2020年の大感動を発表! 「家電批評 オブ・ザ・イヤー」を解説

いろいろあった2020年も、『家電批評』はおうち家電を中心に、4Kテレビや冷蔵庫など大型・定番品まで3521の家電製品をテストしてきました。そこで今回は、使った瞬間に思わず歓声が上がった感動品を総まとめ!「家電批評 オブ・ザ・イヤー」として発表します。

特に気を張って頑張った一年。ご褒美にもギフトにも早く買えば良かったと思えるベスト家電カタログです!

▼【家電批評 オブ・ザ・イヤー2020】記事はコチラ!

今回は、アツアツ出来たてが目の前で食べられる電気フライヤーのご紹介です。

キッチン揚げ物パーティーもラクラク! 象印マホービン「あげあげEFK-A10」

王冠アイコン

象印マホービン
あげあげEFK-A10
実勢価格:6380円

サイズ・重量:W30×D18×H18mm・約2.1kg
コード長:1.9m
消費電力:最大1000W
容量:1L

揚げ物は面倒でうまく仕上がらないというイメージが多いのでは? 卓上フライヤーが一台あるだけで、そんなストレスから開放され、カンタンに楽しむことができます。

象印マホービン「あげあげEFK-A10」は、他製品の電気フライヤーと比べ、温度の上昇と管理の性能がバツグンで常に一定の温度をキープします。また、油ハネもそこまで感じず安心して使うことができました。

ベストな理由:温度管理が超優秀!

象印は油の温度管理が優秀で、ずっと一定の温度にキープしてくれました。さらに180℃になるまでの時間も圧倒的な速さです!

▼180℃になるまでの時間
8分30秒

ベストな理由:サイズも小さく使いやすい!

卓上に置きやすいコンパクトなサイズで、おうちでも気軽に使うことができます!揚げ物をするハードルが下がりそうです。

以上、「家電批評・オブ・ザ・イヤー2020」に選出された象印マホービンの電気フライヤー「あげあげEFK-A10」の紹介でした。これなら、みんなで好きなものを自由に揚げるスタイルの揚げ物パーティーも超カンタンに、楽しくできます。ぜひアツアツをほおばってくださいね!

▼電気フライヤーを使ったレシピ紹介はこちら

『家電批評』 2021年1月号

晋遊舎
家電批評
2021年1月号
700円

ステイホームな1年間のご褒美カタログ『家電批評』2021年1月号はこちらからも購入できます。「人に会えない」「家から出られない」「元気になれない」そんな2020年の悩みを支えてくれたベスト家電をぜひチェックしてください!