キッチン今こそ替え時!ラクちんキッチンツールを検証します

計量カップやおろしがね、ピーラーなどなど、お家に必ずある定番のキッチンツール。地味な存在で、昔からずっと買い替えていないというお宅も多いのではないでしょうか。

でもじつは、キッチンツールも着実に進化。ラクで使いやすく改良されています。使いにくさを感じているなら、今こそ替え時かもしれません。

今回は数あるキッチンツールの中から、SNSで話題の製品や注目の新商品を200点ピックアップ。類似品と比較・検証しました。ストレスなし、ラク~に調理できるツボを押さえた優秀アイテムだけを紹介します!

キッチンストレスなくむける!ステンレス製ピーラー5選

野菜の皮をむくのって結構疲れるし、時間がかかるし、面倒ですよね。ピーラーの刃が引っかかって、キレイにむけないとイライラしてしまいます。

そこで、むきやすくて使いやすいピーラー選びがカギになります。素材はお手入れがラクなステンレス製がおすすめですよ。

ピーラーのラクつぼ

ピーラーは皮をむくときだけでなく、ジャガイモなどの芽を取るときにも使います。

今回の検証でベストに輝いた「貝印」のピーラーには、輪っか型の芽取りが付いています。爪型に比べて圧倒的に取りやすく、包丁に持ち替える手間も省けます!

実際にむいた皮の厚さを測ってみました。貝印は軽い力で薄くむけるので、わずか0.89mm。

一方、他製品は1.17mmと、食材が無駄になってしまいました。

そこで今回は、お手入れがラクなステンレス製のピーラー5点をプロと一緒に検証しました。「持ちやすさ」「むきやすさ」「芽の取りやすさ」の3項目で評価し、ランキングにしたので、ぜひご覧ください!

A評価皮が薄くむける貝印「SELECT100 T型ピーラー」

貝印
SELECT100 T型ピーラー
実勢価格:1320円

▼テスト結果
持ちやすさ  :◎
むきやすさ  :◎+
芽の取りやすさ:◎+


今回最も評価が高かったのは、貝印「SELECT100 T型ピーラー」でした!

刃が少し斜めになっているのでスッと入りやすく、皮がちぎれず薄くむけます。

グリップが手になじむので、持ちやすいです。

皮がスーッと薄く長く向けるので気持ちいい! 手間のかかる皮むきが、あっという間に終了しました。

小越明子 氏
フードコーディネーター
小越明子 氏 のコメント

斜めの刃でむきはじめが入りやすいです。

A評価持ち手がフィットする無印良品「ステンレス皮引き」

無印良品
ステンレス皮引き
実勢価格:690円

▼テスト結果
持ちやすさ  :○
むきやすさ  :◎
芽の取りやすさ:○

無印良品「ステンレス皮引き」
も持ち手がフィットするので使いやすく、A評価に。刃のあたりがよく、ゴツゴツしたジャガイモでも軽い力でしっかりむけました。

B評価刃あたりがやさしいカインズ「ステンレス製ピーラー」

カインズ
ステンレス製ピーラー
実勢価格:498円

※実店舗のみの取り扱い商品です。

▼テスト結果
持ちやすさ  :△
むきやすさ  :◎
芽の取りやすさ:△

カインズ「ステンレス製ピーラー」
は、刃当たりがやさしく、なかなかのむきやすさ。ただ、芽取りが爪型のためかジャガイモが無駄にえぐれてしまいました。

B評価グリップが微妙だったニトリ「ステンレスピーラー(滑り止め付き)」

ニトリ
ステンレスピーラー(滑り止め付き)
実勢価格:407円

▼テスト結果
持ちやすさ  :△
むきやすさ  :◎
芽の取りやすさ:△

ニトリ「ステンレスピーラー(滑り止め付き)」
は、皮がスルスルむけるものの、持ちやすさが残念……。グリップが膨らんでいるので、小さな手の人には使いづらいかも。

C評価: 持ち手が惜しいセリア「ステンレス シンプル ピーラー」

セリア
ステンレス シンプル ピーラー
実勢価格:110円

▼テスト結果
持ちやすさ  :△
むきやすさ  :○
芽の取りやすさ:×

セリア「ステンレス シンプル ピーラー」
は、バリが残っていて持ち手がチクチクしました。芽取りは付いていません。

以上、ステンレス製ピーラー5製品比較のご紹介でした。今回ベストの貝印は、むきやすさバツグン。毎日使うなら、スーッとラクにむけるピーラーを手に入れて、ストレスなくお料理してくださいね!

▼手が疲れないおろし器を探したテスト記事はこちら