家電感動の“ラク家事家電”で毎日のヘトヘトから脱却!

家事を楽にする家電たち

掃除、洗濯、食事作り……。仕事から夜遅くに帰宅した時でも、子育てに追われている時でも、逃れられないのが家事です。「面倒くさい」が当たり前になり、いつの間にかぐったり疲れていることも。そんなヘトヘトの毎日から、脱却したいと思いませんか?

今回は、昨今気になる換気のタイミングがわかるという二酸化炭素測定器。自宅や店舗などで手軽に使えるコンパクトなタイプの“換気通知マシン”を紹介します。

家電「ずっと換気」が不要に! tentsulight「xmonitor-R1」

tentsulight
xmonitor-R1
実勢価格:5800円


サイズ:W83×D52×H81mm
電源:内蔵リチウム電池

tentsulight「xmonitor-R1」は、本体周囲の二酸化炭素濃度を測り、換気のタイミングをライトの色で教えてくれる二酸化炭素濃度モニターです。いまだに続くコロナ禍、「換気」問題が気になる人は多いのではないでしょうか。


厚生労働省は、換気の悪い状態を二酸化炭素濃度が1000ppmを超えた状態としていますが、二酸化炭素濃度を気にしてずっと換気するのは、なかなか面倒ですよね。特に真冬、真夏は大変です。

そこで活用したいのがこの製品。測るのは本体周囲の濃度なので、あくまで目安ではありますが、換気のタイミングをつかむのに役立ちます。

家電室内のCO2値をライトの色で可視化する

3段階のライトによって「密」な状態を判別

ライトの色は三段階で表示されます。二酸化炭素濃度が0~700ppmならグリーンに光ります。

二酸化炭素濃度が700~1500ppmならオレンジ。

1500ppm以上の場合は赤色に! あくまで目安ですが、3段階のライトの色で「密」な状態を判別しましょう。

使い勝手は可もなく不可もなし

本体を置いて特に操作の必要はなく、モニタリングするだけなので、特に使い勝手は可もなく不可もありません。背面のボタンを押すことで、画面に映し出される表示内容を切り替えることもできます。

二酸化炭素濃度のみを知りたい人にも、温度や湿度を知りたい人にもぴったりの製品です。ちなみに、充電はmicroUSB経由で行います。

以上、二酸化炭素センサー、tentsulight「xmonitor-R1」の紹介でした。モニタリングすることで「換気しなきゃ」のストレスが軽減され、臨機応変に対応するきっかけになりそうです。お手ごろ価格の便利家電なので、「密」が気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか?

ホーム『家電批評』2021年4月号

『家電批評』2021年4月号の表紙

晋遊舎
『家電批評』2021年4月号
実勢価格:700円

『家電批評』2021年4月号では「ラク家事カデン大研究」を大特集。ぜひこちらも参考にしてみてくださいね!