家電「格安=ハズレ」の常識を覆し
ヒットを生み続けるアンカー

近年モバイル端末の関連製品で注目を浴びているアンカー。その特徴といえば、ズバリ製品の「ちょうど良さ」と言えます。高性能だけど価格が高い……とか、安いけど不具合ばかり……そんな製品が多いなか、必要な機能を搭載しつつ、安さも兼ね備えた製品を生み出しているのがアンカーなのです。

そんなアンカーだから、ロングヒット製品も多くあります。ロボット掃除機やBluetoothスピーカーは「格安=使えない」という製品が多かったころ、アンカーは価格を抑えて機能も良い製品を市場へ投入しました。

ここでは、各分野でロングヒットを記録している、アンカーの商品をご紹介していきたいと思います。

家電安くてもちゃんと使える
はじめてのボット掃除機

ルンバが発売されてから、さまざまなメーカーが追従してロボット掃除機を取り扱いはじめましたが、性能面でルンバに勝るものがなかなか出てきませんでした。そのなかで、アンカーのRoboVacは、家電批評の比較テストでも毎回ルンバに匹敵するほどの高評価を得ています。

掃除力はもちろん「賢さ」が強みで、まさにアンカーが良コスパメーカーとしての地位を確立した製品と言えます。

eufy:RoboVac 11

eufy
RoboVac 11
購入価格:2万2800円

RoboVac 10は、ロボット掃除機でありながら2万円代という価格帯を切り開きました。その後シリーズ化し、現行機もコスパの良いロボット掃除機として評価されています。

安くてもちゃんと使えるはじめてのボット掃除機

当時、高級機の筆頭であるルンバでも失敗が多かった充電ボックスへの車庫入れですが、RoboVac 10は何度試してもほぼノーミスで成功しました。

家電得意のバッテリー分野では
新規格をいち早く投入しました

アンカーの代名詞ともいえるバッテリー分野でも、iPadやNintendo SwitchなどPD対応機器の登場に合わせ、PD対応バッテリーを発売しています。

PowerCore+ :26800 PD

PowerCore+
26800 PD
購入価格:9999円

こちらは高速充電対応の大容量バッテリー。iPadなどのモバイル端末はもちろん、Nintendo Switchなどのゲーム機とも相性抜群です。

得意のバッテリー分野では新規格をいち早く投入しました

テストでも14.8V/約2Aを計測。これならiPadの急速充電も安心です。

そして、「QC」対応のバッテリーはこちらです。

PowerCore:Speed 10000 QC

PowerCore
Speed
10000 QC
購入価格:2999円

得意のバッテリー分野では新規格をいち早く投入しました

こちらは高速充電規格「Quick Charge 3.0」に対応しています。QC 2.0や1.0への互換性もあり、さまざまな端末を高速で充電できます。

家電Bluetoothスピーカーでも
「安くて良い」を実現

良音のBluetoothスピーカーが欲しいなら、少なくとも1万円以上はします。アンカーはこの分野でも、良コスパ商品を発売しました。

SoundCore 2

SoundCore 2
購入価格:4999円

Bluetoothスピーカーでも「安くて良い」を実現

音の歪みが少なくクリアな音質が持ち味。それでいて5000円以下という安さを実現しています。約24時間のバッテリー持ちも魅力です。

SoundCore Sport

SoundCore Sport
購入価格:2999円

Bluetoothスピーカーでも「安くて良い」を実現

こちらは、水平に置くことで360度スピーカーとして利用できるモデル。防水仕様ですので、屋外やお風呂用としても活躍します。

家電最先端のAIスピーカーにも対応
本家よりも良コスパです

そして、今大きな盛り上がりを見せているスマートスピーカーの分野にも、アンカーは逃さず参入しているんです。「Eufy Genie」はこれまでのアンカー製品同様、使いやすさと低価格を両立し、スマートスピーカーを試してみたい人にオススメの1台となっています。

アンカー:Eufy Genie

アンカー
Eufy Genie
購入価格:4980円

Eufy GenieはAlexaに対応のスマートスピーカーです。

音楽はAmazon Musicや、Apple端末の楽曲をWi-Fi経由で再生できます。ほかにもニュースやラジオの視聴など、音楽再生以外のさまざまなシーンで活用できそうですね。

使用には電源供給が必要ですが、Micro USB端子なのでモバイルバッテリーとの相性も良好です。

Amazon:Echo Dot

Amazon
Echo Dot
購入価格:5980円

こちらの「Dot」は3タイプ展開されているAmazon Echoのなかでも、エントリーモデルに位置付けられます。アンカーのEufy Genieはこの「Dot」よりも1000円安いんです。

家電豊富なAlexaの「スキル」
機能を拡張してより便利に!

豊富なAlexaの「スキル」機能を拡張してより便利に!

Alexaは「スキル」という拡張機能を有効にすることで、標準機能では行えない操作に対応させることができます。たとえば「食べログ」というスキルを有効に設定すれば、Alexaに食べログのお店を検索させたりすることが可能です。

なお、日本で使えるスキルは450以上もあり、スキルを覚えさせることでどんどん進化していくスマートスピーカーなのです。

以上、アンカーについて解説しました。トレンドを読んで素早く良コスパ商品を投入するのがアンカー強み。これからも発売される製品にもぜひ注目していきたいところです。