2021年のベストバイを発表! 「家電批評 オブ・ザ・イヤー」を解説

2021年も『家電批評』では大型家電や定番家電のほか、生活を楽にする家電にフォーカスするなど、さまざまな家電をテストしてきました。その中で、編集部が特に「買い」だと思ったおすすめの製品を「家電批評 オブ・ザ・イヤー」として発表します。

家電批評 オブ・ザ・イヤー2021

大切な人へのギフトに、そしてもちろんこの1年を頑張った自分へのご褒美に。ベストバイだらけの家電カタログを参考にしてみてください!

▼【家電批評 オブ・ザ・イヤー2021】記事はコチラ!

家電批評 オブ・ザ・イヤー2021の記事一覧

今回は、とにかく速くておすすめなWi-Fiルーターを紹介します。


2年連続で実測テスト最速!バッファロー
「WXR-6000
AX12S」

 
王冠アイコン

バッファロー
WXR-6000
AX12S
実勢価格:3万1221円

最大転送速度:5GHz 4803Mbps、2.4GHz 1147Mbps
無線LAN規格:11a/b/g/n/ac/ax

家電批評の比較テストで人気ジャンルのひとつである、Wi-Fiルーター。2021年は全65製品を比較しましたが、見事1位に輝いたのが、このバッファロー「WXR-6000 AX12S」でした。

▼テスト結果

  • 有線接続   :◎
  • つながりやすさ:◎
  • 転送速度   :◎

実測テストでは他製品を寄せ付けない通信速度を記録。家屋の1階や2階といった測定ポイントごとの通信速度を見てもばらつきが少なく、速さの面では一歩も二歩も抜きん出た結果となりました。実使用でストレスを感じることはほぼありません。

ポイント1:前モデルも優秀! でも実測テストでそれを上回った

過去のベストバイであった前モデルよりもスピードテストで数値がアップ。通信速度でライバルを圧倒する横綱相撲を演じました。高速な光回線に対応できる10GbE端子を備えており、使用すれば本製品の実力を最大限に発揮できます。

ポイント2:10GbEポートも引き続き搭載!

一般的な光回線が1Gbpsを使用しているところ、本機は10GbEの高速通信用ケーブルに対応。通信速度の実力を最大限発揮できます。

▼検証結果
【有線接続:◎】
【つながりやすさ:◎】
【転送速度:◎】

▼測定値はギガ超えを連発!
【周波数帯:5GHz・UP:419Mbps・DOWN:1460Mbps】
【周波数帯:2.4GHz・UP:138Mbps・DOWN:201Mbps】

実測値最速でベストバイだった前モデルよりも通信速度がアップしています。5GHz帯のダウンロード速度は他の製品と比べ圧倒的な数値を叩き出し、実際に使用してもまったくストレスを感じませんでした。

以上、「家電批評・オブ・ザ・イヤー2021」に選ばれた、バッファロー「WXR-6000 AX12S」の紹介でした。とにかく速くてWi-Fi 6でも最強! Wi-Fiルーターなら、王者バッファローの一択です。

なお、今回紹介したものを含め、「家電批評・オブ・ザ・イヤー2021」に選出された製品は雑誌『家電批評』 2022年1月号で一気に見ることが可能です。


『家電批評』 2022年1月号

 『家電批評』 2022年1月号

晋遊舎
家電批評
2022年1月号
700円

『家電批評』2022年1月号では、スマートフォンから洗浄便座まで、暮らしのすべてを快適にするベストバイ製品がずらっと並んでいます。ぜひチェックしてみてください!