スマートフォンiPadをお風呂やプールで使うには?

iPadをお風呂やプールで使うには? iPad用防水ケースおすすめ イメージ

ネットサーフィンやメール、音楽・動画鑑賞から写真管理、読書まで、1台で何役もこなすiPad(アイパッド)。料理をする方にとってはこんな風に、キッチンでレシピを見ながら料理できるのも使い勝手が良いですよね。

iPadをお風呂やプールで使うには? iPad用防水ケースおすすめ イメージ2

また、場所を選ばずにどこでも使えるのが、iPadの最大の魅力です。海やプールでの海水浴やキャンプなどのアウトドアでも大活躍します。

しかし、メリットが山ほどあるいっぽうで、各所で言われていることですが唯一残念な点が防水ではないこと。iPhoneには耐水性があるために、ついつい誤解しそうですが、iPadはいまも防水非対応です。

そのため、お風呂など家の中の水周りの場所や、雨の心配のあるキャンプ場などに、iPadを防水カバーなしで裸のまま持っていくのはリスクが伴います。

ちなみに、iPhone(アイフォン)では「7」以降の機種が耐水機能を兼ね備えています。

iPadをお風呂やプールで使うには? iPad用防水ケースおすすめ イメージ3

「ジップロック」は防水ケースに使える?

それでは、防水機能のないiPadを水から守るにはどうしたらよいのでしょうか? 手始めに、身近な消耗品である「ジップロックを使う」という方法を試してみました。

ジップロックは沈めてすぐに浸水してしまいました

ジップロックは沈めてすぐに浸水してしまいました iPad用防水ケースおすすめ イメージ

ジップロックの「フリーザーパックL」に、濡れたら一目瞭然な半紙を10枚(浸水すると予想されたため、iPadは入れていない)を重ねて入れて検証してみたところ、10枚中2枚があっという間に浸水してしまうという結果に。ビニールが薄いので操作性は良好そうですが、漏れてきてしまった以上、防水ケースとして使うことはあまりおすすめできません

このことから、iPadには防水ケースを装着するのが最善策だとわかります。ですが、防水ケースには数え切れないほどの種類があります。それゆえに、本当に製品の防水機能を信頼していいものかどうか、不安になってしまうのも事実です。

ジップロックは沈めてすぐに浸水してしまいました iPad用防水ケースおすすめ イメージ2

ということで今回は、大切なiPadを水から守ってくれる信頼できる防水ケースを探して、テストを行いたいと思います。(なお、実際にお風呂や屋外で使う場合は、防水だけでなく本体が高温にならないよう注意しましょう)

タブレット用の防水ケースの種類と選び方は?

タブレット用の防水ケースにもいろいろな商品がありますが、大きくソフトタイプとハードタイプの2種類に分かれます。それぞれの特徴をご紹介します。

①ソフトタイプ

①ソフトタイプ iPad用防水ケースおすすめ イメージ

ソフトタイプはビニールなどで作られていて、セットすると多少隙間ができるタイプ。アウトドア用に首掛けできるストラップがついていることも多いです。ロック部分が厳重な反面、耐久性に不安が残ります。また、ケース内に音がこもる傾向も。各iPadの専用ではないことが多いため、タブレットとケースの大きさが何cm×何cmかを把握して選びましょう。

②ハードタイプ

②ハードタイプ iPad用防水ケースおすすめ イメージ

ハードタイプは、物理ボタンが押しやすく耐久性に優れています。基本的にはiPadの各機種ごとに作られているので、どのiPad用のものか確認する必要があります。

一見すると、耐久性に優れたハードタイプのケースの方が良さそうですが、そうとも言い切れません。というのも、装着の面で考えると、ソフトタイプの方がラクな傾向があるからです。

ボタンの押しやすさといった操作性を重視するか、着脱のしやすさを優先するかなどによってどちらのタイプを選択するかが変わってきます。音と耐久性ならハードタイプ、使いやすさならソフトタイプといったように、自分の使い方に合ったタイプを選びましょう。

スマートフォン防水規格の数字の意味は?

