“完全無欠コーヒー”で話題のMCTオイルってなに?

今回とりあげるMCTオイルは、IT起業家のデイヴ・アスプリー氏が自著『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』(栗原百代訳、ダイヤモンド社、2015年)でダイエット法として紹介した「完全無欠コーヒー」のレシピに使用されていることで話題となりました。

このレシピは、コーヒーにグラスフェッドバター(ギー)とMCTオイルを加えるというシンプルなもの。バターコーヒーは飲みごたえがあり、空腹感を軽減し、食べ過ぎ防止につながると言われています。

そもそもMCTオイルの「MCT」ってなに?

MCTとは「Medium Chain Triglyceride(ミディアム チェーン トリグリセリド)」の頭文字をとったもの。日本語では中鎖脂肪酸と呼ばれます。

一般的なオイルに含まれる脂肪酸のほとんどが長鎖脂肪酸という分子量の大きい脂肪酸であるのに対し、中鎖脂肪酸(MCT)は分子量が小さく、分解と消化が速いという特徴をもちます。

また、素早くエネルギー源として使われるため、体内に脂肪として蓄積されづらく、ダイエット効果が期待できると言われています。

ダイエットや美容に活躍するMCT

糖質制限ダイエットの一種である「ケトジェニックダイエット(ケトン体ダイエット)」でも、MCTが活用されています。

ケトジェニックダイエットとは、糖質量を制限する代わりに、良質な脂質やタンパク質を摂って脂肪燃焼を促し、脂肪由来のエネルギー源であるケトン体の産生力を高めるダイエット法です。

消化吸収の速いMCTを摂ることで、素早くエネルギーに変換してくれ、ケトン体産生の効率がアップすると言われています。

さらに、ケトン体のひとつである「βーヒドロキシ酪酸」がお肌の天敵である活性酸素の働きを抑え、美肌づくりをサポートしてくれ、美容にもいいと言われています

オイル・パウダー・ゼリーなどがあるMCT製品の上手な摂り方は?

ダイエット効果が期待できると言われているMCTですが、何から摂ればいいのでしょうか?

MCTは、ココナッツ油やパーム油などに含有されていますが、これらを精製して作られたMCT100%の「MCTオイル」や「MCTパウダー」のほか、食べやすく加工された「MCTゼリー」といった食品も存在します。

今回主にとりあげるのは「MCTオイル」ですが、ここでは日清オイリオの製品を例に、それぞれの特徴をご紹介しましょう。

あとがけして使う「MCTオイル」

日清オイリオ
日清MCTオイル 400g
実勢価格:2626円


透明で味やにおいが少なく、すっきりとした食用油です。コーヒー、ヨーグルト、サラダ、スープ、味噌汁など、さまざまな料理に加えて使えます。

揚げたり炒めたりすると煙が出たり、泡立ちが起こり危険なため、直接火にかけるのはNG。もし加えたい場合は、調理後にあとがけしたり、火を止めてから和えるようにしましょう。

料理に混ぜ込んで活躍する「MCTパウダー」

日清オイリオ
日清MCTパウダー HC 210g
実勢価格:1636円


MCTパウダーは、基本的にはMCTオイルと同様、さまざまな食品に加えて利用できます。ご飯に炊き込んだり、おかず(ハンバーグ、卵焼き等)やお菓子(ホットケーキ、ムース等)に混ぜ込むことも可能です。

オイリーな口当たりが苦手な人や、主に加熱調理に使用したい場合は、パウダーを試すのもアリですね。

そのまま手軽に摂れる味付き「MCTゼリー」

日清オイリオ
MCTサプリメントゼリー 15g×14本入
実勢価格:1400円


MCTオイルやMCTパウダーは、そのままだとほとんど香りや味が感じられません。こちらは食べやすいヨーグルト味のソフトゼリータイプなので、おやつ感覚で手軽にMCTを摂ることができます。

MCTオイルとMCTパウダーの取り扱いにおける注意点

カップ麺の容器にMCTオイルを注ぐのはNG

前述のように、MCTオイルは直接火にかけてはいけません。そのほかにも、MCTオイルとMCTパウダーには、取り扱い上の注意点がいくつかあります。

1:MCTオイルは直接火にかけて使用しないこと
MCTオイルを加熱すると、煙が出たり泡立ったりして危険なため、揚げ物や炒め物には使用しないでください。調理後にあとがけしたり、火を止めてから和えるようにしましょう。

2:プラスチック製食品容器の使用は控えること
スチレン系樹脂(ポリスチレン(PS)、ABS樹脂など)のプラスチック容器に長く触れると、樹脂が変質することがあります。ポリスチレン製の容器に入ったカップ麺などに直接かけて使用した場合、容器の内部が変質し、お湯などがこぼれる可能性があります。

3:油を直接飲むのは控えること
1回の摂取量が多いとお腹がゆるくなる可能性があるため、初めて使用する場合は小さじ1程度から徐々に増やすようにしましょう。

MCTオイルの選び方のコツは?

