AV機器最強の一台はどれ? 最新4Kテレビ全20台を徹底検証

テレビの検証シーン1

2021年も各メーカーの最新モデルが続々と登場している「4Kテレビ」

テレビ放送を観ない人が増えている昨今、トレンドはサブスクとゲーミングに移行中。YouTubeやアマゾンプライムを存分に楽しみたい人や、ゲームモニターにするのが目的という人にもおすすめなんです。

そんなトレンドの変化に合わせて、これまでの採点基準からさらにバージョンアップ! 時代に合わせて最適化した採点方法で最新4Kテレビ全20台を検証しました。

なお、検証にはAVライターの折原一也さんにご協力いただきました。

AV機器採点基準をリニューアル!今回の検証方法は?

テレビの検証シーン2

各メーカーの製品性能は年々上がっていて、ほとんどの製品が高評価を連発するように。点数に差がつきにくく、ぱっと見た印象でそれぞれの特徴や違いがわかりにくくなってきていました。

そこで、総合点105点満点は変えずに、トレンドに合わせて採点基準を見直すことに。特に機能性・操作性は、さらにチェック項目を細分化して、より厳しく採点することで、差をわかりやすくしました。

折原一也 氏
AVライター
折原一也 氏 のコメント

旧機種も2021年基準で再度採点します!

検証項目1:画質(配点35点)

テレビの検証1

地デジ放送、4K映像に加えて、YouTubeも視聴。映像モードは“自動”や“スタンダード”に固定。視野角も評価対象です。

検証項目2:音質(配点20点)

テレビの検証2

地デジ放送とYouTubeのネット動画、音楽MVが主な評価ソース。音場補正などの機能もチェック。モード切り替え等は採点対象外としました。

検証項目3:機能性(配点30点)

テレビの検証3

録画性能、対応サブスク、ゲームモード対応の3要素をトータルで採点。ゲームモードは入力遅延の性能も測定して加味しています。

検証項目4:操作性(配点20点)

テレビの検証4

リモコン、UIデザイン、音声操作、TVやアプリの起動速度が主な評価対象。特にネット動画関連の採点比重を上げました。

今回は、テレビの用途は4K視聴やゲームプレイがメインという人にベストな2製品を紹介します。

S評価画質・音質ともに最高峰!パナソニック「VIERA JZ2000」

パナソニック
VIERA
JZ2000 シリーズ
(TH-55JZ2000)
実勢価格:28万5069円

サイズ・重量:W1227×D350×H792mm・約23.5kg(スタンド含む)
チューナー:BS4K・CS4K×2、地上デ ジタル×3、BS・110度CSデジタル×3
OS:独自
動画配信サービス:YouTube、Netflix、U-NEXT、ABEMA、Amazon Prime Video、dTV、Hulu、DAZN

▼検証結果
画質  :35/35点
音質  :20/20点
機能性 :27/30点
操作性 :19/20点
総合得点:101/105点
総合評価:S


4Kテレビに求められる性能としては、4K映像の体験を追求したいという人も多いはず。そんな人にはパナソニックの有機ELテレビ「VIERA JZ2000」がおすすめ。画質・音質ともに満点で、AV性能面では全製品中1位でした。

パナソニック「VIERA JZ2000」2

しかし、録画チューナー数やゲームモードの設定方法、リモコンにYouTubeボタンがないなど操作性でやや評価点数を落としました。

地デジ画質は4Kほどのレベルではないものの、4K画質・音質を優先して4Kテレビを選ぶなら、パナソニックの「VIERA JZ2000」が2021年薄型テレビのベストバイです。

折原一也 氏
AVライター
折原一也 氏 のコメント

4Kを最大限楽しむならこの製品に!

おすすめポイント1:画面を取り巻くスピーカーがあまりに高音質

パナソニック「VIERA JZ2000」3

画面下3基、左右2基、上に3基というスピーカー構成で、立体的な音の再現が見事です。合計125Wで音情報も豊富。ニュース番組の声もリアルです。

パナソニック「VIERA JZ2000」4

マイクによる音質補正にも対応しています。

おすすめポイント2:コントラストが最強

パナソニック「VIERA JZ2000」5

独自構造とパネル制御技術で高輝度&ハイコントラストに。明るさに上限のかかる有機ELパネルに対して、独自の放熱構造で効率的に冷やして輝度を引き出す設計です。画面全体が明るく、白色ピークの眩しさも有機ELでトップです。

A評価ストレスフリーでゲームが楽しめる! LG「OLED A1PJA」

LG「OLED A1PJA」

LGエレクトロニクス
OLED A1PJA シリーズ
(55A1PJA)
実勢価格:20万4363円

サイズ・重量:W1228×D271×H767mm・18.7kg(スタンド含む)
チューナー:BS4K・CS4K×1、地上デジタル×2、BS・110度CSデジタル×2
OS:独自
動画配信サービス:YouTube、Netflix、U-NEXT、Amazon Prime Video、Hulu、DAZN

▼検証結果
画質  :33/35点
音質  :18/20点
機能性 :26/30点
操作性 :18/20点
総合得点:95/105点
総合評価:A


ゲームプレイ部門で1位となったのはLGエレクトロニクス「OLED A1PJA シリーズ」でした。

LG「OLED A1PJA」2

薄型テレビの利用シーンで意外と多いのが、家庭用ゲームのプレイ。PlayStation 5を高画質で楽しむ4K/60Hzはどの機種でも対応可能ですが、対戦ゲーム向けに必要なスペックとして4K/120Hz入力対応や、低遅延が急浮上しています。

ただし、低遅延については数値スペックが開示されていないため、編集部では専用の測定ツールを用意して4K/60Hz入力ラグ実機測定を敢行。

結果、LGエレクトロニクス「OLED A1PJA シリーズ」の有機ELテレビが低遅延性能1.8msを叩き出し、断トツの1位となりました。

折原一也 氏
AVライター
折原一也 氏 のコメント

これまでとは大幅に性能が向上しました!

おすすめポイント:一瞬が勝負を分けるeスポーツで超有利!

LG「OLED A1PJA」3

ゲーミング性能では、実際のプレイと映像表示のズレの小ささである“低遅延”が重要。流行のバトルロワイヤルや格闘ゲームで勝敗に関わります。

PS5接続を想定して4K/60Hz信号で測定した結果、業界最速の1.8msを記録。他社のゲームモードは10ms以上なので思わず驚くような結果に。とはいえ、これはあくまで実測値。参考程度にしてください。

「ms」とは?

msとは1000分の1秒(0.001秒)のこと。遅延性能はズレをmsで表記します。なお、一般のテレビは100ms(0.1秒)程度です。

以上、4K視聴やゲームプレイ派におすすめの4Kテレビ2製品の紹介でした。

▼最新4Kテレビ「サブスク動画」を満喫できるテレビのベストバイはこちら

AV機器ゲームの売れ筋ランキングもチェック!

ゲームのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

AV機器『家電批評』2021年9月号

『家電批評』2021年9月号

晋遊舎
『家電批評』
2021年9月号
実勢価格:700円

『家電批評』2021年9月号では「2021年最新4Kテレビランキング」の特集を掲載しています。こちらもチェックしてみてください。