防水や防塵の保護性能を示すIPコードは、等級によって防げる内容が異なります。防水ケースというと、水中での使用を思い浮かべる人も多いでしょうが、等級によっては水中には対応していません。

そこで、ここでは、IPコードの表記方法と保護等級ごとの防塵・防水性能について解説します。

防水規格の数字の意味は? iPad用防水ケースおすすめ イメージ
防水規格の数字の意味は? iPad用防水ケースおすすめ イメージ2

防水規格で水中で使えるのはIPX7以上。水中で長時間使いたい場合はIPX8が条件になります。

防水規格の数字の意味は? iPad用防水ケースおすすめ イメージ3

IPに続く1文字目が防塵、2文字目が防水等級を表します。片方のみを示す場合は「X」が入ります。

スマートフォンiPad用防水ケースの比較方法は?

iPad用防水ケースの比較方法は? iPad用防水ケースおすすめ イメージ

今回はiPad(無印・第9世代・10.2インチ)を水場でも使えるようにする防水ケースを検証することに。Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングといった、ネット通販の人気製品や売れ筋のソフトケース5製品、ハードケース5製品を集めて比較検証しました。

検証では、次の6つの項目を比較し採点しました。

1:防水性

1:防水性 iPad用防水ケースおすすめ イメージ

マグカップを重りにして、半紙を入れたケースを水深30cmに静置。水没検証しました。

2:傷付きやすさ

2:傷付きやすさ iPad用防水ケースおすすめ イメージ

多少乱雑に扱った際に傷が付かないかを紙ヤスリで5往復して、傷付き具合を確認しました。

3:操作性

3:操作性 iPad用防水ケースおすすめ イメージ

ケースにいれたままWebサイト閲覧などの操作がしやすいかを判定しました。

4:装着しやすさ

4:装着しやすさ iPad用防水ケースおすすめ イメージ

お風呂時のみのケース使用を想定して、ケースに入れるのに手間がかからないかなど、脱着のしやすさを確認しました。

5:見やすさ

5:見やすさ iPad用防水ケースおすすめ イメージ

動画視聴時に画面が見やすいかを評価します。

6:音の聞こえやすさ

6:音の聞こえやすさ iPad用防水ケースおすすめ イメージ

動画や音楽視聴を想定し、ケース装着時の聞こえやすさをチェックしました。

以上の6項目をプロと一緒に比較した結果は、評価の高かった製品から順におすすめランキングで発表します。まずは、使いやすさに優れたソフトタイプのケースからどうぞ。

スマートフォン【ソフトタイプ】iPad用防水ケースのおすすめは?