ダイエットの入り口として、「MCTオイルをコーヒーに入れて飲む」というのはもっとも真似しやすい方法ですが、実際は食習慣や世帯構成などによっても、適したMCTオイルは変わってくるでしょう。

ここでは、MCTオイルを選ぶ際のポイントをご紹介します。

サラダ? ヨーグルト? 摂り方で選ぼう

ココナッツ(ココヤシ)やパーム(アブラヤシ)由来のMCTオイルのなかには、生食でいただくと、独特の甘い香りや味わいを感じられるものもあります。もし、コーヒーやヨーグルトといった、甘い香りがいいアクセントになるような食材に合わせるのであれば、より香りが感じられるものを選んでもいいかもしれません。

逆に、「ココナッツ系の香りが苦手」「飲み物や料理に幅広く使いたい」という人は、香りが控えめなものを選ぶとよいでしょう。

ちなみに、原材料欄に「ヤシの実由来」と書かれている場合、内訳が不明なことが多いですが、ココナッツ(ココヤシ)とパーム(アブラヤシ)、いずれも使われている可能性があります。

容量やサイズで選ぼう

容量は、左から順に170g、472g、480g。

MCTオイルの賞味期限は、開封後約1~2カ月間と言われています。MCTオイルを使うのが初めてという人は、まず使いきりやすい小容量から試してみるのがオススメ。

また、写真中央と右端のMCTオイルの容量は同じぐらいですが、ご覧のように瓶の高さや形状が異なります。収納スペースも加味して適したサイズを選ぶといいでしょう。

MCTオイル25製品を色んな食材と合わせて食べ比べました!

今回は、テレビや雑誌などのメディアにも多数ご出演されている料理家の桃世真弓さんにご協力いただき、「MCTオイル」20製品と、完全無欠コーヒーを手軽に作れる「ギー+MCTオイル」5製品の検証を行いました。

検証方法は以下の通りです。

MCTオイルの味[配点:5点]

MCTオイルを口に含んだときの味や香りを評価。料理と合わせることを想定し、後味が残りにくいものを高評価としました。

※検証のためにMCTオイルを直接飲んでいますが、通常は料理や飲み物と合わせて召し上がってください。

サラダ・ヨーグルト・コーヒーとの相性[配点:各5点]

サラダ・ヨーグルト・コーヒーにMCTオイルを加え、食品との相性をそれぞれ5点満点で評価しました。

サラダとの相性[配点:各5点]
レタスサラダミックスを使用。基本的に塩は加えず実食しました。

ヨーグルトとの相性[配点:各5点]
明治のプレーンヨーグルトを使用。砂糖は加えず実食しました。

コーヒーとの相性[配点:各5点]
酸味が強めな、ドトールコーヒー「インスタントコーヒー 香り豊かなおいしい一杯」を使用。MCTオイルを小さじ1程度注いだのち、よくかき混ぜて試飲しました。

松嶋千春 氏
編集者・ライター
松嶋千春 氏 のコメント

「ギー+MCTオイル」5製品については、コーヒーに入れてミルクフォーマーで30秒間撹拌して飲みました。

容器の使い勝手[配点:5点]

MCTオイルは少量ずつ注いで使用するので、容器の注ぎやすさや掴みやすさを評価しました。

それでは以上を踏まえ、MCTオイルのおすすめランキングへと参りましょう!

MCTオイルのおすすめランキング20選

まずは、料理や飲み物に幅広く使えるMCTオイルのランキング20選からご紹介します。

勝山ネクステージ「仙台勝山館MCTオイル」

勝山ネクステージ
仙台勝山館MCTオイル 360g
実勢価格:2223円

※auPAYはセット販売ページを含みます。

原材料:100%ココナッツ由来
原産国:インドネシア
サイズ:φ8×H20cm
エネルギー:900kcal/100g
カプリル酸(C8)/60%、カプリン酸(C10)/40%

▼テスト結果

  • 味: 4/5点
  • サラダとの相性: 4.5/5点
  • ヨーグルトとの相性: 4.5/5点
  • コーヒーとの相性: 5/5点
  • 容器の使いやすさ: 3/5点
  • 合計: 21/25点

MCTオイルのおすすめランキング1位に輝いたのは「仙台勝山館MCTオイル」でした。

そのままでいただくとオイリーでまったりとした口当たりがやや重たく感じますが、ココナッツ独特の香りや味がほとんどしないため、料理や飲み物の味を邪魔しません

とくに相性がよかったのは、サラダです。オイルがレタスとよく絡んで口当たりが良く、塩をかけなくてもパクパクいけちゃいました。

ヨーグルトとコーヒーに関しても、オイル感は強めでしたが、しっかりかき混ぜれば問題なし。

桃世真弓 氏
スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏 のコメント

いろんな料理に幅広く使えそうです! これは全般に言えますが、MCTオイルは熱いコーヒーに入れたほうが飲みやすいと思います。都度よくかき混ぜて飲むといいでしょう。

松嶋千春 氏
編集者・ライター
松嶋千春 氏 のコメント

サラダが本当に食べやすくなってびっくり! この記事の最後に出てきますが、お味噌汁にかけても違和感ありませんよ。

ナチュラルレインボー「MCTオイル100EX」

ナチュラルレインボー
MCTオイル100EX 230g
実勢価格:1430円


原材料:パーム(マレーシア、インドネシア)、ヤシ(フィリピン)
製造:マレーシア
サイズ:φ4.5×H18.5cm
エネルギー:900kcal/100g

▼テスト結果

  • 味: 4/5点
  • サラダとの相性: 4.5/5点
  • ヨーグルトとの相性: 5/5点
  • コーヒーとの相性: 4/5点
  • 容器の使いやすさ: 3/5点
  • 合計: 20.5/25点

MCTオイルのおすすめランキング2位はナチュラルレインボー「MCTオイル100EX」でした。

ほのかに感じるクリーミーな甘みに嫌味がなく、ちょうどいいアクセントになっています。

相性がよかったのは、ヨーグルト。MCTオイルを入れても、爽やかなヨーグルトの風味を邪魔しません。

レタスサラダと合わせても、「まるでドレッシングみたい」と高評価でした。

桃世真弓 氏
スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏 のコメント

口に入れてしばらくすると少し風味が出てきますが、気にならない程度です。

松嶋千春 氏
編集者・ライター
松嶋千春 氏 のコメント

ほんのり風味を楽しみたい人にぴったりだと思います。口当たりが割とサラッとしていて食べやすいです。

持留精油「MCT 食べるオイル」

持留精油
MCT 食べるオイル 360g
実勢価格:2160円


原材料:100%ココナッツ由来
原産国:フィリピン
サイズ:φ5.6×H23.9cm(実測)
エネルギー:126kcal/14g(大さじ1)

