パソコン圧倒的コスパでパソコン市場を席巻する人気CPU「Ryzen(ライゼン)」とは?

「Ryzen(ライゼン)」はAMD社が2017年にリリースしたCPUです。それまでAMDのCPUはローからミドル帯の一部で、最大手であるインテル製CPUよりコストパフォーマンスが優れているモデルがある程度で、市場全体としてはインテルに大きな差を付けられていました

しかし、ライゼンはローエンドからハイエンドまで性能・価格ともにインテルCPUよりも優れており、徐々に採用するパソコンが増えました。今では価格コムのノートPC人気売れ筋ランキングトップ20の内、13台がAMDのCPUを搭載しており、インテルCPU搭載製品以上に人気を博しています(2020年11月調べ)。

でも、「CPUがスゴいと言われても、なにがいいのか分かりづらい」という人もいるのでは? そこで本特集では、ライゼン搭載パソコンの中でも特にお買い得なモデルを紹介していきます。

パソコン用途と目的別で適性をチェック! 6項目で性能を徹底評価しました

今回は、レビューした各機の性能を用途・目的別にチェックしました。評価したのは以下の6項目です。

【ネット・SNS】
Web閲覧やメール、SNSを快適に利用できるかを評価

【動画】
高品質な液晶やスピーカー、光学ドライブの搭載、動画再生能力を評価

【ビジネス】
MS Office、生体認証の搭載、サポート、キーボードなどビジネス適正を評価

【クリエイティブ】
CPU性能、ストレージ容量、画面サイズ、キーボード、タッチパッドなどで評価

【ゲーム】
GPU性能、液晶のリフレッシュレートといったゲーム適正で評価

【モバイル】
本体質量、サイズ、バッテリー駆動時間、頑丈さ、携帯性などから評価

  • ネット・SNS: 5/5点
  • 動画: 5/5点
  • ビジネス: 5/5点
  • クリエイティブ: 5/5点
  • ゲーム: 5/5点
  • モバイル: 5/5点
  • 合計: 30/30点

チャートの点数は3点が普通。4点は優れている、5点はかなり優れているという評価です。おもな用途の項目は4点以上あると安心です。

それでは実際にチェックしてみましょう。

パソコン「Inspiron 14 5000」はの性能と独自機能をもつ高コスパマシン

デル
Inspiron 14 5000
プレミアム

実勢価格:5万7852円


CPU:AMD Ryzen 5 4500U(2.3GHz)
メモリ:8GB
ストレージ:256GB(SSD)
ディスプレイ:14型(1920×1080)
サイズ・質量:約W321.3×H18.4×D216.2mm・1.4kg

14型というモバイルノートとしては大画面なディスプレイに、持ち歩き可能なサイズ。そこに、Ryzen 5という十分な性能のCPUを搭載したベーシックなPCです。突出した性能はないものの、フルHDディスプレイにタイプしやすいキーボードの使い勝手は良好です。

さらにスマホ連動機能が使いやすく、Windows 10標準の機能よりもスマホとの接続が非常に簡単。屋外でもスマホからの電話やSNSの着信を、パソコンで素速く受け取れます。

スマホ連携機能:パソコンとスマホをらくらく連携

デル独自のスマホ連動機能である「Dell Mobile Connect」を搭載。公式スマホアプリを使うと、パソコンとスマホの連動がスムーズになります。

セキュリティ:指紋認証リーダーを搭載

キーボード上に指紋認証リーダーを搭載しています。低価格でもセキュリティの基本は外していません。

バッテリー:急速充電で素早く再充電が可能

デル独自のバッテリー急速充電機能の「ExpressCharge」を搭載。60分で最大80%もの充電が可能で、バッテリー切れを起こしても素速く再充電ができます。

モバイル性:携帯性を損なわないサイズと重量

画面は14型ですが、持ち歩きのしやすさは13型のモバイルPCとほぼ変わりません。

インターフェース:USB端子は必要最低限でも映像出力を備える

USBはType-Aが2基、Type-Cが1基のみですが、HDMIとmicroSDリーダーを備えます。

キーボード:暗い場所でも使えるバックライトを搭載

格安モデルながらもバックライトを搭載しており、場所を選ばない使いやすさがあります。

  • ネット・SNS: 4点
  • 動画: 2点
  • ビジネス: 3点
  • クリエイティブ: 2点
  • ゲーム: 2点
  • モバイル: 4点
  • 合計: 17/30点