スマートフォンデスクでからまるケーブルは
ケーブルクリップがオススメ!

スマホやタブレットごとに必要となるケーブルはデスクの上で、こんがらがったり、いざ使おうとしたら、お目当のものが見つからなかったり、床に落ちていたりしてイライラしちゃいますよね。

今回ご紹介するのは、そんなストレスを解消してくれるケーブルクリップ。Amazonで購入できる4製品をピックアップし、ケーブルの取付けやすさや、見た目などを徹底検証しました。

まずは、ベストバイになった優秀アイテムからご覧ください!

A評価【A評価】落ちないホールド力
磁気タイプのPhilonext

ケーブルクリップは、スマートに収納できてサッと使えるのがキモ。ベストに輝いたのは、磁石でくっつけるタイプのPhilonextです。着脱がスムーズでありながら、ホールド力も高く、放っておいても落ちません。

Philonext:磁気ケーブルクリップ(クルミの木)

Philonext
磁気ケーブルクリップ(クルミの木)
実勢価格:593円

マグネットの表面に木製を採用した、シックでオシャレなデザインもポイント。

使っていない時でも、しっかり固定されており、ケーブルを見失うことはありません。

A評価【A評価】小さめながら強力な
磁石で固定するSinjimoru

こちらも磁石でくっつけるタイプ。磁石は強力ですが、机側のバーが小さいので、狙いを定める必要があります。

Sinjimoru:Magnetic:Cable Holder2

Sinjimoru
Magnetic
Cable Holder2
実勢価格:1499円

ケーブルの着脱が手間なく簡単で便利です。

B評価【B評価】透明で目立たない
FISTE コードクリップ

粘着力の強い3Mシートで固定するタイプで、貼る場所を選びません。ケーブルを傷めずに引っかけられます。

FISTE:コードクリップ

FISTE
コードクリップ
実勢価格:980円

数か所に貼って、ちょっとひっかけるのには最適です。

C評価: 【C評価】はめ込みに力が必要
着脱がしにくいMAVEEK

ケーブルを穴にはめ込んで使うタイプ。取り付けは3Mの両面テープで貼ります。柔らかいTERゴム素材を採用しているので、弾力性がありますがパーツが大きいので、少々力も必要で、着脱しにくいのが難点です。

MAVEEK
ケーブルドロップ
実勢価格:999円

ケーブルドロップ自体は存在感があり、ちょっと邪魔になるかもしれません。


以上、ケーブルクリップ4製品の比較検証でした。なんといってもマグネットタイプのケーブルクリップが使いやすく、着脱も簡単なので高評価に。デスク周りをスッキリさせたいと思ったら、ぜひお試しください!