▼テスト結果

  • 味: 5/5点
  • サラダとの相性: 3/5点
  • ヨーグルトとの相性: 5/5点
  • コーヒーとの相性: 4.5/5点
  • 容器の使いやすさ: 3/5点
  • 合計: 20.5/25点

MCTオイルのおすすめランキング同率2位にランクインしたのは、持留精油「MCT 食べるオイル」。無味無臭でなめらかな口当たりです。

コーヒーに入れると、酸味のある味わいが少しまろやかに。ヨーグルトとの相性も◎でした。

サラダと合わせたときは、まろやかなココナッツの甘みが少し立ってきました。

桃世真弓 氏
スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏 のコメント

口当たりは、サラサラとまったりの中間ぐらい。ヨーグルトに合わせると、オイリーさをあまり感じず食べやすかったです。

松嶋千春 氏
編集者・ライター
松嶋千春 氏 のコメント

無味無臭ではありますが、卵液に近いまろやかな風味を感じました。

4位: サハラ ・ インターナショナルグループ「ヴィー プレミアムMCTオイル」

サハラ ・ インターナショナルグループ
ヴィー プレミアムMCTオイル 236g
実勢価格:1800円


原材料:100%ココナッツ由来
原産国:マレーシア
サイズ:φ5×H24cm
エネルギー:900kcal/100g

▼テスト結果

  • 味: 4/5点
  • サラダとの相性: 3.5/5点
  • ヨーグルトとの相性: 5/5点
  • コーヒーとの相性: 4/5点
  • 容器の使いやすさ: 3/5点
  • 合計: 19.5/25点

4位はココナッツ由来100%の「ヴィー プレミアムMCTオイル」でした。MCTオイルのみでいただくと、ココナッツ風味の後味がもったりと、長く口の中に残ります。

コーヒー・ヨーグルトに合わせると、ココナッツの風味はそこまで気になりませんが、サラダにかけるとほんのりココナッツの風味が感じられ、徐々に甘みが出てきます。

回してはめるタイプの蓋はやや面倒ですが、注ぎ口が液ダレ防止仕様になっていて注ぎやすいです。

桃世真弓 氏
スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏 のコメント

そのままだとオイリーですが、ほかの食材と合わせると気になりませんね。

松嶋千春 氏
編集者・ライター
松嶋千春 氏 のコメント

3位製品に近い味わいかも。クセがなくて使いやすそうです。

5位: レインフォレストハーブジャパン「ココナッツ由来100% MCTオイル」

レインフォレストハーブジャパン
ココナッツ由来100% MCTオイル 170g
実勢価格:1280円


原材料:ココナッツ(有機バージンココナッツオイル5%配合、中鎖脂肪酸油98%)
原産国:タイ
サイズ:φ5×H16cm

▼テスト結果

  • 味: 5/5点
  • サラダとの相性: 4/5点
  • ヨーグルトとの相性: 3/5点
  • コーヒーとの相性: 3/5点
  • 容器の使いやすさ: 3.5/5点
  • 合計: 18.5/25点

5位のレインフォレストハーブジャパン「ココナッツ由来100% MCTオイル」は、各商品販売サイトのMCTオイルのおすすめランキングによく登場する人気商品です。

有機バージンココナッツオイル5%配合のため、ココナッツの豊かな香りを感じます。そのまま嗅ぐとほのかに香る程度ですが、ほかの食材と合わせることで、より香りが際立ってきます。

もっとも相性がよかった食材は、サラダ。ココナッツの風味を活かしたドレッシングとして使用するのもアリです。

小ぶりサイズの瓶は扱いやすいですが、液ダレしやすいのがやや気になりました。

桃世真弓 氏
スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏 のコメント

サラッとしていて、ココナッツの香りや甘みが感じられるので、そのままでもいけちゃいます。個性的なMCTオイルなので、合わせる食材は選ぶかもしれませんね。(※記事末尾の味噌汁との相性を参照ください)

松嶋千春 氏
編集者・ライター
松嶋千春 氏 のコメント

ヨーグルトやコーヒーに入れるとココナッツの主張が強いと感じましたが、「ココナッツ好きにはたまらないだろうな」と思わせる1本です。

6位: Happy Belly MCTオイル

[Amazon限定ブランド]
Happy Belly
MCTオイル 400g
実勢価格:1776円


原材料:MCT(中鎖脂肪酸)
原産国:スペイン製造
サイズ:φ6.3×H21cm
エネルギー:41kcal/4.6g(小さじ1)

▼テスト結果

  • 味: 3.2/5点
  • サラダとの相性: 3.5/5点
  • ヨーグルトとの相性: 3.3/5点
  • コーヒーとの相性: 3/5点
  • 容器の使いやすさ: 5/5点
  • 合計: 18/25点

MCTオイルのおすすめランキング6位は、Amazon限定ブランド「Happy Belly MCTオイル」です。

そのままいただくとほのかにココナッツの風味が感じられ、口当たりはサラッと軽め。

とくに相性がよかったのは、サラダです。クセが少なく食べやすいので、普通のオイル感覚で使えます。

容器はガラス瓶で若干重たいですが、注ぎ口が細くなっているので量を微調整しながら注げて使いやすいです。

桃世真弓 氏
スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏 のコメント

ヨーグルトやコーヒーに入れると酸味がまろやかになりました。

松嶋千春 氏
編集者・ライター
松嶋千春 氏 のコメント

程よい風味と口当たりの軽さは、幅広い料理に合いそうですね。

6位: 日清オイリオ「日清MCTオイル HC」

日清オイリオ
日清MCTオイル HC 200g
実勢価格:1636円


原材料:パーム(アブラヤシの実)、ヤシ(ココヤシの実)
原産国:主にマレーシア、インドネシア、フィリピン
サイズ:φ5.3×H17cm
エネルギー:41kcal/4.6g(小さじ1)

