家電2020の総まとめ!最強コスパの家電&デジタル一挙公開

コロナ禍に見舞われたこの一年間、ネットを疑う家電ガイド『家電批評』ではテストにテストを重ね、数々の掘り出しものを発見してきました。その中には、こんな時代だからこそ生まれたベストヒットアイテムも。

今回は、家電界隈をくまなく巡ってきた取材班が思わずうなった、性能も価格も譲らない注目製品を選りすぐってご紹介します。

家電今年はこんなものがヒットしました

振り返ってみると、2020年3月の緊急事態宣言とともに、コロナ対策グッズが大注目となりました。また、巣ごもり需要で家電でもさまざまなモノが売れました。

▼パナソニック「ジアイーノ」
品薄になりプレミア化。空気清浄機の売り上げもUP。

▼パソコン・周辺機器
テレワーク需要でパソコンや周辺機器が売れ、Webカメラやヘッドセットは特に品薄に。

▼キッチン家電
外出自粛でキッチン家電人気に火がつきました。また感染予防の観点から、体温計やハンドソープの自動ディスペンサーなど非接触家電も人気に。

▼ドライブレコーダー
直接コロナとは関連しませんが、あおり運転の厳罰化で需要がさらに高まりました。

▼Nintendo Switch
大人気ソフト「あつまれ どうぶつの森」の発売に加えて、外出自粛の影響で、Nintendo Switchも大争奪戦に。

▼4Kテレビ
オリンピック需要が期待された4Kテレビですが、延期になっても巣篭もり需要で販売台数は好調。とくにハイセンスでは前年比200%を超える大ヒット。

さて今回は、おうち時間多めな日々にうれしい白物家電からタイガー魔法瓶「電気ケルト」、アイリスオーヤマ「サーキュレーター」「ドラム式洗濯機」をご紹介します!

家電熱くならないから安心のケトル タイガー魔法瓶「わく子 PCL-A100」

タイガー魔法瓶
わく子 PCL-A100
実勢価格:4101円

サイズ:W165× H216×D223mm 本体重量:約800g 消費電力:1300W

▼テスト結果
300mlの沸とう時間:1分52秒
満水の沸とう時間  :4分40秒


メーカーは省スチームをうたっていますが、検証ではほぼ蒸気が出なかったタイガー魔法瓶「わく子 PCL-A100」。1Lと容量は十分なうえ、満水でも5分以下で沸騰します。

蒸気がほとんど出ないから安心

実際に湯を沸かしてみましたが、目を凝らしても蒸気はほとんど見られませんでした。二重構造で本体は熱を持ちにくいため、子どもがいる家庭でも安心して使えます。

家電ずっと人気のアイリスオーヤマのサーキュレーター

アイリスオーヤマ
PCF-HD15N
実勢価格:2255円

サイズ・重量:W24.1×H26.6×D17.5cm・1.4kg 材質:ポリプロピレン、HIPS、ABS 電源:AC100V(50/60Hz共用) 風量設定:静音・中・強 角度調節:6段階(-20~90度) 適応床面積:~8畳 コードの長さ:約1.4m

エアコンの風をかきまぜることで冷暖房効率が上がるアイリスオーヤマのサーキュレーター「PCF-HD15N」。アイリスオーヤマは静音モードでも3m先まで真っすぐ風が届く優秀さを見せました。

モードは静音・中・強と3段階でダイヤルを回すだけ。たった2000円ちょっとで今年の冬を暖かく過ごせます。換気対策としても役立ちます。

「静音モード」でも3m以上先まで届く

検証では一番弱い「静音モード」でも3m以上先まで真っすぐ風を送りました。

家電ドラム式洗濯機デビューに最適なアイリスオーヤマ「HD81AR」

アイリスオーヤマ
HD81AR
実勢価格:8万4800円

サイズ・重量:W607×D672×H954mm・約72kg 運転音(洗濯・脱水):約40・50dB 消費電力:200W 標準使用水量:77L

なんと8万円台で手に入るドラム式洗濯機、アイリスオーヤマ「HD81AR」。乾燥機能はありませんが、温水洗浄時の汚れ落ちはハイエンド機顔負けです。コース洗濯もシンプルでわかりやすいのが魅力。汚れた洗濯物の量が多い家庭にもオススメです。

洗浄力はバツグン

温水約40℃で洗濯したところ、口紅やカレーなど頑固が汚れがほとんど見えなくなりました。

以上、冬も快適な白物家電3選「電気ケルト」「サーキュレーター」「ドラム式洗濯機」のご紹介でした。どれも「ちょっと便利」が生活を変えるものばかりですので、気になった人はぜひ購入を検討してみてください。

家電『家電批評』2020年12月号

家電批評
2020年10月号

家電デジタルの最強コスパ140製品を紹介した「安くて良いモノ スペシャル」を特集している『家電批評』2020年12月号はこちらから購入できます。ぜひチェックしてみてくださいね。