キッチンボリューム満点の変わり種つゆを
8製品選んで実食テスト!

一般的なつゆとは違ってさまざまな味わいを楽しめる変わり種のつゆは、新製品やリニューアルが多いジャンルです。具のボリューム感や麺との相性なども考慮に入れたいところ。 プロも驚くオススメ商品、ありました!

今回検証するのは、味や具材に個性が光る「バラエティつゆ」で、味・香り・コスパなど5項目をジャッジしています。

バラエティつゆは具が含まれており、希釈せずに使うものなので、味の違いが一目瞭然。また、どんな麺で美味しく食べられるか、またほかの料理でも使うことができるかをチェックしました。

検証方法は、プロ2人がスーパーで買えるバラエティつゆ8製品を3種の麺と料理に使用して実食。味のバランスや、料理への使いやすさを慎重にジャッジしました。

採点を行ったのはこのお二人です!

料理人 渡貫淳子さん
調理師学校職員を経て「食彩わたぬき」を開業・運営。南極地域観測隊に調理隊員として参加しました。

料理研究家 酒寄美奈子さん
レシピ開発を行うかたわら、料理教室を主宰。国際中医薬膳師としても幅広く活躍しています。

採点項目は、以下の5項目です。

【味(30点)】
甘み・塩分のバランスはどうか。味を左右する甘みと塩分のバランス、だしの旨みが出ているかを確認しました。

【香り(20点)】
香りが豊かに出ているか。だしの香りがしっかり感じられるか、他の原料に邪魔されていないかをチェックしています。

【料理への使いやすさ(20点)】
麺以外の用途にも使えるか。麺だけでなく、幅広くさまざまな料理に活用できるかを判定しました。

【容器の使いやすさ(10点)】
素材や持ちやすさもポイント。容器の素材や重さ、形、液だれの有無など、細かいところもチェック!

【コスパ(20点)】
お買い得かをジャッジしています。希釈したバラエティつゆ100gあたりの価格で評価しました。

以上の項目を加算した、計100点満点で判定を行っています。また、今回はどの麺に合うかもジャッジ。そうめん、うどん、パスタで検証しました。どの麺と相性が良いかもチェックしています

さらに、健康面で気になる塩分濃度もチェック! 100gあたりの塩分濃度を計測。健康面を気にしている人は要チェックです!

株式会社アタゴ
ポケット塩分計 PAL-SALT

それでは気になる検証の結果を一気に見ていきましょう!

記事1位BESTバラエティつゆはキッコーマンの
牛だし肉ぶっかけが1位!!

キッコーマン:具麺:牛だし肉ぶっかけ調味料:うどん:そうめん:めんつゆ

(画像をクリックすると購入ページへ移動します)

甘辛くこっくりとしたつゆと、程よく効いた生姜の香りが高い評価を受けました! 牛肉、玉ねぎ、ゴボウなどの具材入りで味のバランスも良く、アレンジの幅が広がりそうです♪

食欲を誘う程よい生姜の香りと、麺によくからむコクのある甘辛つゆが◎。お好みで卵や野菜を乗せてアレンジしてみるのもいいです。麺にも料理にも使えてオススメ!

キッコーマン
具麺 牛だし肉ぶっかけ
189円/120g ストレート

【100mlあたりのコスト】157.5円
【塩分濃度】1.28%

バランス型、そうめん・うどん・パスタ・料理向き

甘辛くこっくりとしたつゆと、程よく効いた生姜の香りが高い評価でした。牛肉、玉ねぎ、ゴボウなどの具材入りで味のバランスも良く、アレンジの幅が広がりそうです。

記事2位BEST2位はヤマサのごまだれ専科
ごまの香りが良く出て◎

ヤマサ:ごまだれ専科:調味料:うどん:そうめん:めんつゆ

ごまの風味と香りが豊かで高評価でした。しかし、麺に合わせるには塩分が濃く食べづらさを感じてしまうので、豆腐やしゃぶしゃぶなどに使うのがベストといえます。

ヤマサ
ごまだれ専科
204円/500ml ストレート

【100mlあたりのコスト】40円
【塩分濃度】1.32%

しょっぱめ、料理向き

記事3位BEST味噌のおいしさが何にでも合いそうなジャージャー麺の素が3位に

丸美屋:ジャージャー麺の素:調味料:うどん:そうめん:めんつゆ

(画像をクリックすると購入ページへ移動します)