▼テスト結果

  • 味: 3/5点
  • サラダとの相性: 2/5点
  • ヨーグルトとの相性: 4/5点
  • コーヒーとの相性: 4/5点
  • 容器の使いやすさ: 5/5点
  • 合計: 18/25点

MCTオイルのおすすめランキング同率6位は日清オイリオ「日清MCTオイル HC」でした。無味無臭で、オイル感は強め。まったり重厚な口当たりです。

コーヒー・ヨーグルトと合わせても、自然な風味で食材の味を邪魔しません。

ただ、レタスサラダと合わせるとオイル感が強く、少しクドく感じてしまいました。

6位: 日清オイリオ「日清MCTオイル」

日清オイリオ
日清MCTオイル 200g
実勢価格:1620円

※auPAYは、セット販売ページを含みます。

原材料:パーム(アブラヤシの実)、ヤシ(ココヤシの実)
原産国:主にマレーシア、インドネシア、フィリピン
サイズ:φ5.3×H17.1cm
エネルギー:900kcal/100g

▼テスト結果

  • 味: 3.5/5点
  • サラダとの相性: 2.5/5点
  • ヨーグルトとの相性: 4/5点
  • コーヒーとの相性: 3/5点
  • 容器の使いやすさ: 5/5点
  • 合計: 18/25点

MCTオイルのおすすめランキング同率6位は日清オイリオ「日清MCTオイル」です。

先ほどの「日清MCTオイル HC」とボトルの形状は瓜ふたつですが、なにか違いはあるのでしょうか? ひとまず実食です。

日清MCTオイル HC」と味わいは似ていますが、口当たりはサラッとしています。ヨーグルトとの相性は○ですが、コーヒーはまずまず。サラダは可もなく不可もなくといったところ。

桃世真弓 氏
スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏 のコメント

「日清MCTオイル HC」も、この「日清MCTオイル」も、後味が残りますね。前者の口あたりはまったりしていて、後者はサラッとしているように感じます。リニューアル品かなにかですかね?

松嶋千春 氏
編集者・ライター
松嶋千春 氏 のコメント

日清オイリオに問い合わせたところ「販路によってボトルデザインを変えているだけで、中身は一緒」との回答がありました。でも、確かにこちらの緑のボトルほうがサラッとしている気がします。

9位: ブラウンシュガーファースト 有機JASエクストラバージンココナッツオイル

ブラウンシュガーファースト
有機JASエクストラバージンココナッツオイル 425g瓶
実勢価格:1745円


原材料:有機ココナッツ100%(有機JAS、USDA)無精製・無漂白
原産国:タイ
サイズ:φ8.5×H11.5cm
エネルギー:900kcal/100g

▼テスト結果

  • 味: 3.5/5点
  • サラダとの相性: 3.5/5点
  • ヨーグルトとの相性: 3.5/5点
  • コーヒーとの相性: 3.5/5点
  • 容器の使いやすさ: 2/5点
  • 合計: 16/25点

MCTオイルのおすすめランキング9位は、ブラウンシュガーファースト「有機JASエクストラバージンココナッツオイル」

MCT(中鎖脂肪酸)を約60%含有(ラウリン酸47%を含む)しています。

25℃以上の環境では透明の液体で、25℃を下回ると白く固化します。

蓋がかたくて開けづらく、温度によって状態が変化するのは扱いづらそうということで、使いやすさで得点を落としました。

ちなみに検証時点ではジャムのようなトロみがあり、パンに塗るのにも向いていそうでした。

サラダ、ヨーグルト、コーヒー、いずれの食材と合わせても、ココナッツの風味が感じられましたが、美味しくいただけました。

桃世真弓 氏
スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏 のコメント

ココナッツの香りが強いものの味自体は邪魔しないし、口溶けもいいので、幅広く使えると思いますよ。ココナッツが好きな方はぜひ!

松嶋千春 氏
編集者・ライター
松嶋千春 氏 のコメント

ヨーグルトやコーヒーに入れるとデザート感が増していい感じです!

9位: フラット・クラフト「CoCo ココナッツMCTオイル」

フラット・クラフト
CoCo ココナッツMCTオイル 360g
実勢価格:1398円


原材料:100%ココナッツ由来
原産国:シンガポール
サイズ:φ5.6×H23.9cm(実測)

▼テスト結果

  • 味: 5/5点
  • サラダとの相性: 2/5点
  • ヨーグルトとの相性: 3/5点
  • コーヒーとの相性: 3/5点
  • 容器の使いやすさ: 3/5点
  • 合計: 16/25点

MCTオイルのおすすめランキング同率9位の「CoCo ココナッツMCTオイル」は、Amazonでオイルの売れ筋上位に入る人気商品です。そのまま口に含むと、ココナッツの香りが強く感じられます。

コーヒーに入れると香りが甘く、酸味が強く感じるようです。ヨーグルトに混ぜるとココナッツの風味がしっかり立つので、ココナッツ好きの人にはよさそう。

サラダとの相性はイマイチ。ココナッツの香りが強く、オイルのクドさを感じます。

桃世真弓 氏
スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏 のコメント

ココナッツの風味はありますが、5位のレインフォレストハーブジャパン「ココナッツ由来100% MCTオイル」ほどのフレッシュ感はなく、後味がもったりしています。

11位: 勝山ネクステージMCTオイル

勝山ネクステージ
勝山ネクステージMCTオイル 450g
実勢価格:1516円

※auPAYは、セット販売ページを含みます。

原材料:パーム核油
原産国:インドネシア
サイズ:φ6.3×H24cm
エネルギー:900kcal/100g
カプリル酸(C8)/60%、カプリン酸(C10)/40%