スマートフォンiPad用防水ソフトケースのおすすめ比較表

プロと一緒に実際に使ってみた、iPad用防水ケースのおすすめランキングです。それぞれの項目を緑のボタンで並べ替えられるので、商品選びの参考にしてみてくださいね。

ランキングは項目名で並び替えられます
商品
S評価
エレコムタブレットPC汎用防水ケース TB-02WPSBK
iPad用防水ケースおすすめ エレコム タブレットPC汎用防水ケース TB-02WPSBK イメージ
3.60
232mm
20mm
333mm
167g(約)
IPX5
A評価
Finon防水ケース Wat10C
iPad用防水ケースおすすめ Finon 防水ケース Wat10C イメージ
3.40
235mm
11mm
310mm
160g(約)
非公開
B評価
SIMPSsm-013
iPad用防水ケースおすすめ SIMPS sm-013 イメージ
3.20
240mm
13.2mm
300mm
160g(約)
非公開
B評価
サンワサプライタブレットPC 防水ケース 200-PDA127
iPad用防水ケースおすすめ サンワサプライ タブレットPC 防水ケース 200-PDA127 イメージ
3.20
330mm
15mm
235mm
300g(約)
IPX7
B評価
HeySplash防水ケース HeySplash
iPad用防水ケースおすすめ HeySplash 防水ケース HeySplash イメージ
3.15
240mm
20mm
320mm
150g(約)
IPX8
S評価
T-Ming-KaiiPad10.2防水ケース
iPad用防水ケースおすすめ T-Ming-Kai iPad10.2防水ケース イメージ
3.60
200mm(約)
20mm(約)
270mm(約)
287g
IP68
S評価
aibiliiPad10.2防水ケース
iPad用防水ケースおすすめ aibili iPad10.2防水ケース イメージ
3.60
200mm(約)
20mm(約)
270mm(約)
287g
IP68
S評価
JP-TGDZiPad第9世代(2021)用ケース
iPad用防水ケースおすすめ JP-TGDZ iPad第9世代(2021)用ケース イメージ
3.60
200mm(約)
20mm(約)
270mm(約)
287g
IP68
A評価
zepirioniPad10.2インチ完全防水ケース
iPad用防水ケースおすすめ zepirion iPad10.2インチ完全防水ケース イメージ
3.45
200mm(約)
20mm(約)
270mm(約)
287g
IP68
A評価
サンワサプライiPad 10.2インチ 耐衝撃防水ケース PDA-IPAD1616
iPad用防水ケースおすすめ サンワサプライ iPad 10.2インチ 耐衝撃防水ケース PDA-IPAD1616 イメージ
3.45
190mm(約)
14mm(約)
265mm(約)
184g
IP68

S評価【1位】エレコム「 タブレットPC汎用防水ケース」

  • エレコムタブレットPC汎用防水ケース TB-02WPSBK
  • 実勢価格: ¥2,728検証時価格: ¥2,018

総合評価: 3.60

防水性
 5.00
傷つきやすさ
 3.75
操作性
 2.25
装着しやすさ
 4.25
見やすさ
 2.67
聞こえやすさ
 3.00

表面はなめらかで、操作感良好!

ソフトケースタイプのiPad用防水ケースのおすすめ1位で、ベストバイに輝いたのは、3重のチャックと巻き込み式の蓋で液体からiPadを守るエレコム「TB-02WPSBK」。光の反射と表面の波打ちというソフトケース特有の欠点は本製品にも当てはまりますが、他製品とは違う樹脂(TPU)を使っているためか表面はなめらかで、操作感は悪くありません。

また、四辺四隅ともタブレットから距離があり、芯材にボール紙が入っているので、弱い衝撃なら守ってくれそうです。防水規格の表示はIPX5と、他製品より低いですが、圧着は2重加工されており内部の気密性は十分。風呂場など家庭内の水場で使うなら問題ない性能です。

232mm
奥行
20mm
高さ
333mm
重量
167g(約)
対応サイズ
10.1インチまで
防水規格
IPX5
型番
TB-02WPSBK
佐久間康文 氏
元PCパーツショップ店員・PC・ゲーム系編集
佐久間康文 氏 のコメント

