AV機器メーカー初!新機能搭載の最新有機ELテレビって?

最新有機ELテレビ

高画質な映像を楽しめる有機ELテレビ。さまざまなメーカーから新モデルが登場し、画質や性能がどんどん向上しています。

そこで、本音の家電ガイド『家電批評』では、メーカー初となる新機能を搭載した2機種の有機ELテレビをピックアップ。

フナイ「8040シリーズ」とREGZA「X8900Kシリーズ」の新機能や、画質、音質など、あらゆる角度から専門家と徹底検証したレビューをお届けします。なお、検証にはAV評論家の折原一也さんにご協力いただきました。

第1回目は、全録機能が新たに搭載されたフナイ「8040シリーズ」にフォーカス。新機能をはじめ、実際どうだったのか検証の結果をご覧ください。

AV機器地デジ6chを全録できる!フナイ「8040シリーズ」

フナイ「8040シリーズ」

フナイ
55U8040
実勢価格:30万2500円

サイズ・重量:W1228×H757×D290mm・30.1kg(ともにスタンド含む)
チューナー数:BS・CS 4K×2、地デジ×3+6(まるごと録画ハードディスク)、BS・CS×3

▼検証結果
画質 :32/35点
音質 :19/20点
機能性:28/30点
操作性:18/20点
合計 :97/105点


フナイ「8040シリーズ」は、「まるごと録画」という全録機能を新たに採用しているのが最大の特徴。

付属の「まるごと録画ハードディスク」をテレビ本体に外部接続することで、地デジ6チャンネル、最大で1週間分(※「長時間画質」の場合)を自動で録画できます。また、それとは別に2TBのHDDを内蔵しているのも地味に便利。

フナイ「8040シリーズ」2

それでは、フナイ「8040シリーズ」の進化したポイントや、専門家の辛口評価などを詳しく見ていきましょう。

AV機器進化ポイント1:地デジ6chを全録できる「まるごと録画」を搭載

フナイ「8040シリーズ」3

8040シリーズの目玉機能となるのが「まるごと録画」。こちらは付属する「まるごと録画ハードディスク」を接続しておくことで、地デジ放送を最大6チャンネルを自動で録画可能。録画モードは4つで、「長時間画質」で6チャンネル1週間分を録画できます。

AV機器進化ポイント2:有機ELディスプレイも画像エンジンも高性能

フナイ「8040シリーズ」4

ディスプレイは倍速駆動の4K有機パネルを採用。独自開発の画像エンジンは、画面の明るさに応じて色の補正を調整することで4K映像を精細に表現します。

フナイ「8040シリーズ」5

4K映像は美しく、とくに夜景映像では「黒」が冴え渡り、明暗差をうまく表現しています。

AV機器進化ポイント3:背面上部のスピーカーで立体的な音を実現

フナイ「8040シリーズ」6

8040シリーズのサウンドシステムは、Dolby Atmosの臨場感あふれる立体音響を発揮できるツイーター搭載のフロントスピーカー、大容量ウーファー・パッシブラジエーター、上向きのハイトスピーカーを採用。

部屋に広がるダイナミックな「音」で、テレビやネットの映画や音楽ムービーを楽しむことができます。低音がパワフルで、映像と音の一体感もありました。

折原一也 氏
AVライター
折原一也 氏 のコメント

臨場感のある〝音〟を体感できました。

AV機器進化ポイント4:Android TVは機能充実!

フナイ「8040シリーズ」7

OSはAndroid TVを採用。地デジとの連携がスムーズになるように、独自にカスタマイズされているのが特徴です。ストアで任意のアプリを追加できるのも大きな魅力!

フナイ「8040シリーズ」8

VODボタンは6つ搭載されています。

AV機器残念ポイント:専用の付属メディアが大きすぎ

フナイ「8040シリーズ」9

全録機能は便利ですが、専用のハードディスクはレコーダー並みの大きさ。置き場所を選んでしまい、設置性は微妙です。

以上、フナイ「8040シリーズ」の検証でした。

次回は、REGZA「X8900Kシリーズ」の新機能の検証結果を紹介しますので、お楽しみに!

AV機器有機ELなどテレビの売れ筋ランキングもチェック!

有機ELなどテレビのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

AV機器『家電批評』2021年10月号

『家電批評』2021年10月号

晋遊舎
『家電批評』
2021年10月号
実勢価格:700円

『家電批評』2021年10月号では、「プロがこっそり教えるベストヒット」の特集を掲載しています。こちらもぜひチェックしてみてください。