▼テスト結果

  • 味: 3/5点
  • サラダとの相性: 3/5点
  • ヨーグルトとの相性: 4.5/5点
  • コーヒーとの相性: 3/5点
  • 容器の使いやすさ: 2/5点
  • 合計: 15.5/25点

MCTオイルのおすすめランキング11位は、1位商品と同じ勝山ネクステージから出ている「勝山ネクステージMCTオイル」です。1位の「仙台勝山館MCTオイル」がココナッツ由来100%なのに対し、「勝山ネクステージMCTオイル」はパーム核由来のMCT油です。

オイル感はしっかりめですが、香りにクセがなく使いやすいです。ヨーグルトに入れても違和感がありません。

サラダと一緒にいただくと、後から甘みが出てきました。

12位: ファンクティア ケトブースト

ファンクティア
ケトブースト 1Lペットボトル 944g
実勢価格:2780円


原材料:パーム、ココナッツ
原産国:マレーシア
サイズ:φ8.2×H29cm
エネルギー:880kcal/100g
カプリル酸(C8)/約60%、カプリン酸(C10)/約40%

▼テスト結果

  • 味: 3/5点
  • サラダとの相性: 3.2/5点
  • ヨーグルトとの相性: 3/5点
  • コーヒーとの相性: 3/5点
  • 容器の使いやすさ: 3/5点
  • 合計: 15.2/25点

MCTオイルのおすすめランキング12位は、ファンクティア「ケトブースト」です。

1Lの大容量なので、片手で持つにはやや重たいです。

ほぼ無味無臭で、食材の元の味を邪魔しません。

桃世真弓 氏
スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏 のコメント

ココナッツの風味はほんのわずか。余計な風味は要らないという人におすすめです。

松嶋千春 氏
編集者・ライター
松嶋千春 氏 のコメント

ペットボトル入りなので、ガラス瓶入りよりは軽くていいですね。無味無臭過ぎて、個人的にはちょっと物足りないかも……。

12位: メルローズ MCTオイル オリジナル

メルローズ
MCTオイル オリジナル 250mLペット 236g
実勢価格:2160円


原材料:ココナッツ由来100%中鎖脂肪酸油
原産国:フィリピン
サイズ:φ5×H18cm
エネルギー:123kcal/15ml(大さじ1)
カプリル酸(C8)/約60%、カプリン酸(C10)/約40%

▼テスト結果

  • 味: 2/5点
  • サラダとの相性: 3.2/5点
  • ヨーグルトとの相性: 3/5点
  • コーヒーとの相性: 3/5点
  • 容器の使いやすさ: 4/5点
  • 合計: 15.2/25点

MCTオイルのおすすめランキング同率12位は、メルローズ「MCTオイル オリジナル」です。

おおむね無味無臭ですが、口当たりがオイリーで、そのままいただくとやや甘ったるい印象。

ペットボトルの容器は軽くて扱いやすいですが、注ぎ口がフチのギリギリまで大きく空いているため、油がフタまわりに付きがちでした。

桃世真弓 氏
スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏 のコメント

そのままだとややクセがありますが、どの食材とも無難にマッチすると思います。

14位: ファンクティア「MCTオイル」

ファンクティア
MCTオイル 472g
実勢価格:1568円


原材料:100%ココナッツ由来
原産国:マレーシア
サイズ:φ6×H28.5cm
エネルギー:880kcal/100g
カプリル酸(C8)/約60%、カプリン酸(C10)/約40%

▼テスト結果

  • 味: 4/5点
  • サラダとの相性: 3/5点
  • ヨーグルトとの相性: 3/5点
  • コーヒーとの相性: 3/5点
  • 容器の使いやすさ: 2/5点
  • 合計: 15/25点

MCTオイルのおすすめランキング14位には、ファンクティア「MCTオイル」がランクイン。ココナッツの風味が感じられ、まろやかな口当たりとなっています。

ヨーグルトやコーヒーと合わせると、オイル感がありますが、長く後引くほどではありません。サラダにかけると、甘みとオイル感がくどく感じてしまいました。

500ml(472g)の大容量。これぐらいのサイズになってくると瓶が重たく、注ぐのが大変です。

15位: GronG(グロング)「MCTオイル」

GronG(グロング)
MCTオイル 500g
実勢価格:1980円

※Yahoo!、auPAYは、セット販売ページを含みます。

原材料:100%ココナッツ由来
原産国:シンガポール
サイズ:φ8×H30cm
エネルギー:900kcal/100g

▼テスト結果

  • 味: 3/5点
  • サラダとの相性: 4/5点
  • ヨーグルトとの相性: 2.5/5点
  • コーヒーとの相性: 3/5点
  • 容器の使いやすさ: 2/5点
  • 合計: 14.5/25点

MCTオイルのおすすめランキング15位は、GronG(グロング)「MCTオイル」。しっかりとしたココナッツの風味がありますが、後味が長引かず食べやすいです。

サラダと合わせるとココナッツの甘みが際立ちますが、オイル感が控えめなのでくどくありません。「ココナッツドレッシングとして使えるぐらいおいしい」と桃世さんも好感触です。

ヨーグルトやコーヒーと合わせると、若干オイルが重たく感じますが、ココナッツの風味が好きならアリでしょう。

桃世真弓 氏
スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏 のコメント

ココナッツが好きな人におすすめです! 口あたりはサラッとしています。

松嶋千春 氏
編集者・ライター
松嶋千春 氏 のコメント

潔いココナッツ風味ですね!