水中使用には対応していませんが、他製品より手が込んだ作りです。

ソフトケースの中では優秀な操作性

ソフトケースの中では優秀な操作性 iPad用防水ケースおすすめ イメージ

ケースの内部はややゆったりめ。タブレットが動きやすく、操作面が波打つという点は惜しいですが、画面は見やすく、操作性は悪くないです。表面が濡れても操作できます。

3つのチャックで漏水からiPadを守る

3つのチャックで漏水からiPadを守る iPad用防水ケースおすすめ イメージ

チャックは3重で「パチっ」と締めた感覚が伝わる構造です。ちなみにサンワサプライの製品もチャック式ですが、チャックは2つで、固くて締めにくい構造でした。

スタンドとストラップ付き

スタンドとストラップ付き iPad用防水ケースおすすめ イメージ

ストラップは他の製品にも付属しますが、本製品のストラップは幅広で長さ調節が可能。フックもしっかりした作りです。

スタンドとストラップ付き iPad用防水ケースおすすめ イメージ2

スタンドは無段階に調節でき、防水なので浴室に置いたままでも大丈夫です。

A評価【2位】Finon「 防水ケース Wat10C」

  • Finon防水ケース Wat10C
  • 実勢価格: ¥2,999検証時価格: ¥4,434

総合評価: 3.40

防水性
 5.00
傷つきやすさ
 3.25
操作性
 2.00
装着しやすさ
 4.50
見やすさ
 2.33
聞こえやすさ
 2.00

iPad(10.2インチ)に対するサイズが絶妙で、適度なフィット感

ソフトケースタイプのiPad用防水ケースのおすすめ2位は、Finon(フィノン)「Wat10C」。袋状のPVCケースにプラ製の気密ロックを付けた標準的な構造の防水ソフトケース。iPad(10.2インチ)に対するサイズが絶妙で、適度なフィット感があり、ケースに入れたまま電源と音量ボタンの操が可能な点が評価されました。また、画面にケースがくっつくことがなく、波打ちも少ないです。

235mm
奥行
11mm
高さ
310mm
重量
160g(約)
対応サイズ
10.5インチまで
防水規格
非公開
型番
Wat10C

丁度いいサイズ

丁度いいサイズ iPad用防水ケースおすすめ イメージ

iPadを入れた際にできる隙間が絶妙。ギリギリでボタン操作が可能です。

レバーによる気密

レバーによる気密 iPad用防水ケースおすすめ イメージ

気密性の確保はソフトケースで定番のロックレバーを使って行います。

B評価【3位】SIMPS「sm-013」

  • SIMPSsm-013
  • 実勢価格: ¥1,670検証時価格: ¥998

総合評価: 3.20

防水性
 5.00
傷つきやすさ
 3.25
操作性
 1.75
装着しやすさ
 4.00
見やすさ
 2.00
聞こえやすさ
 2.00

価格重視派におすすめ

ソフトケースタイプのiPad用防水ケースのおすすめ3位は、SIMPS「sm-013」。実勢価格の安さが目を引きますが、性能的には及第点です。価格重視派におすすめです。

240mm
奥行
13.2mm
高さ
300mm
重量
160g(約)
対応サイズ
10.2インチまで
防水規格
非公開

B評価【3位】サンワサプライ 「タブレットPC 防水ケース」

  • サンワサプライタブレットPC 防水ケース 200-PDA127
  • 実勢価格: ¥3,480検証時価格: ¥3,980

総合評価: 3.20

防水性
 5.00
傷つきやすさ
 3.25
操作性
 1.50
装着しやすさ
 4.00
見やすさ
 2.33
聞こえやすさ
 2.00

横向き用のソフトケース

同じくソフトケースタイプのiPad用防水ケースのおすすめ3位は、サンワサプライ「200-PDA127」。ストラップホールと一体型のスタンドは横向き用。横向きに特化して作られており、動画鑑賞や横画面アプリに最適です。ケースの内部はタイトで、使用時にiPadがズレませんが、その反面、電源と音量ボタンを押すことができません。

330mm
奥行
15mm
高さ
235mm
重量
300g(約)
対応サイズ
10.5インチ(iPadは11インチ)
防水規格
IPX7
型番
200-PDA127

一体型のスタンド

一体型のスタンド iPad用防水ケースおすすめ イメージ

スタンド付きの製品は他にもありますが、本製品は別体ではなく一体型です。

ストラップが横に付く

ストラップが横に付く iPad用防水ケースおすすめ イメージ

ほとんどの製品は上側にストラップが付きますが、本製品は横側に付きます。

B評価【5位】HeySplash 「防水ケース HeySplash」

  • HeySplash防水ケース HeySplash
  • 実勢価格: ¥1,750検証時価格: ¥1,600

総合評価: 3.15

防水性
 5.00
傷つきやすさ
 3.25
操作性
 1.50
装着しやすさ
 4.00
見やすさ
 2.00
聞こえやすさ
 2.00

防水規格はIPX8

ソフトケースタイプのiPad用防水ケースのおすすめ5位は、HeySplash「防水ケース HeySplash」。防水規格こそIPX8ですが、他に際立った部分はありません。

