2021年のベストバイを発表! 「家電批評 オブ・ザ・イヤー」を解説

2021年も『家電批評』では大型家電や定番家電のほか、生活を楽にする家電にフォーカスするなど、さまざまな家電をテストしてきました。その中で、編集部が特に「買い」だと思ったおすすめの製品を「家電批評 オブ・ザ・イヤー」として発表します。

家電批評 オブ・ザ・イヤー2021

大切な人へのギフトに、そしてもちろんこの1年を頑張った自分へのご褒美に。ベストバイだらけの家電カタログを参考にしてみてください!

▼【家電批評 オブ・ザ・イヤー2021】記事はコチラ!

家電批評 オブ・ザ・イヤー2021の記事一覧

今回は、洗濯物の生乾き臭が気になる人におすすめのコロナの衣類乾燥除湿機「CD-H1820」を紹介します。

生乾きのイヤなニオイを抑える! コロナ「CD-H1820」

王冠アイコン

コロナ
CD-H1820
実勢価格:4万734円

サイズ・重量:W365×D202×H570mm・12.5kg
除湿方式:コンプレッサー式
タンク容量:約4.5L
定格除湿能力:16.0L(50Hz)、18.0L(60Hz)

▼テスト結果

  • 衣類乾燥:31/35点
  • 除湿性能:8/10点
  • ニオイ :8/10点
  • 消費電力:7/10点
  • 静音性 :5/10点
  • 排水頻度:3/5点
  • 使い勝手:6/10点
  • 合計  :68/100点

コロナ「CD-H1820」は、『家電批評』2021年7月号で衣類乾燥除湿機8台をテストしたところ、ニオイ検証で優秀な性能を発揮し、高評価を獲得しました。

Tシャツを洗濯後1時間だけ乾燥し、さらに1日後にニオイをチェックするという厳しいテストにおいて、ほぼニオイを残しませんでした。生乾き臭対策にはベストチョイスです。

石川英一 氏
臭気判定士/におい・かおり環境アドバイザー
石川英一 氏 のコメント

半乾きの状態のテストでも生乾き臭はごく少量。

【受賞の決定打】温風で速乾させる

ワイドで可動域の大きな吹出口から、300Wのヒーターで温風を送風することで、高い乾燥性能を発揮。ただし、その分静音性では劣りました。

洗濯物の手前側だけでなく、奥へも送風できるようにルーバーが動きます。温風を洗濯物全体に届かせます。

ポイント1:10年交換不要のフィルターが付属

10年交換不要とされるフィルターが付属。フィルターカバーの取り外しも簡単で、掃除もラクラクです。

ポイント2:ハンドルがあるので片手で移動できる

キャスターも付いているので、ハンドルを持って片手で動かせます。他の荷物を持っての部屋移動の際に便利です。

ポイント3:引き出しやすく水をこぼす心配なし

タンクの容量は約4.5Lと大きめですが、除湿性能が高いので、その分だけ排水する機会は多くなりそうです。

除湿機の売れ筋ランキングもチェック!

除湿機のAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

以上、「家電批評・オブ・ザ・イヤー2021」に選ばれた、コロナの衣類乾燥除湿機「CD-H1820」の紹介でした。とくに部屋干し臭が気になる人はぜひチェックしてみてください。

なお、今回紹介したものを含め、「家電批評・オブ・ザ・イヤー2021」に選出された製品は雑誌『家電批評』 2022年1月号で一気に見ることが可能です。

『家電批評』 2022年1月号

 『家電批評』 2022年1月号

晋遊舎
家電批評
2022年1月号
700円

『家電批評』2022年1月号ではスマートフォンから洗浄便座まで、暮らしのすべてを快適にするベストバイ製品がずらっと並んでいます。ぜひチェックしてみてください!