15位: タスオイル「MCTオイル」

[Amazon限定ブランド]
タスオイル
MCTオイル 480g
実勢価格:1798円


原材料:100%ココナッツ由来
原産国:シンガポール
サイズ:φ6.5×H20.8cm(実測)
エネルギー:900kcal/100g
カプリル酸(C8)/約60%、カプリン酸(C10)/約40%

▼テスト結果

  • 味: 3/5点
  • サラダとの相性: 2/5点
  • ヨーグルトとの相性: 3.5/5点
  • コーヒーとの相性: 4/5点
  • 容器の使いやすさ: 2/5点
  • 合計: 14.5/25点

MCTオイルのおすすめランキング同率15位は、Amazon限定ブランドタスオイル「MCTオイル」でした。

ココナッツの風味が強く、口あたりはまったり・もったりとして重めです。サラダにかけると甘みが立って食べづらく感じました。

コーヒーとの相性は○。甘い香りも、コーヒーの味を邪魔せずいいアクセントになっています。

桃世真弓 氏
スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏 のコメント

こちらもココナッツ好きの人におすすめですね。同率15位のGronGよりも甘みは強めです。

17位: COCOLAB「MCTオイル」

COCOLAB
MCTオイル 450g
実勢価格:2160円


原材料:100%ヤシの実由来
原産国:不明
サイズ:W6.5×D6.5×H22.7cm(実測)

▼テスト結果

  • 味: 3/5点
  • サラダとの相性: 2/5点
  • ヨーグルトとの相性: 3/5点
  • コーヒーとの相性: 4/5点
  • 容器の使いやすさ: 1/5点
  • 合計: 13/25点

ヤシの実由来100%のCOCOLAB「MCTオイル」がMCTオイルのおすすめランキング17位に。オイリーな口あたりのため、そのままだとくどく感じます。

サラダとの相性は、ココナッツの風味とオイルが強すぎてイマイチ。ヨーグルトにまぜると、風味が主張してきました。

コーヒーに混ぜて飲むと、独特の風味も気になりませんでした。

18位: フローラ・ハウス オーガニックMCTオイル

フローラ・ハウス
オーガニックMCTオイル 250mL 227g
実勢価格:3100円


原材料:有機ココナッツ油(有機中鎖脂肪酸油)
原産国:カナダ
サイズ:φ6.2×H13.8cm
エネルギー:122kcal/13.6g(15ml)

▼テスト結果

  • 味: 3/5点
  • サラダとの相性: 3/5点
  • ヨーグルトとの相性: 2.5/5点
  • コーヒーとの相性: 3/5点
  • 容器の使いやすさ: 1.5/5点
  • 合計: 12.5/25点

MCTオイルのおすすめランキング18位は、フローラ・ハウス「オーガニックMCTオイル」でした。無味無臭ですが、口当たりはオイリー。

ヨーグルトとの相性はイマイチ。かき混ぜても一体感がなく、やや食べづらかったです。

蓋は回し開けるタイプで、締まりが硬くて開けるのに苦戦。普通の薬瓶のような形状なので、液ダレしがちでした。

桃世真弓 氏
スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏 のコメント

サラダでは後味に少しココナッツらしさを感じましたが、コーヒーに混ぜると風味が主張せず、飲みやすかったです。

19位: プレミアムマーケティング「プレミアム MCTオイル」

プレミアムマーケティング
プレミアム MCTオイル 250g
実勢価格:1188円


原材料:100%ココナッツ由来
原産国:マレーシア
サイズ:φ5.5×H20.5cm

▼テスト結果

  • 味: 2/5点
  • サラダとの相性: 2/5点
  • ヨーグルトとの相性: 1/5点
  • コーヒーとの相性: 4/5点
  • 容器の使いやすさ: 3/5点
  • 合計: 12/25点

MCTオイルのおすすめランキング19位は、プレミアムマーケティング「プレミアム MCTオイル」でした。

そのままだと雑味があります。サラダやヨーグルトなど、冷たい食べ物と合わせるのには向かないかも……。

ホットコーヒーに入れると、MCTオイルの風味や香りは何も感じず、飲みやすかったです。

20位: LOHAStyle「MCTオイル ピュアオイル」

LOHAStyle
MCTオイル ピュアオイル 450g
実勢価格:1780円


原材料:ココヤシ アブラヤシ(果肉を原材料とするパーム油ではありません)
原産国:マレーシア、インドネシア(国内にて充填・製造)
サイズ:サイズ:W6.5×D6.5×H22.7cm(実測)
カプリル酸(C8)/55~65%、カプリン酸(C10)/35~45%

▼テスト結果

  • 味: 2/5点
  • サラダとの相性: 2/5点
  • ヨーグルトとの相性: 2/5点
  • コーヒーとの相性: 2/5点
  • 容器の使いやすさ: 1/5点
  • 合計: 9/25点

MCTオイルのおすすめランキング20位は、LOHAStyle「MCTオイル ピュアオイル」でした。

四角い形状の瓶は、17位のCOCOLAB「MCTオイル」と同タイプ。胴体が太いので、手が小さな人にとっては持ちにくいです。

いずれの食材と合わせても、独特の後味が残り、相性はイマイチでした。

以上、MCTオイルのおすすめランキングでした。続いて、「ギー+MCTオイル」のランキングをご紹介します。

▼完全無欠コーヒー作りにおすすめな「ギー+MCTオイル」5選

ここからは、完全無欠コーヒー作りに欠かせないギー(グラスフェッドバター)とMCTオイルが一緒になった商品を5つご紹介。比較的液体がサラッとしているボトル入りオイル、ギーの粒感が残るガラス瓶入りオイル、完全無欠コーヒー(バターコーヒー)作りに特化した粉末タイプが登場します。

「コーヒーとの相性」「容器の使いやすさ」の2項目の点数を元にランキング化しましたが、粉末以外のオイル3商品についてはその他の食品と合わせた味の評価も行なっていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

それでは、さっそく1位から参りましょう!