240mm
奥行
20mm
高さ
320mm
重量
150g(約)
対応サイズ
12インチまで
防水規格
IPX8
型番
P723314038070

次に、音質と耐久性に優れたハードタイプのランキングを紹介します。

スマートフォン【ハードタイプ】iPad用防水ケースおすすめは?

S評価【1位】T-Ming-Kai 「iPad10.2 防水ケース」

  • T-Ming-KaiiPad10.2防水ケース
  • 実勢価格: ¥3,480検証時価格: ¥3,480

総合評価: 3.60

防水性
 5.00
傷つきやすさ
 1.50
操作性
 4.50
装着しやすさ
 2.50
見やすさ
 4.67
聞こえやすさ
 4.00

装着状態でiPadの機能が使える!

ハードケースタイプのiPad用防水ケースのおすすめ1位で、ベストバイに輝いたのは、前回同様T-Ming-Kai「iPad10.2防水ケース」。装着状態でiPadの全機能が使えるのが最大の特徴です。また、画面端以外はフィルムが画面に密着しており、操作性は抜群に高いです。

ケースに入れたまま各種ボタンが操作でき、オーディオとLightning端子も使用可能。「Touch ID」に「Smart Connector」(キーボード端子)、「Apple Pencil」も対応し、側面にはペンホルダーもあります。また、操作性はとても良好でケースから出す必要は少ないです。

200mm(約)
奥行
20mm(約)
高さ
270mm(約)
重量
287g
防水規格
IP68
型番
ipad 10.2-01

違和感のないタッチ操作が可能

違和感のないタッチ操作が可能 iPad用防水ケースおすすめ イメージ

フィルムの存在は感じますが、ソフトケースに比べれば自然な操作感です。

Touch IDでロック解除できる

Touch IDでロック解除できる iPad用防水ケースおすすめ イメージ

各種ボタンと端子類に加え、Touch IDもケースに入れたまま使用可能です。

S評価【2位】aibili「iPad10.2 防水ケース」

  • aibiliiPad10.2防水ケース
  • 実勢価格: ¥3,580検証時価格: ¥3,580

総合評価: 3.60

防水性
 5.00
傷つきやすさ
 1.50
操作性
 4.50
装着しやすさ
 2.50
見やすさ
 4.67
聞こえやすさ
 4.00

1位と100円差

ハードケースタイプのiPad用防水ケースのおすすめ2位は、aibili「iPad10.2防水ケース」。1位と同製品。100円差なので1位が売り切れならこちらを。

200mm(約)
奥行
20mm(約)
高さ
270mm(約)
重量
287g
防水規格
IP68
型番
iPad 10.2

S評価【3位】JP-TGDZ「 iPad第9世代(2021)用ケース」

iPad用防水ケースおすすめ JP-TGDZ iPad第9世代(2021)用ケース イメージ1
  • JP-TGDZiPad第9世代(2021)用ケース
  • 検証時価格: ¥4,199

総合評価: 3.60

防水性
 5.00
傷つきやすさ
 1.50
操作性
 4.50
装着しやすさ
 2.50
見やすさ
 4.67
聞こえやすさ
 4.00

iPad第9世代(2021)用ケース

ハードケースタイプのiPad用防水ケースのおすすめ3位は、JP-TGDZ「iPad第9世代(2021)用ケース」。1位と同製品。価格も1位より高いので、選ぶ理由はありません。

