本当に必要なものは? 女性のための防災グッズ選び

近年は日本列島が大雨や台風に見舞われることも多く、災害が複合的に起こることもしばしば。また大規模災害ではなくても、大雨で停電が起きたり、地震で断水したりと身近で起きる小さな災害を経験した人も多いはずです。

備えは防災リュックという人が多数

LDK公式Twitterでのアンケートによると、災害&避難用のグッズを備えている人は約53%。その内容としては、8割弱の人が防災リュックという結果でした。

必要なものがまとまっている防災リュックはあると安心ですが、災害時に本当に必要となるものまで入っているとはかぎりません。また、コロナ禍での避難生活では、感染対策に高い意識をもって備えることも必要になっています。

日頃から備えたい身近なプチ災害

大災害だけでなく、断水や停電といったプチ災害でライフラインが止まってしまうことも。対策グッズを用意しておけば暮らしを守ることができます。

備え1:停電

突然の停電で家中が真っ暗! そんなときに視野を確保できるLEDライトがあると安心です。また空調が停止したときに活躍する、暑さ・寒さ対策グッズも必須です。

備え2:断水

生活用水がストップすると最も困るのはトイレ。簡易トイレのほか、水を使わなくても使えるケア用品も用意しておきたいアイテムです。

備え3:ガス停止

心細い災害時には、暖かい食事があると心も体も癒やしてくれます。簡単に作れて味もおいしい非常食も重要です。

備え4:地震

冷蔵庫などの大きな家電や家具の転倒防止グッズに加えて、二次災害を想定した火災対策グッズも要チェックです。

備え5:避難

避難所で過ごすことを考えると、市販の防災リュックだけでは不十分。必要に応じてカスタマイズすることが必須です。

おいしくて満足感のある「非常食・おかず」3製品を比較

私たちの身近に起きる災害を想定し、いま備えるべき女性のための防災グッズを集め、防災のプロである災害危機管理アドバイザーの和田隆昌さんと一緒にテストしました。

和田隆昌 氏
災害危機管理アドバイザー
和田隆昌 氏 のコメント

日常で使っているものでも、災害時にも役立つものがたくさんあります。

今回は、ガスや電気の供給が停止したときにカセットコンロと水で調理できる「非常食・おかず」「おいしさ」「ボリューム」の2点を比較し、万が一の時もおいしく食事ができるかチェックしました。

それでは結果をご覧ください!

具が選べて家族の会話も弾む! 杉田エース「IZAMESHI しっかりおでん」

杉田エース
IZAMESHI
しっかりおでん 330g
実勢価格:350円


※Amazonは「3個セット」の購入ページになります。

▼評価
おいしさ :◎+
ボリューム:◎+


さっぱりとした和食から、子どもが好きそうなメニューまで多種多様なおかず。なかでも杉田エース「IZAMESHI しっかりおでん」は、食べたい具が選べて、程よい塩味も疲れた体にちょうどいいです!

汁まで飲めるから体も温まって健康的ですね。

満足感が得られる 宝幸「CoCo壱番屋監修 さばカレー」

宝幸
CoCo壱番屋監修
さばカレー
145g
実勢価格:350円


※Amazonは「3個セット」の購入ページになります。

▼評価
おいしさ :◎
ボリューム:◎

宝幸「CoCo壱番屋監修 さばカレー」
は、サバの臭みがカレーで和らいで食べやすくなっています。身も大きくて満足度が高めでした。

大豆ミートっぽくあっさり 杉田エース「IZAMESHI 煮込みハンバーグ」

杉田エース
IZAMESHI
煮込みハンバーグ
180g
実勢価格:400円

▼評価
おいしさ :○
ボリューム:○

杉田エース「IZAMESHI 煮込みハンバーグ」
は、ソースの香りがよくお肉も柔らかい一品。どこか懐かしい味にホッとします。

非常食の売れ筋ランキングもチェック!

非常食のAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

以上、女性にも使いやすい防災グッズから、カセットコンロと水で調理できるおかずの紹介でした。

おかずは何種類か備えておくと飽きずに楽しく食べることができます。災害時の備えとしてだけでなく、日常的に非常食を食べて、食べたら買い足すローリングストック法で備蓄しましょう。普段から食べているものが災害時の食卓に並ぶと、安心して食事をとることができますよ。

まだ備えていない人は、ぜひこちらを参考にしてくださいね。