フラット・クラフト Coco MCT&ギーオイル

フラット・クラフト
Coco MCT&ギーオイル 360g
実勢価格:2498円

※auPAYは、セット販売ページを含みます。

原材料:ココナッツ由来100%MCTオイル(シンガポール産)、グラスフェッドバター(オランダ産)
サイズ:サイズ:φ5.7×H23.8cm
エネルギー:899kcal/100g

▼テスト結果

  • コーヒーとの相性: 3.2/5点
  • 容器の使いやすさ: 4/5点
  • 合計: 7.2/10点

ギー+MCTオイルのおすすめランキング第1位は、フラット・クラフト「Coco MCT&ギーオイル」です!
 

細身のワンタッチ蓋つきボトルは使い勝手○。ギーの成分である乳脂肪の結晶が瓶の底に沈殿しているので、軽く振ってから使いましょう。

1杯分のコーヒーにギー+MCTオイル大さじ1(約15ml)を入れたら、ハリオのクリーマーで30秒間攪拌します。
(※本来はポットを持ち手側に傾けて攪拌します)

しっかり泡立てることでコーヒーと油の分離感が軽減され、クリーミーな口当たりで飲みやすくなります。飲みはじめはギーの乳臭さが気になりませんでしたが、後からギーの個性が出てきました。

桃世真弓 氏
スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏 のコメント

ギー+MCTオイルのなかでは扱いやすく、よく泡立てればコーヒーは飲みやすく仕上がります。ちなみに、サラダと合わせると口の中がまったりしすぎて食べづらく、ヨーグルトと合わせると味に一体感がなくバラバラな印象でした。

松嶋千春 氏
編集者・ライター
松嶋千春 氏 のコメント

初めてギーというものを口にしましたが、パルメザンの粉チーズのような乳製品の香りがしますね! これ、泡立てない状態で飲むのは結構キツいかも……。

勝山ネクステージ 仙台勝山館 MCTコーヒークリーマー

勝山ネクステージ
仙台勝山館 MCTコーヒークリーマー165g
実勢価格:1944円

※auPAYは、セット販売ページを含みます。

原材料:MCT(中鎖脂肪酸油)、乳たんぱく質、マルトデキストリン、グラスフェッドバター、ココナッツオイル、オーガニックギー、アカシア食物繊維、(一部に乳製品を含む)
原産国:台湾
サイズ:サイズ:W19.8×D4.5×H15.9cm(実測)
エネルギー:35.79kcal/5g(付属のスプーン1杯)

▼テスト結果

  • コーヒーとの相性: 3.2/5点
  • 容器の使いやすさ: 3.5/5点
  • 合計: 6.7/10点

ギー+MCTオイルのおすすめランキング第2位は、勝山ネクステージ「仙台勝山館 MCTコーヒークリーマー」です。

糖質0gで、香料、着色料、保存料、砂糖、人工甘味料は不使用。

ココナッツ由来のMCTオイル、グラスフェッドバター、ココナッツオイル、オーガニックギーなどを粉末状にし、コーヒーに混ぜるだけでバターコーヒー(完全無欠コーヒー)が簡単にできちゃいます。

シール付きの袋の中には、専用のスプーンが入っています。

コーヒーに入れてミルクフォーマーで泡立てた後は、カフェオレのような色合い。乳臭さがなく、飲みやすいバターコーヒーに仕上がりました。

桃世真弓 氏
スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏 のコメント

クリープを入れすぎたコーヒーのような味わいです。少しだけ溶け残りがあったので、コーヒーに混ぜる際は注意しましょう。

松嶋千春 氏
編集者・ライター
松嶋千春 氏 のコメント

まさにクリープ感覚で使えるので、毎日続けやすいと思います。紅茶に溶かしてみたら、ちゃんとミルクティーらしい味わいになりました。

フラット・クラフト エブリディ・バターコーヒー コーヒーミックス

フラット・クラフト
エブリディ・バターコーヒー コーヒーミックス 150g
実勢価格:1660円


原材料:インスタントコーヒー(ベトナム)、デキストリン、中鎖脂肪酸、バターオイル、脱脂粉乳/アラビアガム、カゼインナトリウム
原産国:ギー(オランダ産)、MCTオイル(シンガポール産)、製造・充填は日本国内
サイズ:サイズ:W16×D5×H18cm
エネルギー:16.31kcal/3.5g

▼テスト結果

  • コーヒーとの相性: 3/5点
  • 容器の使いやすさ: 2/5点
  • 合計: 5/10点

ギー+MCTオイルのおすすめランキング第3位は、フラット・クラフト「エブリディ・バターコーヒー コーヒーミックス」です。

こちらは、ギーオイル(ギー)パウダー、MCTオイルパウダーに加えて、コーヒーまで一緒になっています。150gで、バターコーヒー約42杯分です。

2位の「仙台勝山館 MCTコーヒークリーマー」と同じく、シール付きの袋入り。スプーンは付いていません。

ギー独特の乳臭さを感じましたが、比較的飲みやすいです。

桃世真弓 氏
スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏 のコメント

バターコーヒーというより、コーヒー風味のギーといった印象です。

松嶋千春 氏
編集者・ライター
松嶋千春 氏 のコメント

コーヒーの美味しさは感じにくいけれど、材料がこれだけで完結するので超手軽ですね! 溶け残りも気になりませんでした。

4位: Mother's Market ギーオイル + MCTオイル

Mother's Market
ギーオイル + MCTオイル 300g
実勢価格:6480円(2個セット)


