<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『LDK』2020年6月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

キッチン毎朝のお弁当作りで道具フル活用ではヘトヘト

お弁当のおかずはどれも少量。毎朝お弁当のためだけに、茹で物と揚げ物は鍋、炒め物はフライパンといったように、何個も道具を出して料理すると疲れちゃいますよね。そのため、お弁当の品数が少なくなることもあるのではないでしょうか。

でも、頑張る必要はありません。小型のフライパン“ミニパン”を使えば、問題は解決します!

キッチンミニパンなら1台3役のお弁当作りでラクラク!

ミニパンがあれば、茹で・炒め・揚げがこれひとつで即完了!ちっちゃく何品も作りたいお弁当はミニパンで十分です。小さいから取り出す手間もナシです!

ラクテク:茹で→炒め→揚げ順なら途中で洗わなくてもOK!

ミニパンのいいところは1台3役なだけではなく、茹で→炒め→揚げの順に調理すれば、途中で洗わなくてもいいこと。使うだけで超ラクラク調理が実現するんです。

手順1:茹で

小型だとお湯が沸くのが早く、ブロッコリー等の野菜もすぐ火が通ります。

手順2:炒め

お湯を拭いたらすぐ炒め物に。深さがあると野菜がこぼれずラクです!

手順3:揚げ

表面をサッと拭き油を足して揚げ物に。油が少量ですむのもうれしいです。

前田量子 氏
管理栄養士
前田量子 氏 のコメント

少量のおかずをいくつも作るお弁当に大活躍です!

お弁当のビミョーなスキマはお助け食材で埋める!

あとちょっと!の悔しいスキマは一品増やさず、プチトマト、冷凍食品、うずらなどの調理がいらない食材で埋めるとラク&見た目もキレイです!

それでは、おすすめのミニパンをご紹介します。今回は、人気の5製品を「茹で」「炒め」「揚げ」の3項目でジャッジし、総合評価をつけました。それでは、さっそくテストの結果を見ていくことにします。

ちなみに焼くも煮るもできて人気の深型フライパンを筆頭にフライパン27製品の検証結果をひとまとめにしたスペシャル記事はコチラです!

▼【サンロクマルで公開中】料理家が選ぶフライパンおすすめランキング27選

Aストレスなく3つの調理が可能な和平フレイズ

和平フレイズ
ジャストパン ミニ 14cm
実勢価格:818円

▼評価
茹で:◎
炒め:◎
揚げ:〇


和平フレイズ「ジャストパン ミニ 14cm」は適度な深さがあるので、どの調理法もストレスなく使えます。テフロン加工で焦げつかないのも嬉しいポイント。

B深いので炒め物がラクちんな島本製作所

島本製作所
フライパン 16㎝
実勢価格:2200円

▼評価
茹で:◎
炒め:〇
揚げ:〇


島本製作所「フライパン 16㎝」は持ち手が長く熱くなりにくいのですが、やや焦げやすいのが惜しいです。

B鉄製の本格仕様! 炒め物が得意な遠藤商事

遠藤商事
業務用 鉄フライパン 16cm
実勢価格:918円

▼評価
茹で:◎
炒め:◎
揚げ:△


遠藤商事「業務用 鉄フライパン 16cm」は炒め、茹では早い一方、揚げ物は油がハネやすいのが惜しいです。

B底がフラットで熱伝導率が良いTAKUMIJAPAN

TAKUMIJAPAN
グリルパン 16cm
実勢価格:1399円

▼評価
茹で:△
炒め:〇
揚げ:◎


TAKUMIJAPAN「グリルパン 16cm」は火の通りは早いのですが、浅すぎて食材がこぼれてしまうのが惜しいです。

C評価: 熱が急激に上がる遠藤商事

遠藤商事
業務用 フライパン 16cm
スーパーエンボス加工
実勢価格:760円

▼評価
茹で:〇
炒め:〇
揚げ:△


遠藤商事「業務用 フライパン 16cm」は炒め物が焦げ付きやすく、揚げ物もムラになりました。

キッチン「最強お弁当方程式」を知っておくともっとラク!

食べ盛りの子どものお弁当は、ボリュームも栄養も大事だけどメニューに悩んでしまいます。そんなときは、これからご紹介する方程式に当てはめてみてください。肉や魚、緑の野菜で栄養バランスを整えつつ、根菜を入れたら満腹感も得られます!

▼肉・魚

普通の食事同様にメイン料理は肉か魚がベスト!

▼緑の野菜

栄養がとれるうえに彩りも出て鮮やかなお弁当になります。

▼お腹にたまるもの

根菜のほか、こんにゃくも満腹感が出やすい食材です。食べ盛りの子どもがいるなら、この組み合わせでおかず作りをしてみてくださいね。

以上、ミニパンを使った超効率化お弁当作りでした。

家事は、頑張りすぎず、ちょっとした手間抜きをすることも大事。毎日の調理の手順を見直して、終わりのないヘトヘト調理とはおさらばしましょう。