2021年のベストバイを発表! 「家電批評 オブ・ザ・イヤー」を解説

2021年も『家電批評』では大型家電や定番家電のほか、生活を楽にする家電にフォーカスするなど、さまざまな家電をテストしてきました。その中で、編集部が特に「買い」だと思ったおすすめの製品を「家電批評 オブ・ザ・イヤー」として発表します。

家電批評 オブ・ザ・イヤー2021

大切な人へのギフトに、そしてもちろんこの1年を頑張った自分へのご褒美に。ベストバイだらけの家電カタログを参考にしてみてください!

▼【家電批評 オブ・ザ・イヤー2021】記事はコチラ!

家電批評 オブ・ザ・イヤー2021の記事一覧

今回は、立ち上がりが早く出がけにも使えるパナソニックの衣類スチーマー「NI-FS770」を紹介します。

外出前の10分スチームでシワ知らず! パナソニック「NI-FS770」

外出前の10分スチームでシワ知らず! パナソニック「NI-FS770」
王冠アイコン

パナソニック
NI-FS770
実勢価格:1万727円

サイズ・重量:約W80×H165×D130mm・約705g(スタンド含まず)
消費電力:950W
スチーム噴出し時間:連続約10分
スチーム量:平均約11g/分
注水量:約115ml

▼検証結果

  • 仕上がりと所要時間:◎
  • スチーム     :◎
  • 当てやすさ       :◎
  • 給水しやすさ   :◯
  • プレス機能    :◯
  • 評価       :S

パナソニック「NI-FS770」は、『家電批評』2021年12月号で衣類スチーマー7製品をテストした際にベストバイに選ばれた製品です。

シャツをハンガーに掛けたままでも、生地を引っ張りながら当てると、絶妙なホールド感であっという間にシワ伸ばしできます。本製品は他製品よりも加熱力と立ち上がりの早さに優れていて、出がけでもササッと使えます。

ポイント1:強力なスチームでサッとシワが伸びる!

ポイント1:強力なスチームでサッとシワが伸びる!

シワ伸ばしのテストでのタイムは6分23秒。7製品でもっとも早かった東芝「La・Coo S TAS-V6」の5分56秒より少し遅めですが、検証したシャツのシワが東芝よりも多めだったため、ほぼ互角レベル。

ポイント1:強力なスチームでサッとシワが伸びる!

瞬間的に強力で直進性のあるスチームを噴出可能で、「強モード」の約4倍のスチームを噴出できる「瞬間4倍パワフルスチーム」は、深いシワも1~2回当てるだけでしっかり伸びるほどです。

ポイント1:強力なスチームでサッとシワが伸びる!

ハンガーに吊るした状態では当てにくい襟元や袖も、キレイな仕上がりになりました。

ポイント2:すべりがなめらかでとにかく当てやすい

ポイント2:すべりがなめらかでとにかく当てやすい

握ったときのホールド感が抜群で生地のすべりもダントツになめらか。襟元や袖先、脇下などの曲面もスムーズな動きで当てられて快適でした。また、握ったときに人差し指がスチームボタンにちょうどかかるので、疲れずに押し続けられるのもポイントです。


衣類スチーマーの売れ筋ランキングもチェック!

衣類スチーマーのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

以上、「家電批評・オブ・ザ・イヤー2021」に選ばれた、パナソニックの衣類スチーマー「NI-FS770」の紹介でした。ハンガーにかけたままで出がけにササっとシワを伸ばせるので、ズボラな人にこそおすすめです!

なお、今回紹介したものを含め、「家電批評・オブ・ザ・イヤー2021」に選出された製品は雑誌『家電批評』 2022年1月号で一気に見ることが可能です。


『家電批評』 2022年1月号

 『家電批評』 2022年1月号

晋遊舎
家電批評
2022年1月号
700円

『家電批評』2022年1月号ではスマートフォンから洗浄便座まで、暮らしのすべてを快適にするベストバイ製品がずらっと並びます。ぜひチェックしてみてください!