200mm(約)
奥行
20mm(約)
高さ
270mm(約)
重量
287g
防水規格
IP68

A評価【4位】zepirion 「iPad10.2インチ 完全防水ケース」

iPad用防水ケースおすすめ zepirion iPad10.2インチ完全防水ケース イメージ1
  • zepirioniPad10.2インチ完全防水ケース
  • 検証時価格: ¥3,780

総合評価: 3.45

防水性
 5.00
傷つきやすさ
 1.50
操作性
 3.75
装着しやすさ
 2.50
見やすさ
 4.67
聞こえやすさ
 4.00

スッキリとした見た目と堅牢なつくり

ハードケースタイプのiPad用防水ケースのおすすめ4位は、zepirion「iPad10.2インチ完全防水ケース」。1位〜3位の製品に比べて操作性がやや劣りますが、それ以外の使用感は大差ありません。

国内メーカー(5位のサンワサプライ)のOEM製品です。

200mm(約)
奥行
20mm(約)
高さ
270mm(約)
重量
287g
防水規格
IP68
型番
ipad-01

わずかに感じる液晶面との隙間

わずかに感じる液晶面との隙間 iPad用防水ケースおすすめ イメージ

タップ時にフィルムと液晶面の間にわずかな隙間が感じられます。

ケースから出さずに各種端子が使える

ケースから出さずに各種端子が使える iPad用防水ケースおすすめ イメージ

キャップを開ければケースに収納したまま充電可能です。

A評価サンワサプライ「PDA-IPAD1616」

  • サンワサプライiPad 10.2インチ 耐衝撃防水ケース PDA-IPAD1616
  • 実勢価格: ¥7,230検証時価格: ¥6,010

総合評価: 3.45

防水性
 5.00
傷つきやすさ
 1.50
操作性
 3.75
装着しやすさ
 2.50
見やすさ
 4.67
聞こえやすさ
 4.00

国内サポートが受けられる安心感

5位はサンワサプライ「PDA-IPAD1616」。4位と同じ製品です。高額ですが、国内サポートが受けられるので安心感があります。

190mm(約)
奥行
14mm(約)
高さ
265mm(約)
重量
184g
防水規格
IP68
型番
PDA-IPAD1616

ハードケースは以前の検証で1位だった「ティーミングカイ」の後継製品に、ネット通販の売れ筋や高評価製品を加えた5点を購入。しかし、届いた製品のうち、2点はティーミングカイとまったく同じものでした。「ゼピリオン」と「サンワサプライ」も同じ製品だったため、5製品なのに2種類しかない状態になりました。

調査したところ、多くのメーカーが同じOEM元の製品を扱っていました。そのため、今回は5製品ですが、実質2製品の検証となっています。ちなみに同点の場合、価格の安い方を上位としています。

スマートフォンiPad用防水ケースのおすすめ まとめ

以上、iPad用防水ケースのおすすめランキング10選でした。

ソフトケースは製品ごとにロック構造やサイズに多少の差はありますが、基本的な欠点は共通しています。まず、ビニールの表面が波打つとiPadが操作しづらくなります。次に、ビニールが部分的に画面にくっついたり光を反射すると画面が見えづらくなりがちです。

そんなソフトケースで1位を獲得したのはエレコムの製品。前述したソフトケース特有の欠点はありますが、他製品より抑えられており、製品の完成度が高いです。

ハードケースは多くのメーカーが同じOEM元の製品を扱っていたため、実質2製品の検証に。1位を獲得したのは前回と同様ティーミングカイでした。

なお、ソフト・ハードに関わらず、すべての防水ケースは実際にタブレットPCを入れて使用する前に、紙などを入れて漏水テストを行いましょう。これにより万が一、ケースが初期不良品だった場合や取り扱いを間違えた場合でも、iPadを壊さずに済みます。

また、今回は耐久度の検証は行っていません。使用による摩耗や経年劣化により防水性が損なわれる可能性もあるので、水中での使用は極力控えると同時に、漏水テストは定期的に行うといいでしょう。

iPad用防水ケースを購入したいという人は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。