本場のジャージャー麺に近い味で、具もたっぷりで食べ応えバツグン! しっかりした味噌の味が料理に応用しやすそうです。1パックで数人分というのだけが少し使いづらいかも。

丸美屋
ジャージャー麺の素
189円/300g ストレート

【100mlあたりのコスト】63円
【塩分濃度】1.02%

甘め、そうめん・うどん・パスタ・料理向き

4位: 丸美屋の汁なし担々麺は4位
ごまの風味がもう少し欲しい

丸美屋:汁なし担々麺の素:調味料:うどん:そうめん:めんつゆ

(画像をクリックすると購入ページへ移動します)

担々麺特有のごまの風味よりも、砂糖の甘さと山椒が目立っているのが惜しい印象です。麺に合うとろみのあるつゆと、具のボリューム感は高評価でした。

丸美屋
汁なし担々麺の素
189円/300g ストレート

【100mlあたりのコスト】63円
【塩分濃度】1.08%

甘め、そうめん・うどん向き

5位: トマト感が強くパスタ向きな
カゴメのトマトめんつゆが5位

パスタには味のバランスがちょうどいいのですが、塩分が濃いため他の麺には△。料理の味付けに幅広く使えそうです。かつおのだしがトマトの味に消されてしまっているのは残念。

カゴメ
トマトめんつゆ
189円/100g ストレート

【100mlあたりのコスト】189円
【塩分濃度】2.40%

しょっぱめ、パスタ・料理向き

6位: 6位と低迷したミツカンのまぜつゆ
豆乳の存在感はほぼゼロでした

酢の酸味が強く、豆乳のまろやかさはほとんど感じられませんでした。ごまの風味もあまりなく、とにかくすっぱさが後味に残る印象。ドレッシングとして使うには良い酸味かもしれません。

ミツカン
まぜつゆ ごま豆乳
189円/90g ストレート

【100mlあたりのコスト】210円
【塩分濃度】2.29%

しょっぱめ、料理向き

7位: 麺には合わない強い酢の酸味で
7位の和風おろし

強すぎる酢の酸味が塩分とのバランスを悪くしていて、麺に合わせるとかなり食べづらさを感じました。大根おろしの存在感がほとんどないのも残念なポイント。

キッコーマン
具麺 和風おろし
189円/120g ストレート

【100mlあたりのコスト】157.5円
【塩分濃度】2.55%

しょっぱめ、料理向き

8位: 8位のまぜつゆはすだちよりも酢の酸味がノドにくる

すだちはほんの少し感じる程度で、酢の酸味がかなり強い印象です。塩分が濃く細い麺には合わないので、野菜や天ぷらなどのアレンジを加えてうどんに使うのがベター。

ミツカン
まぜつゆ 香るすだち
189円/90g ストレート

【100mlあたりのコスト】210円
【塩分濃度】3.30%

しょっぱめ、うどん向き

キッチンカルディPB3製品は
かなりがっかりでした

残念な理由は具の寂しさと生臭さ。3製品とも具の量はほんの少しだけ。しかも「桜えび生姜」と「梅しそじゃこ」は魚介の生臭さが際立って、ダブルで残念でした!

カルディ
麺にかけるだけシリーズ
158円/160g

具の見た目も貧相。麺にかけても薬味程度の量にしかなりません。

つゆには生臭さがあります。これじゃ好む人は多くないのも当然です……。

いかがでしたか。食べ応えバツグンのバラエティつゆは、いつもの味に飽きたそうめんやうどんを新たな味わいに生まれ変わらせてくれます。これから寒くなってくる季節には、別の料理に使えるものも多いのでオススメです!


360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。