ペット【Q1】狭い家って
ネコにはストレスになる?

【A】 大事なのは広さではなく上下運動ができること
ネコといえば高所を好む動物。理由は周囲の状況を確認しやすく、外敵にも襲われにくいためです。室内で暮らすネコも、人の目線より高い場所に落ち着けるスペースがあると喜びます。上下運動はネコの健康をキープする上でも重要なんです。

部屋が吹き抜け2階建ての必要はありません。キャットタワーの高さがあればネコの健康には十分です。

ペット【Q2】冬はコタツや
電気マットを用意したほうが良い?

【A】 子ネコやシニアネコ、厳寒地で暮らすネコには必要
「ネコは寒さに弱い」と思っている人は少なくありませんが、ほかの動物に比べて特別寒さに弱いわけではありません。室内飼いネコの場合、厳寒地でもない限り、毛布さえあれば体調を崩すことはまずありません。しかし、体の弱いシニアネコや子ネコには暖房器具が必要です。

電気マットやヒーターは、ネコが直接触れないようにタオルなどで包みましょう。

ケージ内にヒーターを置くのは厳禁。ネコが長時間ふれると低温ヤケドの可能性も。

ペット【Q3】夏に外出するときは
エアコンをつけておくべき?

【A】 必ずつけておき水も多めに用意する
暑さには比較的強いネコですが、気温も湿度も高い部屋に閉じ込められると熱中症になる可能性があります。在宅時も外出時もエアコンをオンにしておき、水を十分に用意してあげましょう。

ペット【Q4】ネコにもアロマの
香りって有効なの?

【A】 健康を害するものもあるので使わないのがベスト
ネコは人間よりニオイに敏感なので、ネコにとってアロマが心地良いとは限りません。ある種のアロマはネコに対して毒性があるので、避けたほうがベターでしょう。

ペット【Q5】ネコは音楽で
リラックスできる?

【A】 クラシックだとリラックスしやすい
ポルトガルのリスボン大学の研究チームによれば、ネコにクラシックとヘビメタ、ポップスを聴かせた実験では、クラシックがもっともリラックスしたそうです。

ペット快適かつ適度に刺激のある
環境を用意するのが正解

以上ネコが快適に過ごせる環境作りについてのQ&Aを紹介しました。飼い主さんもネコも過ごしやすい環境にして、楽しいネコライフを送りましょう。