原材料:バターオイル(ウガンダ製造)、中鎖脂肪酸油(ココナッツオイル由来)
サイズ:φ7.8×H12.2cm(実測)
エネルギー:911kcal/100g
※単品が品切れのため、Amazonのリンク先は2個セットです。

▼テスト結果

  • コーヒーとの相性: 2.5/5点
  • 容器の使いやすさ: 2/5点
  • 合計: 4.5/10点

ギー+MCTオイルのおすすめランキング第4位は、瓶入りタイプのMother's Market「ギーオイル + MCTオイル」です。

オイルと乳脂肪分が分離しているので、底からよくかき混ぜてすくいましょう。

コーヒーにそのまま入れるだけだとギーの粒感が残ってしまうので、ミルクフォーマーで攪拌することを推奨します。

バターコーヒーはややオイリーな口当たりですが、乳臭さは控えめでした。

サラダにかけるとチーズドレッシングのような感じで相性はまずまず。パンにつけると、パンの耳の香ばしさで乳臭さが緩和されました。

桃世真弓 氏
スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏 のコメント

粉チーズのような味ですが、乳臭さはそこまで目立っていません。もしパンにつけるなら、白パンよりも、トーストしたパンや香ばしさの強いパンのほうが相性が良さそうです。

松嶋千春 氏
編集者・ライター
松嶋千春 氏 のコメント

ヨーグルトに入れると乳臭さが際立ちました。やや塩味も感じるので、サラダやスープのトッピングに使いたいです。

5位: フラット・クラフト エブリディ・バターコーヒー ギー&MCTオイル

フラット・クラフト
エブリディ・バターコーヒー ギー&MCTオイル 300g
実勢価格:2680円

※auPAYは、セット販売ページを含みます。

原材料:グラスフェッドギー(オランダ産)、ココナッツ由来100%中鎖脂肪酸油(シンガポール産)
サイズ:φ7.5×H13.5cm
エネルギー:899kcal/100g

▼テスト結果

  • コーヒーとの相性: 2/5点
  • 容器の使いやすさ: 2/5点
  • 合計: 4/10点

ギー+MCTオイルのおすすめランキング第5位は、3位商品と同じブランドのフラット・クラフト「エブリディ・バターコーヒー ギー&MCTオイル」です。

バターコーヒーは膜を張ったようにオイリーで、重たい口当たりです。

サラダにかけると乳臭さが目立って食べづらかった一方で、ヨーグルトとの相性は意外にも○。ギーの風味は残っているものの、乳臭さが中和されて食べやすくなりました。

ココナッツ香の強いMCTオイル×味噌汁のお味は……!?

最後に、上位のMCTオイル、ココナッツの香りが際立ったMCTオイル、ギー+MCTオイルを味噌汁に加えて味わいを確かめてみました。

検証に使用したのは、永谷園のフリーズドライ味噌汁「あさげ 揚げなす 減塩」です。

はたして、MCTオイルと和の味との相性はいかに……?

【1位】勝山ネクステージ「仙台勝山館MCTオイル」

 

1位の「仙台勝山館MCTオイル」は、オイルの香りが気にならず、まったりとした口当たりも揚げなすの味噌汁とよく合いました。

【2位】ナチュラルレインボー「MCTオイル100EX」

 

2位のナチュラルレインボー「MCTオイル100EX」も、香りと後味が気にならず美味しくいただけました。

【5位】レインフォレストハーブジャパン「ココナッツ由来100% MCTオイル」

 

ココナッツの香りが強めな5位のレインフォレストハーブジャパン「ココナッツ由来100% MCTオイル」は、やはりココナッツの香りがガツンときました! 味噌汁とココナッツという摩訶不思議な味わいに桃世さんも苦笑。

【9位】ブラウンシュガーファースト「有機JASエクストラバージンココナッツオイル」

 

こちらもココナッツが強く香る一品。

味噌汁に入れてもココナッツの風味は健在ですが、甘ったるい香りではないので、意外と違和感なくいただけました。

【ギー+MCTオイル4位】Mother's Market「ギーオイル + MCTオイル」

 

味の評価が高かったMother's Market「ギーオイル + MCTオイル」を味噌汁に入れたところ、ギーの風味が際立ちました。

桃世真弓 氏
スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏 のコメント

クセが強い……!

松嶋千春 氏
編集者・ライター
松嶋千春 氏 のコメント

最初から粉チーズだと思って食べれば結構イケます……(笑)。

おわりに

以上、MCTオイルのおすすめランキング25選のご紹介でした。ココナッツの香りや風味が際立つ商品はいくつかありましたが、合わせる食材によって食べやすさは全然違ってきました。

無味無臭がいいのか、ココナッツ風味がいいのか、はたまたコーヒーに入れて飲むのか、お味噌汁に入れて飲むのか……ご自身の好みに合わせて、ぜひMCTオイルを食生活に取り入れてみてくださいね!

▼完全無欠コーヒー(バターコーヒー)作りに使用したクリーマーはこちら

 

HARIO(ハリオ)
クリーマー・キュート ブラウン CQT-45BR
実勢価格:3080円


サイズ:14.5×10.5×20.5cm
牛乳使用量:100ml(実用容量:450ml)
素材:ポリプロピレン、ABS樹脂、ステンレス、耐熱ガラス
電源:単3アルカリ乾電池 2本使用
定格時間:標準連続使用時間/30秒、連続使用可能時間/60秒

ハリオのクリーマーがあれば、バターコーヒーやふわふわ泡のカフェラテを作るのに大活躍すること間違いなし!

商品について以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ併せてチェックしてみてください。