キッチン【Q1】コーヒーの
正しい保存方法って?

コーヒー豆は、冷凍保存が一番長持ちします。気をつけたいのは冷蔵庫に保管すると食物のニオイがつきやすく、コーヒーの重要な要素である香りに影響を及ぼすので注意しましょう

コーヒー豆や粉は大袋から出して、ジップ袋で密閉して保管がおすすめ。これなら、そのまま冷凍庫に入れることもできます。

インスタントコーヒーも、そのまま冷凍庫に入れて保管するのがいいでしょう。瓶でかさばる場合はジップ袋でもOKです。

キッチン【Q2】時間が経っても
風味が落ちない淹れ方は?

淹れて時間が経つと酸味が強くなってしまうコーヒーは、深煎りの豆を使うか、牛乳を入れることで酸味をごまかすことができます。

対策①:深煎りの豆を使う

酸味が弱い深煎り豆は、時間が経っても苦味でカバーできます。

対策②:牛乳を入れてカフェオレに

牛乳を入れることでまろやかになり、酸味をおさえることができます。

キッチン【Q3】水出しコーヒーって
どうやって淹れるの?

ティーバッグに挽き豆を入れ、水に浸けて半日置くだけで出来上がります。時間はかかりますが、基本放置するだけなので簡単に作れます。これからの季節にもおすすめの方法です。

【やり方】
1. ティーバッグにコーヒー粉を詰める

ティーバッグの中に、挽いたコーヒー豆を1Lあたり80g詰めて口を閉じます。

2. コーヒー粉入りティーバッグを水に浸ける

容器に水を入れ、コーヒー粉入りのティーバッグを浸けてフタをし、冷蔵庫に入れます。

3. 半日ほど放置しておく

半日ほど放置したら、水出しコーヒーの完成です。冷蔵庫に入れておけば2日間は美味しく飲めます。

キッチン【Q4】ドリップ時間を
短縮するウラ技ってない?

ホットコーヒーを淹れる時間がないときは、水出しコーヒーを沸かしてホットコーヒーにしましょう。忙しいときに便利な方法です。

【やり方】
1. 水出しコーヒーを沸かす

カフェなどの店舗でも仕込んでいる方法のアイスコーヒーは、時間が経っても劣化しづらいんです。

2. 飲むときにヤカンで沸かす

ホットコーヒーが素早く飲みたいときは、沸騰しない程度に温めれば、抽出の手間が省けます。

3. カップに注ぐだけ

飲む量だけカップに注げばわずか3分で完成! 残りはアイスコーヒーとして仕込んでおいてもいいでしょう。


以上、コーヒーの裏技4選をご紹介しました。特に冷凍庫に保存する方法はすぐ実践できるので、長持ちさせたいという方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。