ごはん作りがラクに!「ほったらかし料理グッズ」

家での食事がふえている昨今、毎日のごはん作りにちょっとお疲れではないですか? 家事や仕事に追われる中、毎日何種類もおかずを作るのは大変です。

そんななか、ある程度料理道具に調理を任せられる「ほったらかし料理」が人気を集めています。

ほったらかし料理のメリット

ほったらかし料理のいちばんのメリットは、台所につきっきりでいる必要がないこと。空いた時間に別のことができます。

・調理がスピーディにできる
・空いた数分でほかの家事ができる
・火加減を気にする心配なし!
・蒸すから食材が柔らかくなる
・洗い物が少なくて済む


今回はホットプレート4製品を比較。ベストバイだったのは象印マホービンです。

どんな料理もおいしく焼ける! 象印マホービン「ホットプレート やきやき EA-KJ30」

象印マホービン
ホットプレート
やきやき EA-KJ30
実勢価格:1万3980円

プレート:深型、たこ焼き、焼肉

▼テスト結果
たこ焼き :◎
餃子   :◎
持ち運び :△
温度のムラ:◎


象印マホービン「ホットプレート やきやき EA-KJ30」は、大きくて持ち運びはしにくいですが、火力が強く温度のムラも小さいです。たこ焼きは簡単に作れて焼き色もキレイ。餃子や焼肉もおいしく作ることができました。プレートが3種類も付くのはお得です。

200℃までの到達時間は4分24秒と最も時間はかかりましたが、温度のムラは最も少なかったです。

それでは、ほったらかしホットプレートレシピ「ミニカレーパン」「ハニーナッツ&ロールクレープ」をご紹介します!

辛さはなくカレーコロッケのような味わいが楽しめる! 「ミニカレーパン」

豚ひき肉や玉ねぎを混ぜるときは、スプーンの背で押しながら混ぜ合わせると、味が均一になります。出来上がりは外側はカリカリした食感が、中側はパンのふんわり感が楽しめます。ひと口サイズで食べやすいです。

辛さはほとんどなく、かなりカレーパンに近い味。豚ひき肉やチーズのコクも加わっています。ケチャップをつけるとミートボール、ソースをつけるとコロッケのような味になるのも面白いところです。メインの料理が簡単にできます。

<材料>※30個分
・食パン(8枚切り)……8枚
・豚ひき肉……300g
・玉ねぎ……1/4個
A
・カレー粉……大さじ1
・トマトケチャップ……大さじ3
・とろけるチーズ……90g
・サラダ油……少々

<作り方>
1:食パンは1㎝角に切ります。玉ねぎはみじん切りにします。
2:ひき肉と玉ねぎ、Aをボウルに入れてよく混ぜ合わせ、食パンを加えてさらに混ぜます〈a〉。

スプーンの背で押しながら混ぜます。

3:たこ焼きプレートにサラダ油を引き、ボール状にした2を詰めてフタをします。140℃で5分加熱します〈b〉。

たこ焼きプレートの中で焼きます。

4:フタを取り、返し、さらに3分加熱して焼きます〈c〉。

キレイなきつね色になります。

ほどよい甘さで、モチッとした食感も楽しい! 「ハニーナッツ&ロールクレープ」

モチッとした食感で、少量でもボリュームがあります。ほどよい甘さで、アーモンドがいいアクセントに。白ワインと合わせてもよさそうです。クルクル巻くのも楽しく、おやつにもおつまみにも最適! 上品なスイーツができます。

<材料>※2本分
・ホットケーキミックス……140g
・スライスアーモンド……40g
・はちみつ……大さじ4
・卵……2個
・牛乳……280ml
・サラダ油……少々

<作り方>
1:ホットプレートを180℃に温めます。スライスアーモンドを入れ、色よく炒って取り出し、電源を切ります。
2:ボウルに卵を割りほぐし、牛乳を加えてよく混ぜ合わせ、ホットケーキミックスを加えて、粉っぽさがなくなるまで混ぜます〈a〉。

ダマにならないようよく混ぜます。

3:ホットプレートを140℃に温めます。キッチンペーパーを使ってサラダ油を薄く引き、2の生地の半量をホットプレートに流し入れ、ターナーなどで全体に広げてフタをし、2分焼きます〈b〉。

薄めに広げて焼くこと。

4:フタを取り、はちみつ、スライスアーモンドを生地全体にのせ、端から巻いていきます〈c〉。同様にもう1本作ります。好みで上からさらにはちみつをかけてもいいです。

菜箸とターナーを使うと巻きやすいです。

以上、ほったらかしホットプレートレシピ「ミニカレーパン」「ハニーナッツ&ロールクレープ」でした。温かいまま食べられて、洗い物も少なくてすみますので、ぜひ作ってみてください!