかったり、乾燥対策をしないとすぐ書けなくなってしまったりと、日常のオフィスなどでは少し使いづらい面もあるかもしれません。

画像はイメージです。

ただし、その分ほかのボールペンにはない、柔らかい雰囲気が特徴で、サラサラとした書き味も魅力。万年筆のような雰囲気と言われることもあります。

ということで今回は、「水性ボールペン」5製品をランキング形式でご紹介します。

◎「油性・エマルジョンタイプ」はコチラ
文具のプロが厳選!
「油性ボールペン」美文字が叶う15製品採点


◎「ゲルタイプ」はコチラ
プロが認めた「本当に書きやすい」
ゲルインクボールペンはこれ!【11製品採点】

文房具書き味や速乾性
デザインなども採点しました

今回も、検証にご協力いただいたのは、文具プランナーの福島槙子さんと書道学博士の根本知さんのお二人です。

写真左:書道学博士/根本 知さん
写真右:文具プランナー/福島槙子さん

文具の専門家と文字の専門家に評価とは別に、和紙にも書けるか、スベリの良さ、紙へのつっかりはないかなどもチェックしていただきました。評価項目は以下のようになります。

【評価項目】
評価は以下の5項目で、合計100点満点で採点しました。

それでは結果をご覧ください!

記事1位BEST[1位] 水性だけどノック式で
持ちやすい!

水性インクでは珍しいノック式で、キャップの煩わしさがありません。グリップがゴムなので持ちやすさも抜群。書き味もなめらかで、水性なら断然オススメの1本です。

パイロット:Vボール RT(極細) 0.5mm:ボールペン

パイロット
Vボール RT(極細) 0.5mm
実勢価格:162円

【評価項目】

●総合点:93点

Vボール RTで書いた文字です。

記事2位BEST[2位] ヌルっとした重めの
書き味が特徴

ニードルポイントでペン先は見やすいです。ただ、ヌルッとした書き味で、やや重く感じるので好みが分かれそう。ベストの「Vボール」ほどではありませんが、グリップ部分がゴムで握りやすいです。

パイロット:ハイテック ポイントV5グリップ  0.5mm:ボールペン

パイロット
ハイテック ポイントV5グリップ 0.5mm
実勢価格:216円

【評価項目】

●総合点:85点

ポイントV5グリップで書いた文字です。

記事3位BEST[3位] 書き味はいいのに
持ちづらいのが残念

水性インクで温かみのある文字が書けます。ペン先もしっかり止まるので、トメ、ハネがキレイに表現できて文句ナシの書き味ですが、指が本体の段差に当たるので持ちにくいのが難点。

三菱鉛筆:ユニボール アイ 0.5mm:ボールペン

三菱鉛筆
ユニボール アイ 0.5mm
実勢価格:162円

【評価項目】

●総合点:82点

ユニボール アイで書いた文字です。

記事3位BEST[3位] 繊細な線が書けて
安っぽくない

「ユニボール アイ」と似た書き味で、こちらのほうが紙への摩擦が少し多い感じです。

握った時に手がやや滑りますが、繊細な線もキレイに書けます。真っ黒なボディが安っぽさを消しているのがウレシイ!

パイロット:Vコーン 0.5mm:ボールペン

パイロット
Vコーン 0.5mm
実勢価格:108円

【評価項目】

●総合点:82点

Vコーンで書いた文字です。

5位: [5位] しっかり書けて
堂々とした字になる

筆圧によって線の太さが変わる高機能ペンです。速乾性が低くにじみやすいので注意が必要ですが、太くしっかり書けるので、字が下手な人でも堂々とした文字に見えます。

三菱鉛筆:ユニボール エア 0.5mm:ボールペン

三菱鉛筆
ユニボール エア 0.5mm
実勢価格:216円

【評価項目】

●総合点:79点

ユニボール エアで書いた文字です。


以上、水性のボールペン全5種類のランキングをご紹介しました。これを機にぜひこだわって選んでみてください。

◎「油性・エマルジョンタイプ」はコチラ
文具のプロが厳選!
「油性ボールペン」美文字が叶う15製品採点


◎「ゲルタイプ」はコチラ
プロが認めた「本当に書きやすい」
ゲルインクボールペンはこれ!【11製品採点】