文房具見た目も機能性も譲れない!
…ならばコレがオススメです

文房具売り場に行くと見た目のかわいいペンがいっぱいあって、見ているだけでワクワクしちゃいますよね!

でも一目惚れして購入したものの、実際に使ってみたら「インクがすぐかすれる」とか「グリップが持ちにくい」とか、使い勝手がイマイチでガッカリすることも……。

そこで編集部ではデザイン性にすぐれたペン25本を集め、その使いやすさを文房具のプロと一緒にチェックしてみました。今回はその中から「ボールペン8製品」のテスト結果をご紹介したいと思います。

【チェック項目はコチラ】

①書き味
ペンにとってもっとも重要な「書き味」をチェックするため、ブレずに書けるか、インクはかすれないかなどを確認しました。

②仕上がり
書いた文字やイラストの仕上がりをチェック。ハネ・トメなどの精度も細かく見てみました。

③売り文句
その商品が“売り”としている独自性に焦点を当て、それがちゃんと機能しているかをチェックしました。

それでは早速、テスト結果をご覧ください!

A評価【A評価】ユニボールは
キラキラ感が半端ないっ!

三菱鉛筆:ユニボール シグノ スパークリング:文房具

三菱鉛筆
ユニボール シグノ スパークリング
実勢価格:130円

※リンクは「ピンク」に飛びます

【A評価】ユニボールはキラキラ感が半端ないっ!

「ラメ2倍入り」という謳い文句通りでキラキラ感が半端ない! インクが水っぽいので多少の液だまりはありましたが、適度な太さで細字も書きやすかったです。

本体やクリップにもラメが施されていて見た目に高級感があります。このペンは持つだけでテンションアップ間違いなしです!

【A評価】ユニボールはキラキラ感が半端ないっ!

密度の高いラメが角度を変えるたびにキラキラと光り、手帳やノートのデコレーションに最適です。

A評価【A評価】細めのゲルタイプは
ジュースアップが一番オススメ

PILOT(パイロット):ジュースアップ 超極細 0.4mm:文房具

PILOT(パイロット)
ジュースアップ 超極細 0.4mm
購入価格:216円

※リンクは「ブラック」に飛びます

【A評価】細めのゲルタイプはジュースアップが一番オススメ

「ジュースアップ」はとにかく極細なのが特徴で、小さなスペースにも細かく書き込めます。シンプルながら見栄えのするデザインは、“カワイイ”というより“カッコイイ”といった感じで仕事用にオススメです。

【A評価】細めのゲルタイプはジュースアップが一番オススメ

ゲルインクボールペン「サラサ」と書き比べてみたところ、どちらも0.4mm芯なのに「ジュースアップ」の方が線が細めになりました。

A評価【A評価】カワイくて
速乾性抜群なエナージェル

ぺんてる:エナージェル クレナ:文房具

ぺんてる
エナージェル クレナ
実勢価格:274円

【A評価】カワイくて速乾性抜群なエナージェル

クラシカルなボーダーデザインがカワイくて、目を引くぺんてるの「エナージェル」。

ゲルインクタイプは滑らかに書ける半面、乾きにくいのが難点……。でも「エナージェル」はそこを見事にクリアしています。速乾性にすぐれているので、書いてすぐ手でこすってしまってもにじまず、手帳やノートを汚しません。

【A評価】カワイくて速乾性抜群なエナージェル

文字を書いた直後に指でこすってみましたが、「エナージャル」はまったくにじみが見られませんでした。インクが濃いめで文字がハッキリ見える点も◎!

B評価【B評価】書いた文字が
ぷっくり膨らむデコレーゼ

サクラクレパス:デコレーゼ:文房具

サクラクレパス
デコレーゼ
実勢価格:204円

※リンクは「ラメレッド」に飛びます

【B評価】書いた文字がぷっくり膨らむデコレーゼ

ペン先を押し付けるようにして書くと、中からインクがじわ~っと出てきて文字や絵がぷっくりとした感じになります。

頭でっかちなキャップはちょっとジャマかもしれませんが、細字も書きやすいので手帳やノートの彩りに最適です。ただし乾きにくいので、書いたあと手を触れないよう要注意です!

【B評価】書いた文字がぷっくり膨らむデコレーゼ

ミルキーやラメなど色数も豊富。紙のほかプラスチックやガラスなどにも使えます。

B評価【B評価】ぽってりした
ボディで握りやすさ◎!

サクラクレパス:ボールサインノック:文房具

サクラクレパス
ボールサインノック
実勢価格:153円

※リンクは「ローズピンク」に飛びます

【B評価】ぽってりしたボディで握りやすさ◎!

持ち手部分が太くなっているので、細身なのに持ちやすいです。クリップも小さめでペンケース内でかさばりません。

【B評価】ぽってりしたボディで握りやすさ◎!

書き味は普通といった感じですが、持ち手部分がぽてっとしているので握りやすさは◎。

B評価【B評価】自分好みの
サラサペンが作れます

ゼブラ:サラサセレクト 3色ホルダー:文房具

ゼブラ
サラサセレクト 3色ホルダー
実勢価格:162円

※替え芯:各108円

【B評価】自分好みのサラサペンが作れます

最近、流行りのセレクト式ボールペン。こちらは3色版ですが、5色版も用意されています。全23色のインクを好きに組み合わせて自分好みの「サラサペン」を作ることができます。

【B評価】自分好みのサラサペンが作れます

「サラサ」だけあって引っかかることなくスラスラと書けます。

B評価【B評価】書き味滑らか
パイロットのアクロボール

PILOT(パイロット):アクロボール Lシリーズ:文房具

PILOT(パイロット)
アクロボール Lシリーズ
実勢価格:305円

【B評価】書き味滑らかパイロットのアクロボール

「アクロボール」は“いかにも事務用品”といったイメージが強いですが、こちらのLシリーズは微細ラメ入りで女子力高め!

【B評価】書き味滑らかパイロットのアクロボール

独自のアクロインキで書き味は滑らか。タイヤパターンのグリップですべりにくい点もなかなかです。

B評価【B評価】高級感たっぷり!
ツタヤのオリジナル文房具

TSUTAYA(ツタヤ):へデラ ボールペン:文房具

TSUTAYA(ツタヤ)
へデラ ボールペン
実勢価格:486円

【B評価】高級感たっぷり!ツタヤのオリジナル文房具

ツタヤのPB文具「ヘデラ」はハイセンス&リーズナブル。「この質感で500円以下は安い!」とプロも驚くクオリティでした。ピンクゴールドの重量感のある素材が高見えします。

【B評価】高級感たっぷり!ツタヤのオリジナル文房具

女性でも握りやすい細身のボディで、書き味も合格点でした。

以上、ボールペン8製品比較でした。今回ピックアップした8品は“見た目重視”で選んだのですが、極端に使い勝手の悪いものはありませんでした。「これ気になる!」というアイテムがあったらぜひお試しください。